出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

海外旅行に関するいろいろなご質問と回答集です

よくあるご質問 海外旅行について

海外旅行に関する質問

Q1:

旅行代金は何を基準に記載されていますか?

A1:

旅行代金は2名1室の利用を基本とします。尚、子供代金は旅行開始時に満2歳以上12歳未満のお子様に適用しますが、特に記載のない限り、大人と同一代金です。

ページトップへ

Q2:

宿泊ホテルについて、知っておくべきことは?

A2:

  • 用予定ホテルはコース詳細にて記載してございます。
  • 地方の小都市ではホテル数も少なく、又時期により休業することがあり、その場合他の都市にお泊りいただくことがあります。また、各都市とも、見本市、国際会議や音楽祭の開催時に他の都市にお泊りいただく場合があります。確定宿泊地は出発前にお渡しする最終日程表でお知らせいたします。
  • 分宿となる場合もあります。
  • お部屋の割当ては、原則としてホテルが定めております。
  • お部屋のベッドタイプについて
    2人用のお部屋には、ベッドが2台の「ツインベッドルーム」と大型ベッド1台の「ダブルベッドルーム」の2種類があります。当社ではできる限り「ツインベッドルーム(ベッドが2台)」をご用意しますが、「ダブルベッドルーム」をご利用頂く場合もあります。なお、事前のご希望はお伺いできません。また、「ツインベッドルーム」には、2台のベッドがつながっているタイプ(ジャーマンツイン)や、2台のベッドの大きさが異なるタイプのお部屋がございます。いずれの場合でも、返金などはございません。
  • ホテルによっては、国際電話やミニバーを使用する場合、国際クレジットカードの提示、または現金によるデポジット(前払い保証金)が必要となる場合がございますので、ご利用の方は国際クレジットカードをお持ちになることをおすすめいたします。
  • 禁煙ルーム・喫煙ルームのご希望はお受けできません。
  • バスルームについて
    基本的にはバスタブ(浴槽)つきの部屋をご用意しておりますが、ホテルの事情や地域の習慣などにより、シャワーのみの部屋となる場合があります。国やご宿泊ホテルによっては、環境保護のため、ご希望がない限り、お部屋のタオルやシーツ交換を行なわない場合がございます。交換をご希望の際は、タオルをバスタブに入れておく、床に落としておく等が必要な場合がございますので、ホテルバスルームにある表示にご注意ください。

ページトップへ

Q3:

ヨーロピアンスタイルのホテルって何ですか?

A3:

ヨーロピアンスタイルのホテルの多くは旧市街にあり、伝統を感じさせる雰囲気がありますが、その一方で、建物が古いため機能的に問題がある場合(蛇口の具合が悪い、お風呂の水はけが遅い悪い、お部屋が狭いなど)、また部屋の向き、調度品、広さが異なる場合があります。予めご了承ください。

ページトップへ

Q4:

1人部屋について知りたいのですが?

A4:

  • お一人部屋ご希望の場合(シングル)
    追加代金にて承りますが、希望者が多い場合や、時期、都市によっては確保できない場合もございます。また、また、部屋の構造にバラつきがあり、特にシングル部屋は部屋が狭く、シャワーのみになる場合があります。
  • 2人部屋の1人部屋使用(ダブル)も承りますが、現地事情や混雑時期等の理由で確保できないこともございます。また、ダブルベッドとなる場合もありますのでご了承ください。ホテル側の事情(厚意)によりシングルの方でもダブルのお部屋が手配され、お部屋の格差が生じない場合もございます。
  • お1人部屋追加料金は個室を確保するための差額であって、良い部屋になるため(グレードアップ)の差額ではありません。

ページトップへ

Q5:

3人部屋(トリプル)の希望はできますか?

A5:

2人部屋に簡易ベッドを入れ、3名様でご利用いただくため、お部屋が手狭となります。そのため、あまりおすすめできません。その場合でも旅行代金の割引はございません。また、ホテルによっては簡易ベッドの数や部屋の広さ、法令によりご利用いただけない場合もあります。その際には、3人目の方は相部屋ご希望の方と同室となります。尚、簡易ベッドの搬入は、夜遅くなる場合があります。

ページトップへ

Q6:

家族や友人のグループで参加したいのですが、ホテルのお部屋は近くに手配可能ですか?

A6:

お友達やご家族参加で2部屋以上をご利用いただく場合、ご要望に応じて近くのお部屋の手配を努力致しますが、ホテル側の事情により、お隣または同じ階の部屋をご用意できない場合もありますので、予めご了承ください。

ページトップへ

Q7:

2名で参加予定だったのですが、事情により同行者がキャンセルしました。この場合の取消料、一人部屋利用追加料金はどうなりますか?

A7:

偶数人数でお申込の場合で、奇数人数がお取消し(旅行契約を解除)され、お一人部屋利用のお客様が発生する場合は、お取消しされたお客様から取消料を、お一人部屋利用のお客様からはお一人部屋追加代金の両方を申し受けます。

ページトップへ

Q8:

相部屋も受け付けられると聞いたのですが?

A8:

ハイキングやトレッキング、山小屋を利用するコース、自然観察のコースなどは、原則として相部屋を承ります。その場合は、追加料金の必要はありません。その他のコースでも、相部屋ご希望も承りますが、同性の相部屋ご希望の方がいらっしゃらず、お一人部屋利用となった場合は、お一人部屋追加料金を申し受けます。相部屋をご希望の場合は、予めお一人部屋追加料金をお支払いいただき、最終的に同性の相部屋ご希望の方と同室になった場合に限り、お預かりしたお一人部屋追加料金をご返金致します。尚、いずれのコースでも、相部屋の場合、同室になる方の年代や生活習慣は同じとは限りません。また、禁煙・喫煙のご希望には添えません。なお、他の同性の相部屋希望の方がいらっしゃらない場合は、シングルタイプの部屋をご利用いただくことになりますが、シングルタイプは部屋が狭くなったりシャワーのみの部屋となったり、他の部屋から離れた位置になる場合がありますので、予めご了承ください。尚、同性の相部屋の方の有無については、事前にお答えできません。また、ご旅行開始時点ではお一人でも、コースによって、途中で他の同性のお客様の同室になっていただく場合がございます。また、相部屋をお受けできないコースや介助を必要とされる方の場合、相部屋をお受けできない場合もございますので、予めご了承ください。

ページトップへ

Q9:

現地合流・現地離団は可能ですか?

A9:

一部可能なコースがございます。コース詳細画面をご確認ください。尚、現地合流の場合、合流場所は1泊目のホテルとさせていただきます。途中の空港や駅での合流は承ることができませんので、予めご了承ください。また、離団の場合も最終宿泊ホテルとなります。(空港⇔ホテル間の交通費はお客様ご負担となります。)

ページトップへ

Q10:

お食事について教えてください

A10:

  • 旅行代金には、コースごとに明示した食事の料金・税・サービス料が含まれています。但し、お客様が注文された飲み物代や追加料理代(及びその税金、サービス料、チップなど)はお客様のご負担となります。
  • 朝食は原則として、ビュッフェ、またはアメリカンブレックファーストをご用意しますが、一部、ホテル側の事情および利用航空便の出発時間等の理由で早朝出発になる場合は、コンチネンタル(パンとコーヒー又はお茶)又はお弁当(ボックス)となる場合があります。その場合、返金はありません。
  • 軽食とは通常の前菜・メイン・デザートの3コースメニューではなく、ワンプレートのみ、あるいはワンプレートに前菜、またはデザートいずれか1品だけがついた食事のことです。
  • アレルギー等健康上の理由、または宗教上の理由により、食事内容の変更が必要なお客様には、可能、かつ合理的な範囲で手配させていただきますが、これに要する費用(通信費、食事代、サービス料など)は、別途申し受けます。
  • 食事中は禁煙がエチケットとなっております。
  • 日程表中に明記しておりますレストランや内容が、先方の都合により一部変更になる場合がございます。
  • 機内食について
    コースごとの日程表に明示した食事回数に、機内食は含まれていません。利用便により機内食が軽食となったり、提供されない場合がありますが、いずれの場合も旅行代金の変更はございません。また逆にホテル、レストランの食事が機内食に変更となる場合もあります。

ページトップへ

Q11:

日程表中の表記について

A11:

  • 利用予定航空会社、発着/経由地、発着時刻は、他の航空会社を利用した場合、変更になることがあります。確定した航空機の便名及び宿泊ホテル名が記載された確定日程表は、旅行開始の7日前までにご郵送、もしくはお手渡しいたします。なお、期日前であってもお問い合わせいただければ手配状況についてご説明いたします。
  • 美術館や博物館は、できる限り休館日にあたらないよう設定していますが、現地の突発的な事情などにより休館となる場合もあります。その場合は他の観光に振替えさせて頂きます。その場合、自由時間などに影響が出てくる場合もございます。なお、ほとんどの美術館や博物館や一般商店は定期の休館日の他、イースター(移動祝祭日3月下旬~4月中旬)、5月1日(メーデー)、8月15日(聖母被昇天祭)、11月1日(万聖節)などは休館となります。(宗教行事による変更、または国によって祭日が異なることもあります。)
  • 見学予定の絵画、彫刻等は、急な貸し出しなどで、見学が出来なくなる場合があります。
  • 時間帯の目安 早朝04:00~、朝06:00~、午前08:00~、午後12:00~、夕刻16:00、夜18:00~、深夜23:00 、ただしあくまで目安であり、記載と異なる場合があります。
  • 自由行動日は次のような目的で設定しています。
    A. 休養日…お客様の自由な時間。
    B. 日程調節のため…航空機の遅延、欠航などで遅れた日程を調整します。このため自由時間が短くなったり、なくなることもあります。その場合、返金等はございません。

ページトップへ

Q12:

現地で乗車するバスについて知りたいのですが

A12:

  • 観光、および空港・駅~ホテルの送迎などで利用するバスは、コースが少人数の場合、あるいは道路事情などで大型バスが通行できない場合は、小型や中型バスとなることがあります。また、一部のコースではタクシーなどの公共交通機関、ホテルや航空会社提供のバス等も利用します。
  • 座席の指定はいたしておりません。ご自身で今日は前、明日は真中、あさっては後ろと、ご配慮の上、譲り合っておかけください。また、人数が多い場合は、2人がけでおかけくださるようご協力をお願いします。尚、添乗員とガイドについては、業務の都合上最前列に座らせていただきますので、ご了承ください。

ページトップへ

Q13:

航空機について、詳細が知りたいのですが

A13:

  • ご利用いただく航空機のクラスは、エコノミー・クラス(Yクラス)が原則です。
  • プレミアム・エコノミー、ビジネス・クラスご利用の場合でも、現地での旅行サービス(観光、ホテル、食事など)は、エコノミー・クラスご利用のお客様の同じ内容になります。
  • エコノミー・クラスご利用の場合、航空機の座席配列および空港での個人チェックイン化にともない、グループ、同行の方でも隣合わせにならない場合がありますので予めご了承ください。たとえば間に通路を挟んだ座席、前後の座席に前後に分かれたり、また離れた座席になる場合があります。
  • エコノミー・クラスご利用の場合、窓側/通路側の指定やご希望はお受けできません。たとえご要望をいただいても、お受けできませんので、悪しからずご了承ください。
  • 出発便/帰国便およびそれぞれの時刻を日程内でご案内しているコースがございますが、航空会社などの事情により便名および発着時刻が変更となる場合があります。各日程内に記載の航空機発着時間などは、各募集パンフレット記載の制作年月日現在を基準にしております。
  • 日程表中に記載した最適の時間帯の便を必ずしもご利用いただけない場合があります。この場合、旅行代金の変更はありません。確定便は最終日程表でお知らせいたします。
  • ヨーロッパなど大陸内の移動についても、直行ではなく乗り継ぎになる場合があります。また最適の時間帯の便を必ずしもご利用いただけない場合があります。この場合、旅行代金の変更はありません。
  • 運輸機関の遅延・スケジュール変更・経路変更など、またこれらによって旅行日程の変更・目的地滞在時間の短縮および観光個所の変更・削除などが生じる場合もあります。このような場合、当初の日程に従った旅行サービスがお受けになれるよう手配努力いたします。

ページトップへ

Q14:

航空会社のマイレージ・サービスは受けられますか?

A14:

マイレージ・サービスに関しましてはルールが頻繁に変わります。各航空会社とも、マイレージ・プログラムは原則としてご本人様と直接お取引きする形態ですので、旅行会社である当社ではご質問のお取次ぎなどは承りかねます。詳しくは当該航空会社へ直接お問い合わせ下さい。

ページトップへ

Q15:

機内に預ける荷物について詳細をお願いします

A15:

出発空港で航空会社に預けた荷物は、通常、最終目的地まで運ばれます。稀に積み残し、載せ間違いなどにより目的地空港に荷物が届かないことがあります(ロストバゲージ)。そうした事態に備え、パスポート、現金、貴金属などの貴重品はもちろんのこと、2~3日分の日用品(着替えなどを含む)などの当面必要なものは、機内持込にされることをお勧めいたします。また無料でお預けになれる重量や個数には上限が設けられており(例えばエコノミー・クラスは20kgまで)、それを超えるお荷物には超過手荷物料金が必要になり、別途航空会社に支払いいただくことになります。

ページトップへ

Q16:

ビジネス・クラス(Cクラス)、プレミアム・エコノミー・クラス(特別エコノミー・クラス)を利用したいのですが

A16:

  • ご予約と同時にお申し込み下さい。なお記載の追加料金でご利用できる座席数には限りがあります。
  • プレミアム・エコノミー・クラス(特別エコノミー・クラス)については記載のあるコースのみ設定しております。
  • ビジネス・クラス席、プレミアム・エコノミー・クラス席は事前に座席を確保しておらず、ご予約をいただいてから手配を開始いたします。したがって、満席などの理由によりご利用いただけない場合もあります。
  • 窓側/通路側などのご希望はご予約時にお申し出下さい。なおご希望に添えない場合がありますので、予めご了承下さい。
  • お座席番号は、ご予約時に判明する場合もありますが、ご搭乗時にならないと判明しない場合もございます。また、航空会社の機材変更などの理由により、変更される場合があります。
  • 「ビジネス・クラス限定」コースにつきましては、事前に座席を確保しておりますが、予約状況によりグループ、同行の方でも隣合わせにならない場合がありますのであらかじめご了承ください。たとえば間に通路を挟んだ座席、前後の座席に前後に分かれる、あるいは離れた座席になる場合があります。お座席番号についてはチェックイン時にご案内いたします。
  • ビジネス・クラス、プレミアム・エコノミー・クラスをご利用いただける区間は、原則としてヨーロッパの場合、日本→ヨーロッパの最初の到着地と、最終出発地→日本の往復のみとなり、ヨーロッパ内、日本国内はエコノミー・クラス席となります。
  • 各航空会社が独自に行う、主として個人旅行者向けビジネス・クラスのお客様対象の付帯サービスやキャンペーンは、原則としてご利用いただけませんので、予めご了承ください。
  • 空港のラウンジはご利用になれません。

ページトップへ

Q17:

列車の車中泊や船中泊で一人部屋は取れますか?

A17:

  • 車中泊のお1人部屋はお受けできない場合がございます。
  • 船中泊では2人部屋の1人利用希望は承りかねます。

ページトップへ

Q18:

ポーター・サービスは必ず提供されますか?

A18:

スーツケースなどの大きな荷物の運搬はポーターを利用するよう計画しておりますが、ポーターのいない空港、駅、港、ホテルでは皆様にご協力いただくことになりますのでご了承下さい。

ページトップへ

Q19:

旅行中の健康管理についてアドバイスください

A19:

  • 旅行は何よりも健康が第一です。生水など水道の蛇口からのお水は控え、ミネラルウォーターをお飲み下さい。また、常備薬が入手できないところもございますので、日本からご持参下さい。また、睡眠不足は旅行の大敵です。
  • 健康アンケート提出のお願い
    全てのお客様に健康診断書の提出をお願いしております。特に当社の企画旅行の多くは「徒歩観光」を基本にしております。そのため、お身体の不自由な方は、可能かつ合理的な範囲で対応させていただきます。また、ご回答内容によっては、更に詳細をお伺いするか、ご参加をお断りさせて頂くか、同伴者のご同行などを条件とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
  • 身体上でご心配なことがある方、障害・アレルギー等、特別な配慮を必要とされる方は、その旨お申出ください。可能、かつ合理的な範囲でこれに応じます。尚、お客様のお申出に基づき、お客様のために講じた特別な措置に要する費用は、お客様のご負担です。また、事前のお申出がなく、ご旅行開始後に措置の必要が生じた場合は、旅行契約を解除する場合がございます。

ページトップへ

Q20:

旅先の服装について、心配です

A20:

  • 当社ではご出発に先立ち、事前説明会や旅の資料などをご提供し、具体的な服装プラン、荷造りの際にお役立ていただいております。ご不安な場合、どうぞお電話やメールにてご遠慮なくお問い合わせください。
  • 観光時は歩きやすい靴が快適です。遺跡や中世の石畳は歩きやすくありません。履き慣れたかかとの低い靴(ウォーキングシューズ、スニーカー)などをお勧めいたします。
  • 主としてヨーロッパ、またはデラックス以上のクラスのホテル/デストランでの夕食時の服装について
    盛装(正装)の必要はありませんが、男性は上着とネクタイ、女性はスーツやワンピースなどを1着持って行かれることをお勧めいたします。(但しコースによって異なります。詳しくは各コースの詳細欄に記載してございます。)

ページトップへ

Q21:

最後に泊まったホテルに忘れ物をしてしまいました。何とか取り寄せることはできますか?

A21:

お申し出により、発見の有無、及びお取り寄せの可否について、お調べしてご回答申し上げます。ただし、別途通信費、及び送料の実費を申し受けます。予めご了承ください。

ページトップへ

Q22:

添乗員について、教えてください

A22:

  • 添乗員は、掲載コースの詳細欄に「○○から△△まで同行」と明記してございます。
  • 添乗員はガイドや通訳ではございません。しかし、現地で英語のガイドを伴ってご案内するときがあります。その場合、通訳としてご説明いたしますが、完璧でないところもございますのでご了承ください。
    ※労働基準法の定めにより、添乗員には勤務中に一定の休憩時間を適宜取得させることが義務付けられております。緊急を要する場合や、予め日程表に明示された早朝、深夜の場合を除き、添乗員の業務は原則8時から20時までとさせていただきます。
  • ツアー中何か問題がありましたら、どうぞご遠慮なく添乗員にお申出ください。公平、かつ合理的な範囲で対応させていただきます。

ページトップへ

Q23:

旅券(パスポート)、入国査証について教えてください

A23:

  • 旅券(パスポート)は旅行中の身分を証明する大切なものです。出発前にパスポートの番号・発行年月日を控え、コピーをお持ちになることをお勧めいたします。なお、旅行中のパスポートはお客様ご自身の責任にて管理していただきます。尚、当社にもご旅行ごとにパスポートコピーのご提出をお願いしております。ご協力をよろしくお願いいたします。
  • 日本国籍以外の方は、自国の領事館、渡航先国の領事館、入国管理事務所にお問い合わせの上、ご自身で査証をご取得ください。
  • 必要な旅券の残存有効期間は掲載コースの詳細欄をご参照ください。尚、予告なく変更される場合もあります。
  • 査証(ヴィザ)が必要なコースは、各コースのご案内をご参照ください。査証実費・手数料が別途必要となります。詳細は、催行決定後にご案内いたします。
  • 現在お持ちの旅券が今回のご旅行に有効かどうかの確認、旅券・査証取得はお客様の責任で行って下さい。
    尚、ESTA、ETAS等、「電子認証システム」にご自身で登録された場合は、必ずご自身で承認番号などをお控えください。

ページトップへ

Q24:

渡航先の治安や政治情勢が気になるのですが…

A24:

渡航先(国又は地域)によっては「外務省海外安全情報」など、国・地域の渡航安全に関する情報が発出されている場合があります。募集パンフレット作成時点において発出されている場合は、各募集パンフレットに記載しておりますが、最新情報についてお知りになりたい方は、当社にお問合せいただくか、あるいは「外務省海外安全ホームページ」でもご確認ください。(電話03-3580-3311)

ページトップへ

Q25:

渡航先の衛生状態は大丈夫でしょうか?

A25:

渡航先(国、または地域)の衛生状況については「厚生労働省検疫感染症情報ホームページ」でご確認ください。

ページトップへ

Q26:

コース詳細に記載の写真や地図について教えてください

A26:

  • 写真は、そのイメージを掴んでいただくために掲載しております。そのため、コースにご参加いただいても、必ずしも同じ角度、同じ高度からの風景をご覧いただけるとは限りませんので、予めご了承ください。
  • 美術館、博物館の絵画をはじめとする美術品・展示物は、国内外の他の美術館等に、予告なく貸し出しをすることがあります。募集パンフレットに掲載の絵画、展示物などの写真についても、美術館の都合により展示されていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 地図は、およその位置関係を示すもので、正確な縮尺ではありません。また航空機のルートを示すものでもありません。予めご了承ください。

ページトップへ

Q27:

問い合わせや資料請求で提出した個人情報の取り扱いは大丈夫ですか?

A27:

こちらにて別途ご案内しております。

ページトップへ

Q28:

参加者のプライヴァシーは守られていますか?

A28:

  • ご出発に先立ちましてお渡ししている書面「楽しい旅をしていただくために」にて、お客様同士のプライヴァシーをご尊重いただくようお願い申し上げております。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
  • 当社は、いわゆる「参加者名簿」は作成致しておりません。ご住所の交換は、ご旅行中にお客様同士ご判断の上で、直接ご当事者同士にてお願いいたします。

ページトップへ