出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2016年10月12日

10/8発 長崎に連泊で楽しむ 伝統芸能長崎くんち         添乗員:横田 季世子

だんだんと秋らしくなってきた10月の三連休、長崎に行ってきました。
今回のメインは長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭で、毎年10月7日から3日間、長崎の町を挙げて催される『長崎くんち』。市内の各町には7年に一度、当番が回ってきて、それぞれ趣向を凝らした奉納踊を披露します。

今回人気があったのは筑後町の龍踊と上町の上町コッコデショ

龍踊はもとは雨乞いの踊りで、3体の龍が静と動の動きを織り込みながら、勇壮な姿を披露します。

筑後町  青龍

筑後町  青龍

筑後町 白龍

筑後町 白龍

上町コッコデショは、約1トンといわれる山車を放り上げて片手で受け止める離れ業が見もの。観客も一緒に「コッコデショ」という掛け声を出します。

上町 コッコデショ

上町 コッコデショ

どの奉納踊に対しても、観客は「もってこーい、もってこーい」とアンコールを行い、踊町はそれに応えて何度も披露をします。

会場はとても盛り上がり、一つになるような感じで、とても面白いお祭りでした。やはり、お祭りは熱気を肌で感じられる「生」で見学するのが一番ですね!

また今回は駅前のホテルに連泊だったので、ホテルに戻ってからくんちの町流し(奉納踊を町の各所で披露する)も自由にご見学いただけました。夕食も和食・洋食・中華から好きなものをお選びいただける形だったので、お客様にも好評でした。

和食夕食(イメージ)

和食夕食(イメージ)

洋食夕食(イメージ)

洋食夕食(イメージ)

中華夕食(イメージ)

中華夕食(イメージ)

ほか、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産で世界遺産登録を目指す外海地区の散策もしました。

この地域は、長崎におけるキリスト教について知るためには欠かすことのできない場所です。レンガ造りでステンドグラスが美しい黒崎教会や出津教会堂、旧出津救助院、ド・ロ神父記念館などを地元のガイドさんと見学しました。

半年ほど前に、五島列島の巡礼コースに添乗しましたが、五島のキリシタンはこの地域から海を渡ってやってきていたので、なんとなく感慨深いものがありました。

黒崎教会 外観

黒崎教会 外観

黒崎教会 祭壇

黒崎教会 祭壇

黒崎教会 ステンドグラス窓

黒崎教会 ステンドグラス窓

長崎くんちはまた来年ですが、11月の唐津くんちを見学していただけるのは、

No.2683(11/2発) 空のオリンピック2016佐賀熱帯気球世界選手権大会と唐津くんち

http://www2.asahiryoko.com/djweb/TourDetail.aspx?tc=J12683160025&saifg=1&interfg=0

 

外海地区のほか、関係の深い五島や共に世界遺産登録を目指す黒島・平戸を訪れるコースはこちらです。

No.2670(11/28発)長崎・世界遺産候補教会堂を訪ねて 外海・黒島・平戸へ

http://www2.asahiryoko.com/djweb/TourDetail.aspx?tc=J12670160125&saifg=1&interfg=0

 

No.2671(11/12発) 祈り息づく長崎・外海から五島列島縦断

http://www2.asahiryoko.com/djweb/TourDetail.aspx?tc=J12671160125&saifg=1&interfg=0

 

ご興味を持っていただけた方は是非、行ってみてください。ご満足していただけるはずです。お問い合わせをお待ちしております!!