出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2015年11月30日

ゆったり素朴なメコン川クルーズ 添乗員:長坂恵美

クルーズに参加される方で心配される1、2位に上がるのは船酔いです。
そんな心配をしなくて良いのは、リバークルーズです。
クルーズの良さは、ホテルに滞在しているのと変わりない快適さが得られる上に、毎日のパッキングから解放されて時間を有意義に使うことができることです。

さて、リバークルーズにも色々あります。
ヨーロッパ各国を巡るものやアマゾンなどの秘境クルーズ。今回私が添乗で行ってきたのは、ベトナムからカンボジアまでをゆったり旅するメコン川クルーズです。
ホーチミンではたっぷり観光をし、ミトーから乗船します。
マルグリット・デュラスの小説『ラ・マン』の舞台となった地を訪ねたり、ベトナムやカンボジアらしい景色の小さな村々を訪れたり、最終滞在地のシェムリアップではアンコールワットも見学します。
観光スポットはしっかりおさえますが、忙しく動き回るのではなく、ゆったり時間に余裕のある贅沢なツアーです。

プレステージⅡ号DSCF1086
クルーズ船は、プレステージⅡ
気さくなスタッフと美味しいお食事、船内でお茶をしたりお酒を飲んだりする時間があるので、下船する頃にはまるで別荘感覚の居心地の良さで、その記憶がいつまでも残ることでしょう。

ひと味違うクルーズを楽しみたい方は、メコン川クルーズがおすすめです。

メコン川クルーズのコースの詳細はコチラからどうぞ。
その他クルーズの旅もたくさんご用意しております。

クルーズ企画担当:長坂 恵美

この記事の投稿者