出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2016年12月21日

11/23発 固有種のマウントクックリリー咲く ニュージーランド フラワーハイキング 添乗員:大阪支店 渡辺孝史

ニュージーランドへ行ってきました!

◆◇ニュージーランド固有種のマウントクックリリーが咲く時期限定!◇◆

1日目 11月23日(水)

21時10分 3年ぶりに関空から直行便が復活したニュージーランド航空にて、南半球のオークランドへ向けて出発!

エコノミークラスで提供されるワインの数々

エコノミークラスで提供されるワインの数々

ニュージーランド航空は、お食事のサービスの際にワインはちゃんとボトルでサービスされるのがすごいですね。しかも赤・白それぞれ2種類ずつ!ワインのお好きな方にはたまりません!
imgp7402

imgp7404
2日目 11月24日(木)
11:30 オークランド空港に到着
国際線のターミナルを出ると、目の前には蜂蜜がエリザベス女王の献上されるというポフツカワの花が見事に咲いていました。
初めてニュージーランドの空気を吸いながら、珍しい花に出会って、皆さんなかなかここから動きません・・・
imgp7444
15:10 再びニュージーランド航空の国内線にて南島の玄関口クライストチャーチへ。
ニュージーランドに代表されるシダのモチーフは、飛行機の機体にも施されています。
とくに尾翼のマークは先住民マオリ族が使用していた「コルー」というもので、シダの新芽の様子を表しており、「新生」「成長」などの意味があるそうですよ。

16:28 クライストチャーチに到着。タラップに出ると、さすがにひんやり。随分と南極に近づいて来たんだな~と実感。

3日目 11月25日(金)
09:15 ニュージーランド最高峰クック山の麓に位置するマウントクック国立公園にてハイキングのスタート。
kimg6048
ニュージーランドの南西山間部は特に雨の多い地域のため、今日は残念ながらクック山を望むことはできませんでしたが、雨のニュージーランドもまた格別なものです!!
kimg6070

ニュージーランドを代表する固有種マウントクック・リリー

ニュージーランドを代表する固有種マウントクック・リリー

雨もしたたる・・・

車窓から眺めるプカキ湖

車窓から眺めるプカキ湖

見よ!この美しい湖を!・・・
ついさっきまで雨・雨・雨のどんよりとした風景でしたが、ちょっと移動しただけで見事なミルキーブルーの湖がわたくしたちの目の前を覆いつくしました。このお天気の差にびっくり。やはりニュージーランドですね~。

テカポ湖畔に建つ善き羊飼いの教会

テカポ湖畔に建つ善き羊飼いの教会

imgp7702kimg6220

ニュージーランドでは嫌われ者の花ですが、やはり見事ですね。
テカポ湖の湖畔にはルピナスの花・花・花で素晴らしい絶景が広がります。
kimg6278
テカポ周辺の氷河の溶けた冷た~い水で育ったサーモンをどんぶりにしたサーモン丼がとても美味しかったです。正直、見た目よりもとても脂がのっていて、想像以上に食べごたえのある絶品のサーモンでした。
ニュージーランドへ来て3日目で日本食というのも本来は取り入れたくはないのですが、ここはやはり名物ですので外せませんね。是非とも味わっていただきたいです!

4日目 11月26日(土)

ニュージーランドで最も人気のアイスクリーム ホーキーポーキー

ニュージーランドで最も人気のアイスクリーム ホーキーポーキー

ニュージーランドへお出かけの際はこちらも是非とも召し上がっていただきたい一品です!
キャラメルの入ったバニラアイスで、ニュージーランドでこよなく愛されている乳製品のひとつです。

 

 

 

 

 

とあるビジターセンターに掲げられていた天気図を見てドキッ!
等圧線の間隔が詰まった低気圧が近づいているではありませんか!

imgp7653

 

5日目 11月27日(日)
今日はいよいよミルフォードトラックの一日体験へ出発!
・・・と勢いよく出たものの、ミルフォードサウンドへ通じる道がなんと閉鎖に。
これはいったいどういうこと??・・・
この一枚は非常に貴重な夏の時期の道路閉鎖の写真です。
imgp7992
何と季節はずれの大雪のため、通行止めとのこと。いつオープンするかわかりませんが、かすかな期待を込めて車内で待つこと3時間強。除雪作業も進み、ようやく開通するとそこは真っ白な雪景色に。
imgp8004

kimg6539

何とか辿り付けたミルフォードトラック。
わずかな時間ではありましたが、実際のミルフォードトラックを歩いて、ニュージーランド本来の森の姿を肌で感じた次第でした。
雨に濡れた森は、苔やシダ、そしてブナの原生林などすごく生き生きとした表情を見せ、顔をグッと近づけてみると植物同士がそれぞれ会話を楽しんでいるようでした。
kimg6595

わたくしが大好きな苔、アンブレラモス。
すごく可愛いでしょ!

アンブレラモス

アンブレラモス

kimg6620 kimg6649

kimg6651
歩いた後はミルフォードサウンドのクルーズへ。
雨の日は絶壁から流れ落ちる滝が更に迫力を増していました。

imgp8073kimg6742
ここの時点ではまだ余裕で写真も撮れるのですが、だんだん近づいていくと・・・kimg6746
ギャーッ・・・感動の声が悲鳴に変わるかもしれませんので悪しからず。
でもクルーズ船から見る滝は圧巻です。
びしょ濡れになるのは覚悟の上、雨具をしっかり着用してデッキに出られることを強くおすすめします!
是非お試しあれ!

6日目 11月28日(月)
昨日降った雨は標高700m以上の部分は雪となり、新雪が見事でした。
この時期としてはここまで雪になることは滅多になく、季節はずれの絶景を堪能することができました!
kimg6965

kimg7236

シダ植物の中では一番のお気に入り!
手触りが何ともソフトな「プリンス・オブ・ウェールズ・ファーン」
kimg7051

7日目 11月29日(火)
最終日に立ち寄ったクイーンズタウンと背後にはごつごつした稜線が印象深いリマーカブル山脈。

クイーンズタウンの街とワカティプ湖

クイーンズタウンの街とワカティプ湖

kimg7776
このアングル、カッコいいでしょ!
クイーンズタウン空港での一枚です。

いよいよここからは都会のオークランドへと移り、翌日直行便にて帰国の途へ。

あっという間の8日間でしたが、雨・曇り、晴れ、みぞれ、雹、大雪など、様々な天候を体験し、
ニュージーランドの本当の姿を体感していただけたかと思います。
晴れに越したことはありませんが、雨がもたらしたニュージーランドの世界遺産の森を体験すれば、今後はきっと合羽を着ることが嫌にならないかも知れませんね。

本当にお疲れ様でした。

朝日旅行 大阪支店 渡邊 孝史

この記事の投稿者 渡辺孝史