出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2014年08月02日

人気の山上ロッジ2箇所に宿泊!究極のロッキーハイキング

山あいにひっそりと佇むスタッフのホスピタリティーが抜群のアットホームなミスタヤロッジとカナディアンロッキーの秀峰アシニボイン(3,618m)の目の前に建つアシニボインロッジ(2,165m)にそれぞれ連泊。ロッジへは往復ヘリ利用という何とも贅沢な究極のロッキーハイキングのツアーレポートです。

まず1つ目のミスタヤロッジへ。ミスタヤの山域へは、ヘリコプターでしか入山することができません。つまり見渡す限りの山域全体を独占できるのです。ダイナミックな景観と最高のロケーションを、ロッジ滞在者だけで分かち合う最高に贅沢な山旅です。

DSCN0808.JPGDSCN0819.JPG
DSCN0821.JPGDSCN0825.JPGDSCN0891.JPGDSCN0831.JPG

ロッジ到着後は、周辺のハイキングへ。ハイキングコースはバラエティに富んでおり、色とりどりの花々が群落するメドウや、3000m級の山々と氷河の大パノラマ、紺碧の氷河湖など、何日いても飽きることはありません。
雪解け後の初夏には、アネモネやグレーシャー・リリー(黄色いカタクリ)の群生地が広がり、盛夏には色とりどりに咲き乱れるインディアン・ペイント・ブラシの大群落を目にすることでができます!

DSCN0849.JPGDSCN0852.JPGDSCN0856.JPGDSCN0906.JPGDSCN0914.JPGDSCN0955.JPGDSCN0970.JPGDSCN0975.JPGDSCN1005.JPGDSCN1017.JPGDSCN1028.JPGDSCN1035.JPG

ハイキング後はロッジでゆっくりと過ごします。ロッジの宿泊人数は、最大でもわずか14名。日本の山小屋とはまったく違う、プライベート感あふれる滞在が可能です。広々とした火力充分なサウナ、自家製の野菜を使った手作り料理と、ファミリー経営ならではのアットホームなサービス。他の山小屋とはすべてが違います。

DSCN0936.JPGDSCN0922.JPGDSCN0928.JPGDSCN0943.JPGDSCN0842.JPGDSCN0895.JPG

2つ目はアシニボインロッジです。名峰アシニボインを独占する最高のロケーション。誰もがうなるほどの美味しい食事と、快適なロッジライフ。カナダ人も一生に一度は泊まりたいと思うほどの憧れのロッジです!
アシニボイン・ロッジのあるアシニボイン州立公園は、公園内にアクセスするための道路はありません。そのため、訪れる人も少なく、山の世界ににどっぷりとつかりたい人にはおすすめです。入下山はヘリコプターを利用するので、わずか10分で山奥にある山上の楽園にたどり着くことが可能です。

DSCN1078.JPGDSCN1080.JPGDSCN1085.JPGDSCN1089.JPGDSCN1086.JPGDSCN1087.JPGDSCN1088.JPGDSCN1090.JPG

ロッジ到着後は、もちろん周辺のハイキングへ。

DSCN1100.JPGDSCN1102.JPGDSCN1103.JPGDSCN1107.JPGDSCN1108.JPGDSCN1112.JPGDSCN1114.JPGDSCN1116.JPG

アシニボインロッジでも、ハイキング後はロッジでゆっくりと過ごします。ロッジが用意するアフタヌーンティーの時間を楽しみ、ケーキは手作りでとても美味しく、食べすぎに注意が必要なほどです。夕食までの時間は部屋でくつろいだり、リビング・ルームで紅茶を楽しみがら、のんびりと読書をしたり。1日の締めくくりは専属のシェフが腕を振るった料理とワインで乾杯。同じテーブルに着いた各国のゲストと共に過ごす夜は、忘れられない思い出となります。


朝日サンツアーズには、この他にも様々な「ハイキングの旅」があります♪今回のミスタヤロッジ・アシニボインロッジにまけないくらいすばらしいロッジに泊まるツアーもあります。これからのおすすめ(秋)は、黄葉がすばらしいカナダのシャドウレイクロッジです。9月21日発は出発決定です。是非こちらをご覧下さい♪


大阪支店・宮本啓佑

この記事の投稿者