出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2018年01月25日

12/31発 永平寺年越し 北陸の味覚・越前かに尽くし 添乗員:日野林優太

寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

12月31日から3日間「永平寺年越し 北陸の味覚・越前かに尽くし」のコースに添乗員として同行させていただきましたので、ご紹介いたします!

1日目は、東京駅から新幹線で米原駅へ、特急列車に乗り換え福井駅へ向かいまずはホテルへ。今回は、ホテルフジタ福井への宿泊でした。

ホテルで夕食を済ませた後、今回のコースのメインとの言える年越しの永平寺へ♪

永平寺では2016年より大晦日の夜11時~3時の4時間に限り、いつもは閉ざされている「唐門」が特別に一般開放され、参拝をすることができます!

「唐門」をはじめ永平寺はライトアップされており、幻想的な姿を見ることができました。また、テレビでもおなじみの「寂光苑」での鐘つき体験も行われておりました!

その他、門前商店街の一部のお店は営業しており、お土産などのお買い物も楽しむことができました。

DSC_1335

ライトアップされた唐門

 

DSC_1329

ライトアップされた山門

2日目は、バスで敦賀、小浜方面へ向かいました。

まず向かったのは「気比神宮」です。北陸道総鎮守として知られ、多くの参拝客が訪れる神社です。

あいにくの雨ということもあり、そこまで混雑はしておりませんでしたが、初詣のお客様でにぎわっておりました。

DSC_1338

初詣のお客様でにぎわう気比神宮

昼食は、小浜の旅館せくみ屋へ。若狭のふぐ料理をご堪能いただきました。

午後は若狭のお寺巡り、「羽賀寺」と「明通寺」を訪れました。

羽賀寺では、国指定重要文化財にもなっている木造十一面観音像の美しく、神々しい姿を見ることができました。

DSC_1339

羽賀寺

明通寺では、日本海側では唯一の国宝となっている本堂と三重塔を見学。歴史を感じる堂舎と閑静な佇まいに感動しました…。

DSC_1345

円通寺にある三重塔

ホテルでの2日目の夕食は和懐石料理でした。お正月ということもあり、日本海の豪華な品々を堪能することができました…。

DSC_1347

 

最終日は、福井の名勝の一つ「東尋坊」へ。

高さ約25メートルの岸壁と海の荒々しさによりダイナミックな景色を見ることができました。

DSC_1351

日本海の荒々しさを感じられる東尋坊

昼食は、今回のコースの目玉でもある越前ガニ!

テレビCMにも出演した、カニの早剥きで有名な女将さん「ムキムキみっちゃん」がいる白浜荘へ。

越前ガニをこれでもかと使った、カニ尽くしの料理とカニ剥きはもちろん、おしゃべりもうまい「みっちゃん」のトークにお客様も大満足のようでした!

DSC_1357

雄、雌両方味わうことのできる越前ガニ

最後に越前海岸の名所「呼鳥門」と越前岬の「水仙ランド」へ。

呼鳥門では,まさに門のようにトンネルになっている迫力満点の姿を見ることができます。またレストハウスには福井のお土産、またいたるところに咲いている水仙の花の販売、そして総工費1億円がかかっているというトイレも…3畳もの広さがあり皆様驚いておりました!

DSC_1358

迫力満点の呼鳥門

越前岬の高台にある水仙ランドでは満開とまではいきませんでしたが、白い花を咲かせる美しい水仙と越前岬の景色を楽しむことができました。

DSC_1365

薫り高い水仙の花

福井では様々なお寺や名勝、そして味覚を堪能することができました。

今後は奈良の東大寺の「お水取り」に先がけて小浜で行われる「お水送り」。また北陸をはじめ、日本の冬の味覚を味わえるコースも多々ございます。

ぜひ朝日の旅でこれらをお楽しみいただいてはいかがでしょうか?

ぜひ、下記のコースも合わせてご覧くださいませ!

 

●「お水取り」・「お水送り」のコースはこちらからどうぞ!●

●冬の味覚を味わうコースは下記からどうぞ!●

◇首都圏発 / ◆関西発

この記事の投稿者 日野林 優太