出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2015年10月28日

10/21発 海谷渓谷と雨飾り山麓の紅葉 2日間【植物学者:大内尚樹氏が同行!】 添乗員:若林由香

絶好の行楽日和が続いておりますが、皆様はもうどちらかへお出かけにはなりましたか?

私は10月21日から2日間、植物学者の大内尚樹先生が同行する『海谷渓谷と雨飾り山麓の紅葉』の添乗に行きました!

北陸新幹線で首都圏からも行きやすくなった糸魚川駅。糸魚川には、地質や文化・歴史を感じることができる場所「ジオサイト」が市内に24か所あり、それらをめぐることで、日本列島の形成や糸魚川の文化・歴史を学ぶことができる場所になっています。そんな糸魚川のジオパークを植物の観察をしながら巡りました。

1日目は、まず海谷渓谷・山境峠周辺の植物をゆっくり観察・散策。紅葉はちょうど見ごろで、お天気にも恵まれ、楽しい散策となりました。先生には植物のみならず、地形や地質も詳しくご説明して頂き、あっというまに時間が過ぎてしまいました。

image3

 

その後、最近写真家の方にも人気のある鎌池にて、池の周りをゆっくり散策しました。

天気も良く、風もないため、池には山や樹木などの周囲の景色が映りこみ、まるで鏡のような幻想的な風景を楽しむこともできました。

image2

2日目は、宿泊したホテルサニーバレーのご主人に早朝の里山をご案内していただきました。これぞ日本の里山という風景で、気持ちのよい散策になりました。

その後、日本三大崩落である「稗田山崩落跡や、標高540mにある一年中満々と水をたたえた「高浪の池や、日本随一ともいえるヒスイの産地「小滝川ヒスイ峡」なども散策しましたが、あいにくの雨で景色はあまり見えませんでした。ですが、先生の興味深く面白い話が、観光場所だけではなくバスの中でも聞くことができ、添乗員の私自身、とても充実した旅になりました。

大内先生が同行の植物を観察する旅行は今後も計画しています。

大内先生は植物に詳しいことはもちろん、ご自身の体験談などを交えたユニークな話もしてくださいますので、必ず楽んでいただけると思います♪

「見る」だけではなく「楽しく学ぶ」旅に参加してみませんか?

 

12月14日(月)伊豆半島で忘年植物観察 2日間

 

この記事の投稿者 若林由香