出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2014年10月06日

イエローストーン国立公園とグランドティートン国立公園探訪 9日間

紅葉が鮮やかな9月。
動物いっぱいの「イエローストーン国立公園」と、ティートン山脈の景色が絵葉書のような「グランドティートン国立公園」に行ってきました。

東京都の4倍の大きさを誇るイエローストーン国立公園は、地区によっても見所が異なり、景色・動物・植物など、毎日違った楽しみ方ができるのが、オススメのポイントです。

自然豊かな所ならでは!いつ行っても、違った発見と出会いがありますが、今回、特に私が印象に残ったことをご紹介させていただきたいと思います。

IMG_1943IMG_1944

左:エルクのオス、右:道路を横切るバイソン

※イエローストーンでは、よくバイソン渋滞が発生します!

☆マンモス・カントリー地区☆
マンモス・ホットスプリングスを中心としたエリア!トルコのパムッカレのようで、石灰岩が幾重にも重なって段状になりました。絶え間なく沸き出す石灰分を含む熱水は、石灰岩の成長を早め、1日1日とその形を変えます。温度によっても生息する微生物が異なり、木が化石になっていく様子も見学しました。

マンモス
マンモステラス
☆キャニオン地区☆
「イエローストーン」という名前が由来している、キャニオン地区の峡谷を見学。長さ32キロにわたって続く峡谷は迫力満点!イエローストーンという名前を実感しました。また、この峡谷を流れるイエローストーン川は2つの滝を形成!マイナスイオンたっぷりのアッパー滝と、ナイアガラの滝のほぼ2倍の落差93メートルのロウワー滝にしばし癒されました。

滝 アスペン
左:ロウワー滝、右:紅葉
☆カイザー・カントリー地区☆
イエローストーンで最も多くの人が集まるエリアは、この日もたくさんの人で賑わっていました。世界の間欠泉の3分の2がこの地区に集まっているほど!間欠泉の数にはビックリします。

1番有名なのは、オールドフェイスフルの間欠泉!約90分間隔で噴出がありますが、予想時間の10分前後ズレがあり、今か今かとカメラを持ちながら、噴出を待ちました。噴出がはじまると、はじめは少しずつ、だんだん大きくなって、クライマックスは大噴出!熱水と白い湯気が、青い空に噴き上がりました。

お昼を食べて、引き続き、間欠泉の見学へ。お城の形のキャッスルカイザーや、不思議な形のグロットカイザーなど、それぞれ岩の形や特徴も異なり、飽きずに見学できます。また、グランドカイザーは偶然噴出の時間に合い、大迫力の噴出をご覧いただけました。最後の朝顔プールは、丸い朝顔の花の形をした、うっとりするような色の美しい温泉でした。

白 あさがお

左:キャッスルカイザー、右:朝顔プール

☆ジャクソン・レイクロッジ☆
このツアーのハイライトとも言える素晴らしいロッジでの滞在!ロビーからのパノラマは圧巻でした!ティートン山脈とジャクソンレイク、ムースの住む沼地、アスペンの紅葉と、その景色は本当に美しいの一言でした。ご夕食は夕日をご覧いただきながら、ご朝食は朝日をご覧いただきながらと、贅沢な時間を過ごしました。

ティートン

ティートン山脈

ご紹介させていただいたことは、ツアーのほんの一部ですが、ぜひ現地に行ってアメリカの国立公園の魅力をいっぱいに感じて来て下さい!

来年のツアーは、11月発表予定です。また11月~3月はヒマラヤオセアニアがベストシーズンです。 こちらも合わせて、ぜひご検討下さいませ。

 

海外旅行部 原野祐輔

この記事の投稿者