出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2018年05月02日

メキシコ旅行博「TIANGUIS 2018」と、今注目の可愛いメキシコ世界遺産都市に行ってきました!!

先日、新コース企画の素材探しのため、メキシコ視察に行ってきました!

年に一度開催されるメキシコ旅行博「TIANGUIS(ティアンギス)2018」に参加し、後半は現在公開中の映画「リメンバー・ミー」舞台のモデルとなったグアナファトや可愛いサンミゲル・デ・アジェンデといった世界遺産のコロニアルシティを見学してきました!!

 

4月下旬の出張でしたが、メキシコは真夏の太陽!!きらめく日差しの下、旅行博は熱気溢れ、カラフルなコロニアルシティは更に美しく輝いておりました。

 

メキシコ全土の魅力を世界中に発信!!大旅行博「TIANGUIS 2018」

年に一度開催され、メキシコ各地方の観光局やホテルがブースを出して自身の魅力を紹介する旅行博「TIANGUIS」。(大西洋沿岸の街マサトランにて)

旅行博では様々なブースを訪ね、まだまだ馴染みの少ない地方の情報、人気のエリアでもまだ知られていない新素材や旬な素材、穴場の隠れ家ホテル・レストランなどなど、ここに参加しなければ知らない情報をたくさん入手できました。

mexico-1mexico-2mexico-3

参加者は我々日本からだけでなく、アメリカやヨーロッパなど全世界から!

魅力を紹介したい側、見つけたい側の両方とも熱が入り、館内は活気と熱気が溢れておりました(笑)

これらの素材を活かした新コースは随時発表してまいりますので、どうぞお楽しみに!!

  

「リメンバー・ミー」、「リメンバー・メキシコ!」

まるでおとぎ話の世界の街並み、サンミゲル・デ・アジェネ&グアナファト

16世紀からのスペイン植民地時代はメキシコにとって苦難の時代ではありましたが、この頃はスペインで銀が発見され街は潤い、ヨーロッパ調の壮麗な街並みが築かれた時代でもありました。

スペインから独立した後も当時の風情を残すコロニアルシティは世界遺産にも指定されています。

中でもと~~ってもカラフル&可愛い2つの街サンミゲル・デ・アジェンデとグアナファトを歩いてきました。

まずは、サンミゲル・デ・アジェンデから

mexico-4mexico-5

ヨーロッパの香り漂うサンミゲル・デ・アジェンデの教区教会と広場のカフェ

 

サンミゲル・デ・アジェンデは手工芸でも栄えた街で、多くのアーティストたちに愛されています。街並みはお洒落な雰囲気で、センスあるハンディクラフトの雑貨店などもたくさん!ご自身のペースで散策を楽しんで下さい。

mexico-6mexico-7

 

可愛い童話の世界は、夜になるとロマンティックな大人の世界に

ホテル「ローズウッド」屋上のカフェ&バーより。

mexico-8

 

次に訪れたグアナファトは斜面にカラフルな家々が並ぶ街。

大ヒット公開中の映画「リメンバー・ミー」の舞台モデルにもなりました。

mexico-9mexico-10 mexico-11mexico-12

ケーブルカーで展望台に上がれば、まるで絵のような街並みが広がります。

mexico-13mexico-14

ずっと見ていたい!グアナファトの全景。素敵な街々を歩き、忘れえぬ思い出を。「リメンバー・メキシコ」・・・・。

mexico-15

 

世界遺産のお食事!メキシコ料理

トウモロコシの生地で焼いたトルティージャを主食に、爽やかな酸味のトマト、濃厚なアボカド、ジューシーなお肉、プリプリのエビやカニなどなどを使ったお料理は地方によって調理法が異なり、メキシコ料理のメニューは4000種類以上あるといわれています。料理の豊富さと独自性からユネスコ「無形文化遺産」にも指定されたほど。

スパイス豊富ですが料理そのものの辛さはキツクなく、様々な味が融合した複雑で奥深い味わい。辛さは別添えのサルサソースで調整できますので、辛いのが苦手な方でも大丈夫ですよ。

素材を活かした個性あるお料理をお楽しみ下さい!!

mexico-16mexico-17mexico-18

 

アエロメヒコ航空ならラクラク直行便でメキシコへ!

アエロメヒコ航空で行けば成田~首都メキシコシティまでラクラク直行便で約12時間!ヨーロッパに行くのとほぼ同じ飛行時間です。

そして現地では、ヨーロッパ調の中世の街並みがあり、一方でヨーロッパでは決して出逢えない古代の神秘マヤ遺跡があり、自然の絶景があり・・・、と、魅力たっぷり!

カラフルな「色彩の国」メキシコは、様々な魅力を持つ「多彩な国」でもあるのです!

次のご旅行は、感動ポイントたくさんのメキシコに行きましょう!!

 

この記事の投稿者 非公開: 深尾重典