出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2015年11月11日

10/6発 アルプスの小さな大国 オーストリア一周 添乗員:日野林優太

皆様、こんにちは!

朝日旅行 東京支店新入社員の日野林優太と申します!

 

この度添乗研修として、10月6日出発の「アルプスの小さな大国 オーストリア一周」のコースに同行させて頂きました!

モーツァルトのゆかりの地、ザルツブルグから始まり穏やかな湖水地帯ザルツカンマーグートやチロルの都インスブルック、オーストリアの最高峰グロースグロックナーにノスタルジックな街並みのグラーツ。世界遺産の鉄道セメリンク鉄道に乗り、音楽の都ウィーンへ抜ける、コース名の通り国を反時計回りに一周する、オーストリアの良いところを全て網羅したコースです!

最初に訪れたザルツブルグでは、公開から50周年を迎えた映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台にもなったミラベル庭園やモーツァルトの生家を訪れました。

あいにくの雨でしたが、きれいな花で彩られた庭園はとても美しいものでした・・・。

モーツァルトの生家では、モーツァルトをはじめとする家族の肖像画や直筆の楽譜など貴重なものを見ることができました!

写真写真

 

3日目に訪れた、ザルツカンマーグートにある世界遺産の村ハルシュタットでは、湖と山と街並みのコントラストがとても美しいものでした!

写真1写真2

4日目に訪れたインスブルックでは、街のシンボルでもある黄金の小屋根やこの地を治めたハプスブルグ家のゆかりの人物のブロンズ像が並ぶ宮廷教会など、チロルの歴史に触れることができました。

また、インスブルックは「イン川に架かる橋」という意味。そのイン川の橋からは、イン川とノルトケッテ連峰のとても美しい景色を見ることができました!

写真3写真4写真5

5日目はグロースグロックナー山岳道路を進み、山間の村ハイルゲンブルートへ向かいました。

残念ながらグロースグロックナーは雲に覆われており観ることができませんでした・・・。しかし!裾野に広がるパステルツェ氷河は圧巻!みなさん寒さも忘れて写真をたくさん撮っていました!

ハイルゲンブルートは、木々が黄色く黄葉し、村のシンボルでもあるヴィンツェンツ教会と美しくマッチしていました!

7日目は世界遺産の鉄道、セメリンク鉄道で峠を越え、オーストリアの首都ウィーンへ

 

数多くの橋とトンネルを超える鉄道は迫力満点でした!

ウィーンの郊外にあるドナウ河の渓谷、ワッハウ渓谷ではクルーズを楽しみました。船から眺めるドナウ河とデュルシュタインの古城、街並みは時の流れが遅く感じるような落ち着いた風景でした・・・。また、デュルシュタインの街はブドウ畑が広がり、お店ではワインの試飲を楽しむことができました!

写真9

 

ウィーンでは自由行動をとり、広大な庭園を持つシェーンブルン宮殿や様々な貴重な絵画が並ぶ美術史博物館、街中に突如現れるシュテファン寺院などを見学し、ウィーンの歴史に触れることができました・・・。特に、世界遺産でもあるシェーンブルン宮殿では、宮殿の裏に回ると現れる広大な庭園には息をのむほど感動しました!

写真10写真11

さて、もうすぐ冬を迎え、クリスマスです!オーストリアもまた一味違った姿を見せてくれると思います!ぜひ皆様もそんなオーストリアを楽しんでみてはいかがでしょうか!

お待ちしております!

この記事の投稿者 日野林 優太