出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2017年12月15日

本場ドイツのクリスマスマーケットに行ってきました♪

11/28より8日間、ドイツの研修旅行に参加してきました。

今回は始まったばかりのクリスマスマーケット巡りとドイツの食文化に触れるというテーマでした!
日本も街中はすっかりクリスマスモードですが、本場ドイツのクリスマスマーケットの様子を皆様にお届けします!!!

まず羽田からミュンヘンへ。

img_8481 img_8480
ミュンヘンのクリスマスマーケットは、そんなに規模が大きいものではありませんでしたが、日本から直行便も飛んでいるからか、日本人の方も多数見受けられました!

img_8498 img_8504

 

ここでは私も初めてのクリスマスマーケットということでまずはクリスマスマーケット名物のクレープドイツ名物のソーセージを頂きました。

img_8489  img_8492

img_8500 img_8502
ソーセージはパンに挟んでホットドッグにするか聞かれましたが、今回はソーセージのみをチョイス。

現地の方に混ざって頂きました♪支払いですが、最初はお皿代も徴収され、食べ終わった後、お皿をお店に返すと2ユーロが返金されるというシステムでした!
これは、これまたクリスマスマーケット名物とも言えるグリューワインも同じ!最初にカップ代も徴収されますが、カップを返すとその分を返金されます!

ただこのグリューワインのカップ、どれもとっても可愛いんです!しかもどこのクリスマスマーケットのものも、都市名とその年が入っています。お土産に持って帰るのもオススメです!あまり増えすぎると帰りスーツケースが大変なことになるのでご注意を!

翌日はドイツの鉄道ICEに乗ってウルムへ。

ここはアインシュタイン生誕の地としても知られ、町のシンボルのように立つ大聖堂がとても印象的です。

img_8527

 

img_8515    img_8518img_8528 img_8530

クリスマスマーケットはこちらもそんなに大きくありませんが、メリーゴーランドが2箇所に設置され、日本でも人気のstiffの動くモニュメントがとても可愛らしかったです!
そしてこれも良くあることのようですが、吹きガラスのパフォーマンスもやっていました!

そして次の日はシュトゥットガルトへ。ここのクリスマスマーケットの特徴は何と言っても屋根の上の飾り!コンテストが行われる為、どこの屋台もとても華やかです!屋根の上の装飾を見て回るだけでもとっても楽しめます!ここは比較的規模も大きく、日本人ツアーの方もちらほら見かけました。

img_8590   img_8616 img_8620   img_8618 img_8625    img_8627

そして夜はシュトゥットガルト近郊の町、エスリンゲンヘ。

今回訪れた中でも1番印象に残ったクリスマスマーケットで、中世にタイムスリップしたかのような雰囲気でした。

img_8643     img_8630

img_8648     img_8641
お店の人たちは昔の衣装を身にまとい、出店も中世のゲームの屋台やお風呂があったりと、他のクリスマスマーケットとはひと味違います。この美しい広場とのコントラストにも感動しました。木組み屋根の造りもエスリンゲンの街の特徴でもあり、街を歩いてるだけでその世界に引き込まれました。

 

その後、今進撃の巨人のモデルとなった場所ではないか?ということで話題にもなっているネルトリンゲンヘ。クリスマスマーケットはでとても小規模。上に上がって冬の景色を楽しみました。

img_8708    img_87026

翌日はいよいよ最後、ニュルンベルクのクリスマスマーケットへ。

img_8742    img_8750

 

ここは日本でも有名ですが、この日は土曜日で、クリスマスマーケットが始まってから最初の週末ということもあってか、人がたっくさん!!迷子になりそうでした・・・

img_8746    img_8747 img_8758

設置されたステージでは、子供たちによるクリスマスソングの合唱もありました♪

いかがでしたでしょうか?今回は冬景色のドイツでしたが、春は新緑、秋は紅葉もおすすめです!来年の旅の候補にぜひドイツも入れてみてください♪

ドイツのツアーはこちらから

 

この記事の投稿者 加藤綾華