出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2015年12月08日

11月21日「関西発 色づく秋 琵琶湖一周 もみじ号」
添乗員:佐藤裕来

皆様お久しぶりです!!

大阪支店・新入社員の佐藤です。

春と秋の恒例イベント『列車チャーター企画・琵琶湖一周号』の添乗に行ってきました。

私自身、列車チャーター企画は初めてなので、この日をとても楽しみにしていました!!

少し古いですが当時としては最先端といわれたレトロな車両、117系を一編成6両貸切り、総勢約300名様にご乗車をいただいて、ぐるりと列車で琵琶湖を一周をする特別企画です。

大阪駅・新大阪駅・高槻駅・京都駅とお客様をお迎えし、いざ出発です!!DSC_0363①琵琶湖号

 

車内でのご案内は『琵琶湖一周号』には欠かせない、弊社きっての鉄道ファン・田口社員が担当させていただきました。田口の案内は大変人気があり、そのアナウンスを楽しみに来られるお客様もいらっしゃるとか??

③琵琶湖号

 

大阪を出発してから2時間ほどで比叡山坂本に到着しました。もみじ祭り開催中の琵琶湖畔の歴史の町をお楽しみいただきます。

日吉大社や旧竹林院など、皆様思い思いの場所で秋の風情を満喫されてらっしゃいました。

②琵琶湖号

その後、再び列車にご乗車いただき、湖西線を北へと進みます。穏やかに広がる琵琶湖の水面を時折り眺めながら、春は桜の名所となる海津大崎が右手に見えてきます。そして、いくつかのトンネルを抜けると、近江塩津です。ここをさらに北へ進むと敦賀方面ですが、列車は方向転換をして琵琶湖の東側を南下します。そのため、皆様で座席の向きを変えるという共同作業もやっていただきました。古戦場で知られる賤ヶ岳の山麓、十一面観音で知られる湖北・木之本を抜けて、長浜、そして彦根へと続きます。100名城の一つに数えられる「彦根城」は車窓からも少しご覧いただけます。さて、次の目的地、「近江八幡」が近づいてきました。

到着後、観光の中心地・八幡掘り付近までは貸切にした路線バスで移動していただき、近江商人発祥の地の一つ「近江八幡」をご散策いただきました。

④琵琶湖号 ⑤琵琶湖号

大人気のお店「CLUBHARIE(クラブハリエ)」ではバームクーヘンを求めるお客様で大変混雑していました。

⑥琵琶湖号⑦琵琶湖号

また、「CLUBHARIE」と同じ会社である和菓子の専門店「たねや」にも、美味しそうなお菓子がたくさん並んでいました。

この、たこ焼きのようなものは何か想像つきますか???

⑧琵琶湖号

中に「あんこ」が入っているお菓子で、外はさくっと中はもっちりしていて、あんこも甘すぎず、本当においし~い和菓子でした。皆様も是非食べてみてはいかがでしょうか!!

 

散策終了後、近江八幡駅に戻り、列車に乗るころにはだんだんと日が暮れてゆきました。

⑨琵琶湖号

秋の一日ぐるり琵琶湖周遊の旅も、いよいよ最後が近づいてきました。

皆様、おしゃべりを楽しんだり、お買い求めいただいたお菓子を召し上がったり、ほっと一息つかれたりと、最後まで旅をお楽しみいただきました。

そして、行きとは逆に、京都駅・高槻駅・新大阪駅・大阪駅と停めさせていただき、名残を惜しみながらの解散となりました。

この次は2016年 4月に予定しています。「春爛漫のぐるり琵琶湖号」を是非お楽しみください!!

この記事の投稿者 佐藤 裕来