出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2017年11月16日

11/1発 みちのくの名亭で寛ぐ 花巻・佳松園とかみのやま名月荘

11/1より3日間、「みちのくの名亭で寛ぐ 花巻・佳松園とかみのやま名月荘」の添乗をさせていただきました。

東北新幹線で新花巻駅へ、お宿の送迎バスへ乗り換え佳荘園へと1日目は移動のみと、のんびり向かいました。

お宿周辺の木々は紅葉が見ごろとなっておりました!また、近くには‘‘釜淵の滝‘‘と呼ばれる滝があり、紅葉と滝の美しい景色を楽しむことが出来ました。

DSC_1223

佳松園敷地内の紅葉

 

00100001

釜淵の滝

夕食では、岩手県の銘柄牛前沢牛を始め、松茸の土瓶蒸しや旬なお刺身など秋ならではの料理をいただくことが出来ました。

DSC_1227

銘柄牛の前沢牛とカニのしゃぶしゃぶ

2日目はバスで宮城、山形県へ。

最初に訪れたのは、紅葉の名所鳴子峡。台風の影響もあり散ってしまっていないか心配でしたが…、何とか持ち堪えてくれました!鳴子峡にかかる鳴子大橋と紅葉のコントラストが美しかったです!

鳴子峡にかかる鳴子大橋

鳴子峡にかかる鳴子大橋

昼食は山形県東根・六田ふ懐石料理処「清居」へ。お肉、お魚を使用しないお麩を使った料理をいただきました。お麩をメインにした料理は初めてでしたが、とてもおいしく、お客様にも大好評でした!

清居のお麩を使った料理

清居のお麩を使った料理

続いて村山にある、紅花資料館へ。堀米四郎兵衛の屋敷跡を利用した館内には、江戸時代に使用されていた蔵を利用し、紅花を使用した染物等を見ることが出来ました。

資料館いも使用されている蔵

資料館いも使用されている蔵

夕方にはかみのやま温泉の名月荘へ到着、お客様は各々離れのお部屋でのお食事や温泉を楽しみながらごゆっくり過ごされたそうです♪(残念ながら私は他の宿でしたが・・・)

3日目は蔵王山を越えて宮城県・遠刈田へ。

最初に訪れたのは、エール蔵王 島川記念館です。横山大観や岸田劉生をはじめとする多くの画家のコレクションを見ることが出来ました。

昼食はホテル蔵王メッツで洋食のコース料理を頂きました。伊達岩魚のカルトッチョを始め、地元の野菜をふんだんに使用した料理はとてもおいしかったです。また、ホテルのロケーションも松川のほとりにあり、ゆっくり時間が流れるような時間を過ごすことが出来ました。

伊達岩魚のカルトッチョ

伊達岩魚のカルトッチョ

 

ホテル前を流れる松川

ホテル前を流れる松川

今回の旅行は、行程がとてもゆとりのある物でしたので、皆様ごゆっくり寛げたのではないでしょうか♪

さて、紅葉の次は年末年始です!東北を始め、国内コースではまだ間に合うコースもございます!年末年始も朝日旅行の旅でごゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか?

★国内年末年始コースについてはこちらから!!★

 

 

 

この記事の投稿者 日野林 優太