出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2016年01月30日

1/15発 憧れの絶景トレイルを完全踏破 美しきミルフォード・トラックを歩く 添乗員:田口悠紀

年が明けてようやく冬らしい寒さになったかと思いきや、九州など西日本を中心に大雪…と極端なお天気になった今日この頃ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?

そんな寒さとは打って変わって、今回は夏真っ盛りの南半球ニュージーランドから「世界一美しい散歩道」と称されるミルフォード・トラックの旅をご紹介します。

ユネスコの世界自然遺産を形成するフィヨルドランド国立公園内を歩く約54kmのルートで、自然への影響を抑えるために定員は50名、世界中から集ったハイカー達と寝食を共にしながら4日間で踏破します。

CIMG1792

このトラックが人気を博す理由は、1万年以上前に氷河によって削られたU字谷や湖、「飛べない鳥」キウイに代表される様な独自の生態系を維持する動植物に加えて、何よりも快適なロッジに宿泊しながら現地ガイドと一緒に自分のペースで好きなだけ歩ける事!ここでしか味わえない魅力が詰まったルートとして、世界中のハイカーから「憧れのトレイル」としても知られています。

ツアーではこのトラックをじっくりと楽しみ、全員踏破して頂く事が出来ました。距離が長く峠越えもあり、ご自身で荷物を担いでの道のりではありますが、決して健脚者だけに限られたトレイルではありません。安心のトレッキング・システムと共にその日程をご紹介致しましょう!

トレイルのスタートはテ・アナウ湖から。
CIMG1786
ニュージーランド第二位の大きさを誇る湖を船で北へ渡ります、桟橋で靴を消毒していよいよ歩き出し。
CIMG1788
初日は約20分で簡単な足慣らし程度の道のりですが、両脇には苔むした木々が出迎えてくれます。
CIMG1796

今日の宿泊はグレード・ハウス、早速ロッジの中をご案内しましょう!

CIMG1799
お部屋は2段ベッドが基本、バスタオルとハンドタオルが各ベッドに用意されています。
CIMG1802
決して豪華ではありませんが、機能的なシャワールーム。もちろんシャンプー等のアメニティも備えられているので持参する必要はありません。
CIMG1801

この日は早めにロッジに到着するため、現地ガイドと共に周辺をネイチャーウォーキング。
背丈が低い幼木の時は動物達から捕食されない様に葉を固く閉じ、成長するにつれてそのガードを緩めていく不思議な木「ランスウッド(槍の木)」や、人懐こい駒鳥「ブッシュ・ロビン」など、”世界で最も涼しいジャングル”とも呼ばれるレインフォレスト(多雨林)の世界を散策しました。
CIMG1795

CIMG1794

夕食は、前菜・メイン・デザートの3コース。さらにメインの料理はお肉・魚・野菜から毎日選ぶ事が出来、どれも各ロッジ自慢の料理が並びます。うれしいお酒の販売もあり、日本の山小屋とは一味も二味も違った雰囲気で過ごす事が可能です。
CIMG1959
食事の後は翌日のルートを確認、スライドを使って注意すべき箇所や見どころ、時間の目安など、現地ガイドから最新の情報が伝えられます。ミルフォード滞在中はこれが毎日繰り返されるので、安心して次の日のハイキングに備える事が出来ます。
CIMG1812

翌朝、朝食会場にはまな板と包丁、パンに野菜・ハムや卵などが並びます。今日の昼食(サンドイッチ)を各自が手作りして出発するんですね!
CIMG1820
サンドイッチ用の材料以外にもチョコレートや果物など、ちょっとした休憩時間にも食べれる携行食なども準備され、各自が必要な量を好きなだけ持って出発します。
CIMG1817

お弁当をザックに詰めたらトレイルへ出発、2日目は平坦な道のりをのんびりと歩くまさに「散歩道」
今回は4人の現地ガイドが同行してサポート。我々のグループを含め欧米やアジアなどから合計47名のハイカーと同じルートを歩きますが、先頭のガイドと最後尾のガイドとの間であればどこを歩いても構いません。全員一緒に歩く必要は全くなく、自分のペースに合わせて歩く事が可能なのもこのトラックの大きな特徴のひとつです。

氷河によって削られた深いU字谷や、名もなき無数の滝が流れ落ちる風景が広がります。
CIMG1872

CIMG1864

3日目はトラック唯一の峠越えルート、標高1,146mのマッキノン峠へと登っていきます。この日は生憎の雨模様で峠は完全に雲の中…というコンディションでしたが、足元にはマウンテンデイジーやマーガレットなどが美しく咲き乱れ、幻想的な雰囲気を醸し出していました。
CIMG1908

CIMG1919

トラック最終日の4日目は最も長い23kmの道のり、ですが道は下りないしは平坦で森林浴をしながらのんびりと歩く事が出来ます。昼食はマイナスイオンを浴びながら「ジャイアント・ゲート滝」の下で、ここを過ぎればミルフォードトラックもいよいよ最終章へ。ゴールまでの道を4日間の思い出と共に踏みしめます。
CIMG2025

CIMG2023

歩き通した我々の目の前には、深く切り込んだ断崖絶壁のフィヨルドの風景が広がります。
CIMG2042

この日の夜は、一緒に歩いた仲間を讃えトラック完歩証の授与式が行われます。全踏破おめでとうございます!
CIMG2053

深い深い緑の中をのんびりと歩く、日本では経験できない4日間が皆様をお待ちしています。
CIMG1947

 

ツアーの詳細は、以下をご覧ください。
2名様から出発決定!憧れの絶景トレイルを完全踏破美しきミルフォード・トラックを歩く~快適なロッジに滞在し4泊5日かけて約54kmのトレイルを歩く~ 9日間

この記事の投稿者 田口悠紀