出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2014年04月15日

エルミタージュを満喫♪

世界4大美術館のうちの一つ、ロシアのエルミタージュ美術館は、今年で創立250周年!
そんな記念年に、エルミタージュ美術館をいつも以上に満喫する♪特別企画ツアーへ同行してきました。


今回はサンクトペテルブルクに5連泊。エルミタージュ美術館まで徒歩5~10分程度という好立地のホテルに滞在し、連日ゆったりと美術鑑賞を楽しみます。

CIMG5411.JPG

エルミタージュ美術館前、アレクサンドルの円柱がそびえ立つ、宮殿広場です。
まばらに見える人影は、すべて私たちのグループのお客様。大人気・大混雑のエルミタージュ前にしては、ずいぶんひっそりしていると思いませんか?実は、この日のエルミタージュ美術館は休館日。私たちのグループのためだけに、特別に扉を開けてくれたのです。こんな巨大な美術館を貸切状態での見学!贅沢ですよね。


エルミタージュ初日、まずは冬宮殿の見学です。ロマノフ王朝歴代皇帝の宮殿は、とても壮麗で美しく、美術館に展示される名画たちと同じくらい見る価値のあるものです。

CIMG5417.JPG CIMG5418.JPG
パヴィリオンの間にある、孔雀のからくり時計です。
なんと今回、この孔雀時計のからくりを動かしてくれました!これは通常では、滅多に見ることができません。今回のツアーのために特別に動かしてくれたという、嬉しいサプライズでした♪ 


初日の午後は、ツアーの表題となっている「エルミタージュセミナー」の開会式。エルミタージュ美術館の副館長と、エルミタージュ美術館・友の会会長ともお話しできる、大変貴重な機会でした。そこで全員が友の会に入会し、会員証で無料で美術館に入れるようになりました。


美術館は主に、イタリア・ルネサンス絵画、ネーデルラント絵画、フランス近代絵画に分け、じっくり見学。学芸員の丁寧な解説付きで、大学の授業でも受けているかのような、濃厚な時間でした。

CIMG5428a.JPG CIMG5466.JPG
<写真左>イタリア・ルネサンスの巨匠、ティツィアーノの間。美術館の目玉の一つ、『ダナエ』が見えます。 <写真右>フランス近代美術の代表、マティスの間。左の大きな作品は、皆様にも人気の『ダンス』です。


さらに、今回のツアーの大きなポイント!2年前にオープンしたばかりの美術館総合施設「古き村」にて、通常では入ることのできない「修復現場」・「収納庫」も見学してきました。一つ一つの部屋、作品が厳重に管理されている様子がわかり、またまた特別な気分に・・・。こちらももちろん、学芸員の丁寧な解説付きです。

CIMG5462a.JPG  CIMG5473.JPG
<写真左>総合施設「古き村」             <写真右>ミハイロフスキー劇場内。


サンクトペテルブルクでは、ミハイロフスキー劇場にて、バレエ鑑賞もしました♪なんといってもバレエの本場・ロシア!伝統ある劇場が作り出す雰囲気も、ダンサーたちの演技も素晴らしく、素敵な夜を過ごして頂けたようです。


ツアー終盤は、モスクワで2連泊。今回のホテルもとても立地が良く、赤の広場まで徒歩5分程度!夕食後に赤の広場の夜景を見に行ったり、グム百貨店でお土産探しもできます。

そしてモスクワでももちろん、美術鑑賞を楽しみました。世界有数の印象派コレクションを誇る、プーシキン美術館を見学です。

CIMG5537a.JPG
ルノワールの絵画たち。奥にはプーシキンを代表する人気の「ジャンヌ・サマリーの肖像」が見えます。


今回のコースは、美術作品を見ているうちに日が過ぎていくような、まさに芸術三昧のコースでした。美術鑑賞がお好きな皆様にも、憧れのエルミタージュ美術館を満喫して頂けたかと思います。


朝日サンツアーズでは「美の旅」はとても人気のテーマです。美術鑑賞にご興味がある方は、是非こちらをご覧下さい。一緒に芸術満喫の旅に出かけませんか♪


大阪支店・野口みなみ

この記事の投稿者 野口みなみ