出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2012年04月26日

「バスク地方に2連泊・聖なるサンチャゴ+パリの旅 11日間」(4/12発)添乗員:遠藤剣士

雨露光る石畳に咲く八重桜と、山間を抜ける度に目にした季節はずれの積雪が美しい、北スペインのバスク州からガリシア州まで旅しました。

重厚な石造りの旧市街、様々な様式が点在する教会や修道院、カミーノ・フランセスなどの巡礼路や巡礼路沿いの町々、美味しいお食事、パラドールの名前で有名な国営ホテルなどがツアーの醍醐味です。添乗中に撮影した写真とともにご紹介します。

魅力溢れるバスク州
独自の文化と言語を守るスペイン自治州のバスクは州都のビルバオにゆったり連泊。バスク人の心の聖地ゲルニカや世界遺産のビスカヤ橋を訪ねました。写真は、自由散策の時に添乗員プランでご案内したビルバオ旧市街地区。明日はリーガ(サッカー)ですので街は赤と白のビルバオカラーです。
pic01bilbo.jpg
【写真:ビルバオ旧市街】

プラタナス並木のブルゴスとロマネスク回廊のシロス
バスクから南下し、肌寒いブルゴスへ。サンタマリア門から始まる観光は、大聖堂(カテドラル)をメインに巡りました。自由行動時の添乗員プランは、「クレデンシャル(巡礼者手帳)」を取りに行こう!でしたね。全員希望されましたので、プレゼントしました♪
修道院長の交代式で特別ミサが行われていたサント・ドミンゴ・デ・シロスでは、最も美しいロマネスク様式の回廊をひとつひとつ見学しましたね。皆様、辛抱強くご覧頂きましてありがとうございました(笑)
pic02bulgosu.jpgpic03silosu.jpg
【写真:(左)ブルゴスのカテドラル、(右)シロス修道院の回廊の彫刻「エッサイの樹」】

受難のサンティジャーナ・デル・マル
北スペインで最も美しい村「サンティジャーナ・デル・マル」を訪ねました。・・・が、待ち受けていたのは、まさかの大雨、暴風、雪、雹(ひょう)でしたね。パラドール前で一旦解散し、添乗員プランとして聖フリアナ教会を提案しました。あの天候で奇跡の全員参加。ありがとうございました。
pic04maru.jpg
【写真:聖フリアナ教会】

アストゥリアス王都オビエド
オビエド近郊ナランコ山に位置する、小さく可愛らしい2つの教会を見学しました。9世紀に建てられたプレ・ロマネスク様式の教会が美しく現存しており、世界遺産にも登録されています。その後、街に戻り、おなじみ添乗員プランのオビエド旧市街と市場探訪の楽しい時間を過ごしました。
pic05obiedo.JPGpic06obiedo.jpg
【写真左:サン・ミゲル・デ・リーリョ教会 写真右:尖塔が変なカテドラル】

要衝レオン
五分咲きの八重桜が迎えてくれた、レオンに到着。ここからは国営ホテルのパラドールに宿泊です。皆様、お疲れがでたのでしょうか。パラドールで優雅なお時間を過ごしました。添乗員プランとしては、デパートでのお買物、旧市街から新市街ウォーキングなども楽しみましたね。
pic07leom.JPGpic08leon.JPG
【写真左:ステンドグラスが美しいカテドラル  写真右:レオンのホテルはパラドール】

巡礼路の最後の難所セブレイロ峠
白銀に覆われた巡礼路。全身カラフルな合羽を羽織る巡礼者。
巡礼路、最後の難所セブレイロ峠は、私たちにとっても難所になりました。
暴風の中立ち寄ったサンタ・マリア教会。
ロマネスク様式の聖母子像が優しく迎えてくれました。
pic09cebleiro.JPG
【写真:サンタ・マリア教会の聖母子像】

聖地サンチャゴへ
念願のサンチャゴ・デ・コンポステーラに到着。ゴールに、皆様感動のご様子。
旧市街中心地のオブラロイド広場に大型バスで到着。ホテルはもちろんパラドール。
ここからは大聖堂が四六時中見える、最高のホテルです。
到着する頃には、皆様のクレデンシャルのスタンプが何ページか埋まってました。
pic10san.jpgpic11san.jpg
【写真左:サンチャゴのパラドール、写真右:サンチャゴ大聖堂】

おまけのパリ
ご一緒したお客様しか理解できない「おまけのパリ」。
お決まりの添乗員プランは、あのオペラ座ガルニエに昨年オープンしたレストランのオペラへご案内しました。赤と白をコンセプトにした超モダンな店内は格好良かったです。今までがクラシックのツアーだったので、印象が鮮明に残りましたね。

pic12pari.jpg
【写真:オペラ座ガルニエ内レストラン「オペラ」】

聖地サンチャゴへのツアーは以下をご覧下さい。

◆バスク地方に2連泊!聖なるサンチャゴへ旅◆

◆サンチャゴ巡礼路を歩く◆

◆全3回シリーズ!サンチャゴ巡礼路を全踏破・第2回◆