出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2012年05月22日

[国内旅行 関西発] 祈りの六十里越街道と残雪の月山ウォーク  添乗員:栗山 謙三

「祈りの六十里越(ろくじゅうりごえ)街道と残雪の月山ウォーク 3日間」(2012年5月3日発)

月山山麓はまだ春浅く積雪もかなりのもの、ブナの芽吹きもまだまだ。
ネイチャーセンターに到着すると、ネイチャーガイドの方(女性2名)が待っていてくださり、早速に大半の方がまた私も長靴を借り、いざブナ林へ、この時期雪はしまっていて以外と歩きやすい!

残雪のブナ林を歩く
天候はくもりで無風、これが幸いで晴れていれば雪原の照り返しでサングラスが必携だったと思います。ガイドの案内で進んでいくと雪原にブナの実が点在、昨秋はブナの実が豊作で月山のツキノワグマのご馳走にありつけ、ゆっくりと冬眠できたのでは・・・。
雪原に点在するブナの実
またブナの幹には熊の爪あとも、そしてようやく春を迎えつつあるブナの根元には、根あき(放射熱で出来た窪み)が。覗けばかなり深い!
1時間も歩くと背後には朝日連峰の前山が顔を出してくれました。ご参加の皆様は初めての体験でしたが元気に楽しく歩いていただけました。

ブナの根あき
朝日連峰の前山
つづいての六十里越街道は春の息吹が里まで下りてきており、残雪と新緑また谷あいにひっそりと咲く山桜おコントラストは実に美しい景色でした。足元を見ればカタクリの花もまた里の桜も満開で歓迎してくれました。
残雪と新緑に映える桜
多層民家のご主人の話ではこのコースを歩くのには3泊いるとの事。これからの季節、新緑を楽しみながら気持ちよく歩けのでは。このあたり何処に行ってもブナ林の森林浴が出来そうだ。
昔の人はどんな思いでこの路を歩いたのだろうか。いつの日か歩きたい、そんな思いに駆られました。ネイチャーガイドの方は都会の出身ですが、月山の魅力に取り付かれたというのもうなずけます。
さあ皆様、豊かな自然と美味しい山菜を食べに山形を訪ねましょう!
ネイチャーセンターの皆様さまお世話になりました。
添乗員 栗山 謙三

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。またのご参加をお待ちしております。

国内旅行のお問合せは、こちらをご覧下さい。
関西発着の国内旅行
催行確定ツアー一覧