出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2017年10月30日

10/21発 癒しの国ラオスの寛ぎとメコン川秘境クルーズ 添乗員:藤田 亜由美

冬仕度をし始めつつある今日この頃・・・
寒くなってきた日本を抜け出し、先日ラオスのツアーに同行して参りました!

 

メコンツーリズムアワード2015ユニークツアー賞を受賞したこちらのコース
この後、12月と1月に出発決定も出ていますので要チェックです!

ご予約も絶賛受付中ですよ〜!

まず、訪れるのが古都・ルアンパバーン
市街地全体が1995年に世界遺産にも登録されました。
市内にある150mの小高い山プーシーの丘からこの世界遺産の街並みを眺めました。
 img_9003
夕日は残念ながら雲に阻まれてしまいましたが、それでも丘から見る街並みはとても美しいものでした。
私たちが訪れたときにはなんと虹も見え、嬉しかったですね!

 

夜のお楽しみのナイトマーケットも見学しました♪
 img_9014

 

3日めは南部の中心地・パクセー観光をした後、ホテルに向かいます。
今ツアーでお楽しみのひとつ、チャンパサックにある『ザ・リバーリゾート』にご宿泊です!
img_9515
img_9055
img_9118

 

メコン湖畔に建つこちらのザ・リバーリゾート。
この地域では随一のクオリティを誇るホテルで、今ツアーではメコン川サイドのお部屋をご用意いたします!
img_9066 img_9071

 

お部屋からは、雄大なメコン川の景色をお楽しみいただけます。
img_9078

 

また、ホテルの朝食も最高です!
通り抜ける涼しい風を感じ、メコン川を眺めながら食べる朝食は最高ですね…。
img_9117
img_9110 img_9063

 

翌日からはいよいよ『ワットプー号』でのメコン川クルーズの始まりです!
ワットプー号は全12部屋。朝日行のお客様の貸切運行です♪
img_9242

 

木の温もりの感じられるお船です。
img_9300
img_9299
img_9238

 

乗船後には、対岸して観光もします。
2001年に世界遺産登録されたワットプー遺跡
古代クメール人が築いたヒンドゥー教寺院遺跡です。
img_9211 img_9203
img_9209
この日はたくさん歩きました!!

 

ラオスのナイアガラとも称えられるコーンパペン瀑布
クルーズ中には穏やかで静かな姿でしたが、このときばかりは激しい姿を見せるメコン川でした。
img_9456
img_9459

 

乗船中には、フルーツパーティも開催!
 img_2382

 

クルーズ中、あるお客様にはメコン川の歌を教えていただきました。
歌でイメージしていた情景と、実際に目の前を流れるメコン川が重なりますね・・・。

 

お船から見るメコン川の朝日。
img_9358

 

ノスタルジックな雰囲気のお船で、2泊3日メコン川とともにゆっくりとお寛ぎいただきました。お世話になったスタッフさんたちにお別れを告げ、下船です。
img_2381

 

最後の日は、ビエンチャンに立ち寄り帰国の途へ。
ラオスを代表する仏塔のタートルアン
img_9537 img_9548
img_9542

 

最後の夕食はラオス料理のセットメニューをお召し上がりいただきました♪
img_9565
香草も使ったりしますが、ラオスの食事は日本人にも合う優しい味付けの料理が多いです。

 

雄大なメコン川、ゆったりとした時間の流れ。
ラオスの人々の優しい笑顔。
ぜひ、癒しと寛ぎのラオスに訪れてみませんか?

 

◇視察レポート(前編)はこちらから
◇視察レポート(後編)はこちらから
◆2016年添乗員ブログはこちらから

 

 

この記事の投稿者 藤田亜由美