出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

講師同行の旅「朝日カルチャーセンターの」講師陣が同行する知的な旅にお出かけになりませんか。
専門分野のカルチャーセンターの講師陣が同行し、丁寧な解説付きで旅をするこの「朝日移動教室」は、朝日旅行新聞グループである朝日旅行ならではのテーマを最も追求した旅といえます。 朝日旅行では、1980年より朝日カルチャーセンターの協力を得て、様々なテーマのある旅「朝日移動教室」を企画してまいりました。美術や文学、音楽、撮影、スケッチなど、各々専門の講師が同行・解説されることで、受ける感銘は大きく深くなることでしょう。講師の確かな着眼点で企画された、こだわりの旅を一度体験してみませんか。旅の満足度が違うはずです。

「朝日カルチャーセンターの」講師陣が同行する知的な旅にお出かけになりませんか。
専門分野のカルチャーセンターの講師陣が同行し、丁寧な解説付きで旅をするこの「朝日移動教室」は、朝日旅行新聞グループである朝日旅行ならではのテーマを最も追求した旅といえます。 朝日旅行では、1980年より朝日カルチャーセンターの協力を得て、様々なテーマのある旅「朝日移動教室」を企画してまいりました。美術や文学、音楽、撮影、スケッチなど、各々専門の講師が同行・解説されることで、受ける感銘は大きく深くなることでしょう。講師の確かな着眼点で企画された、こだわりの旅を一度体験してみませんか。旅の満足度が違うはずです。

講師同行の旅一覧講師同行の旅一覧

海外版

音楽学者 礒山雅氏 と行く ライプツィヒ・バッハ音楽祭 2017

この分野の日本を代表する大家でありながら、礒山先生の気さくで飾らないお人柄と、充実した同行解説、そして、一日の締めくくるワインを楽しみながらの先生との”懇親会”(自由参加です!)が、これまでのツアーに参加いただいたお客様方から大変好評です。今回4回目の企画とあいなりました。今回はライプツィヒのニコライ教会のすぐそばの5つ星に7連泊してバッハ音楽祭を堪能いただきます。

講師礒山雅(いそやまただし)氏 国立音楽大学招聘教授、大阪音楽大学客員教授 NHK-FM 朝の定番「古楽の楽しみ」でお馴染みの音楽学者

日程2017年6月10日~6月18日 9日間

目的地ドイツ

旅行代金568,000円(2人1室)

同行講師:木村泰司氏(西洋美術史家) ロシア 白夜の芸術紀行

エルミタージュ美術館を終日2度訪れ、木村先生の解説でルネサンス美術やフランドル・オランダ絵画などの珠玉のコレクションの数々を鑑賞します。また2015年に拡張オープンしたエルミタージュ美術館・新館も訪れ、印象はを中心とする近代フランス絵画部門を鑑賞します。 首都モスクワでは、クレムリンで「ファベルジェの卵」などロマノフ家所縁の品々を堪能し、ロシア美術を愛でにトレチャコフ美術館に、そしてフランス近代絵画で名高いプーシキン美術館も訪ねます。

講師木村 泰司氏 米国カリフォルニア大学バークレー校卒業。ロンドンサザビーズの美術教養講座修了。西洋美術史家。

日程2017年7月6日~7月14日 9日間

目的地ロシア連邦

旅行代金¥528,000(2人1室)

同行講師:渡辺洋子氏(アイルランド伝承文学研究家)アイルランドの心を訪ねて

アイルランドにはBC4000頃には新石器時代の人々が、BC500頃にはケルト人が、またAD500にはキリスト教の僧達が到来し、それぞれの信仰の跡を残してきました。興味深いことに信仰の対象は違っていても信仰の場所が共有され、敬虔な心は古代から現代まで続いています。アイルランドの心を探る旅にご一緒に出かけましょう。ご参加をお待ちしています。

講師渡辺 洋子氏 アイルランド伝承文学研究家 朝日カルチャーセンター千葉/新宿、 DiLaディラ国際語学アカデミー、いずれも英語、アイルランド語講師。

日程2017年07月27日~2017年08月06日 11日間

目的地アイルランド

旅行代金¥598,000(2人1室)

同行講師:太田治子氏(小説家)マドリード&バルセロナ 芸術散歩

19世紀末から20世紀初頭にかけて、カタルーニャでは「モデルニスモ」と呼ばれる新しい芸術様式が流行りました。曲線の多用や華やかな装飾性など一見、フランスで起こった「アールヌーヴォー」にも似ていますが、ゴシックの要素にムデハル様式などのイスラムの影響などを取り入れた、独自の芸術様式です。ガウディ、ドメネク・イ・モンタネール、プッチ・イ・カダファルクらの建築家が、カタルーニャの実業家の支援を受け、競うように個性的な建物を設計しました。今回の旅行では、完成まであと9年となったサグラダ・ファミリア聖堂、ガウディが理想都市として構想したグエル公園を訪れます。また、ソフィア王妃芸術センターで開催されるゲルニカ80周年を記念した特別展「ピカソの中の悲しみと恐怖 ゲルニカへの道」を見学します。

講師太田治子氏 主な著書に『母の万年筆』『私のヨーロッパ美術紀行』『絵の中の人生』『万里子の色鉛筆』『青い絵葉書』『恋する手』『小さな神様』『石の花―林芙美子の真実』『明るい方へ―父・太宰治と母・太田静子』『時こそ今は』など。現在、朝日カルチャーセンター講師。

日程2017年07月03日~2017年07月10日 8日間

目的地スペイン

旅行代金¥548,000(2人1室)

同行講師:塚本博氏(明治学院大学講師)珠玉のスイス美術館周遊

爽やかな大気の下、スイスの街並みはどこも清潔感に溢れています。そうした各都市には瀟洒な美術館や簡素な教会が点在し、スイスの美しい景観に相応しい名画を数多く所蔵しています。今回の海外美術ツアーは、スイスの景観を楽しみながら各都市の美術館や教会を周遊し、水準の高い絵画を探訪する旅です。風光明媚なスイスの美術館を周遊すると、意外なところに世界的な名画が秘蔵されていることに驚かされることでしょう。

講師塚本博氏 明治学院大学講師、横浜市立大学講師、朝日カルチャーセンター講師、NHK文化センター講師。

日程2017年09月08日~2017年09月17日

目的地スイス

旅行代金¥678,000(2人1室)


国内版

同行講師:西谷正氏(九州大学名誉教授)  古代の越中・越後・佐渡を訪ねて

今回の越中・越後と佐渡への旅では、まず、原始の縄文時代の遺跡と見事な造形美で知られる縄文土器、とくに火焔土器に始まり、弥生時代の高地性集落は倭国の乱との関連で興味がそそられます。そして、奈良時代の国府・国分寺の遺跡は、古代国家の律令体制の地域の様子を物語ってくれます。さらに、佐渡の金銀鉱山遺跡は近世の代表的な鉱山遺跡として知られ、世界遺産登録の候補に挙がっています。この機会に皆様のご参加をお勧めします。

講師西谷 正氏京都大学大学院修士課程修了。現在、海の道むなかた館長、九州歴史資料館名誉館長、糸島市立伊都国歴史博物館名誉館長、九州大学名誉教授。

日程2017年05月09日~2017年05月12日 4日間

目的地新潟県/富山/石川

旅行代金¥198,000(2人1室)