出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2011年06月17日

東西文明の十字路・トルコの「美」を訪ねて

トルコ美の旅 13日間 添乗員・中野礼子

アジアとヨーロッパ大陸にまたがるトルコの周遊はいかがでしたでしょうか?
キリスト教とイスラム教の文化が見事に融合した現在のイスタンブールや、エーゲ海沿いの古代都市遺跡、内陸部の奇岩のあるカッパドキアなど、変化に富むトルコを堪能して頂けたことと思います。

6月4日(土)
深夜22:30のトルコ航空047便にて、イスタンブールへ離陸。
これからのツアーへの期待を胸に出発!!

6月5日(日)
早朝、イスタンブールに着陸。
その後、日本語ガイドさんと合流し、トルコ旅行の開始です。
アヤ・ソフィアやブルー・モスク・地下貯水槽等をじっくり観光し世界遺産のイスタンブール歴史地区を堪能。

6月6日(月)
昨日に続きイスタンブール旧市街観光。
グランドバザールやトプカプ宮殿・宝物館・ユスキュダル等を見学。

6月7日(火)
シュリーマンのトロイ遺跡を観光。
ホメロスの叙事詩の舞台で復元木馬も写真に収めました。

IMGP0118.JPG
トロイの木馬

6月8日(水)
ベルガモン遺跡では、アクロポリスやアスクレピオンに圧倒。
その後、エーゲ海最大の港町イズミールに向かいました。
ホテルから夜景がとても美しかったです。

6月9日(木)
今日は、エフェソス遺跡観光。
スケールの大きさと保存状態の良さに感動です。

IMGP0183.JPG
エフェソス遺跡

6月10日(金)
石灰棚で有名なパムッカレで、ネクロポリスやヒエロポリス等の古代都市遺跡を観光。
石灰棚の上も歩きました。
大自然の雄大さにびっくり。

IMGP0216.JPG
パムッカレの石灰棚

6月11日(土)
イスラム教徒の多い街コンヤで、メブラーナ博物館等を見学。

6月12日(日)
チャタル・ホユック遺跡やキャラバンサライを見学し、カッパドキアへ移動。
火山噴火とその後の風化によってできた奇岩、はとの谷やキノコ岩等を観光しました。

6月13日(月)
早朝ホテルを出発し、熱気球に乗りカッパドキアの空を遊覧飛行。
上空から見るカッパドキアの奇岩群はまさに圧巻です!!
朝食後、洞窟都市のギョレメ博物館に入場したり、地下都市を背中を丸めて歩きました。

IMGP0270.JPG
カッパドキアの奇岩群

6月14日(火)
アンカラまで移動後、アナトリア博物館やアタチュルク廟を見学し空港へ。
ホテルで休憩後、ガラタ塔にあるレストランにて夕食と民族舞踊とベリーダンスを鑑賞。

6月15日(水)
ドルマバフチェ宮殿観光や、ボスポラス海峡クルーズを楽しみました。
そして、シーフードの夕食後、空港へ。
深夜、日本に向けて出発。

6月16日(木)
早朝到着。 たくさんの思い出とお土産を持って自宅へ。

☆☆☆☆☆関連ツアー
9000年の歴史が重奏する国トルコ。先史時代から、ギリシア、ロ-マ、ビザンチンを経て、後に華開いたイスラム文化まで、東西の十字路としてエキゾチックな魅力を湛えています。この世で唯一トルコにしかない「美」を効率よく巡る、充実の旅です。

トルコ美の旅 13日間

中近東・アフリカへのご旅行

この記事の投稿者 中野礼子