出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2011年11月10日

紅葉・万里の長城を歩く 4日間 添乗員:宮本啓佑

2011年10月31日発「紅葉・万里の長城を歩く」 4日間

万里の長城は、中国北部にある城壁の遺跡で世界遺産にも登録されています。東端の山海関から西端の嘉峪関まで総延長は実に8000km以上!!
今回はこの万里の長城が紅く染まる紅葉の時期に4箇所の長城を訪ねウォーキングを楽しみました。

~万里の長城1 水閑長城(すいかんちょうじょう)~

北京国際空港からバスで約1時間30分。1つ目の万里の長城である水閑長城へ向いました。残念ながら曇り空で周りの景色を見ることは出来ませんでしたが、約1時間のウォーキングを楽しみました。階段一段一段の大きさと長さ、そして勾配の急さに驚きましたね。歩くのも大変な長城を造った人々の苦労は本当に計り知れません。
またこの水閑長城そばの竹の家も見学しました。ここは、吉永小百合さんが出演されたシャープの液晶テレビのCMの撮影で使われた場所です。ちなみに宿泊料金は、1泊20万円以上です。

R0010802.JPG 
[写真:1泊20万円以上の竹の家]

~万里の長城2 居庸関長城(きょようかんちょうじょう)~

2日目は早朝から日の出鑑賞へ。前日夜の天気予報では曇りの予想。しかし晴れることを期待し、そして前夜からの神への祈りを信じ、早起きしてロビーへ。同じように期待に胸を膨らませる皆様と近くの高台へ向いました。しかし・・・残念ながら祈り届かず・・・雲に覆われ期待した日の出を見ることは出来ませんでした。ただ朝のお散歩は気持ち良かったですね。
その後、朝食を食べて2つ目の居庸関長城へ。南門から北門まで2つのコースに分かれて歩きました。途中、雨の降る中を約2時間歩きました。

~万里の長城3 八達嶺長城(はったつれいちょうじょう)~

昼食後、3つ目の八達嶺長城へ。北京市内からも近く多くの観光客で賑わう長城。駐車場かた坂道を上がり登城口へ。八達嶺長城は、登城口より向って右側が「女坂」、左側が「男坂」です。まずは全員で女坂へ上りました。その後、各自のペースで下り、元気な方は続けて男坂へ。歩き始めると天気も少し回復して。奥行きのある長城の全景を楽しむことが出来ました。

~万里の長城4 慕田峪長城(ぼでんよくちょうじょう)~

ツアー3日目、いよいよ最後の4つ目の慕田峪長城へ。待ちに待った晴れ間と彩る紅葉を車窓から眺めながら、期待に胸を膨らませ向いました。駐車場より、坂道を上がりロープウェイにて登城口へ。晴天に恵まれ、遥か彼方まで続く長城を見ることが出来ました。皆さんの笑顔がとても印象に残りました。
午後からは北京の田舎町・胡同(ふーとん)を訪ね、三輪の自転車タクシー(リンタク)に乗ったり、一般家庭の見学など古き良き北京を楽しみました。

R0010870.JPG R0010873.JPG

R0010887.JPG 
[写真上・中:慕田峪長城、写真下:胡同(ふーとん)のリンタク]

4日間という短い日程ですが、4箇所もの長城を歩く充実の内容です。階段の急さや大きさ、勾配に驚きましたが、それを克服して歩く充実感たっぷりのツアーだと思います。2012年度も予定しておりますので、次回もお楽しみに。
皆様のご参加をお待ちしております。

この記事の投稿者