出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2018年01月09日

12/31発 越中富山のお正月・富山湾の味覚と氷見牛 添乗員:長坂萌葉

年が改まり、厳しい寒さの中にもすがすがしさが感じられる日々ですが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

私はお正月に「越中富山のお正月・富山湾の味覚と氷見牛」へ行って参りました!美食と雪景色のお正月をご紹介させて頂きます。

【”天然のいけす”富山湾で獲れる絶品の「白エビ」!】
img_1472img_1474

富山湾特有の海底谷「藍瓶(あいがめ)」に生息するシロエビは、体長約5~8センチと小さく、水揚げ直後は透明感のある淡いピンク色をしていることから「富山湾の宝石」と呼ばれています。外の空気に触れると白くなることから白エビとなりました。富山の名物として「かき揚げ」「唐揚げ」「出汁」「刺身」など様々な料理に活用されています。

ツアーでは、岩瀬の磯料理「松月」で白エビ料理をご堪能頂きました。お刺身・唐揚げ・福団子の3品でなんと1人あたり260匹の白エビお召し上がり頂くコースでした!お刺身は白エビの甘さが感じられ、唐揚げは絶妙な塩加減のさっぱり味、副団子はこちらの名物で、とっても美味しかったです。

【世界遺産!五箇山・相倉合掌造りと白川郷】
img_1463img_1464
相倉合掌造り
img_1465img_1466
白川郷
「相倉合掌造り集落」は庄川からやや離れた深い山々に囲まれ、23棟の合掌造りが立ち並びます。三角屋根が特徴的ですが、相倉合掌造りは屋根の傾斜が65度、白川郷は60度。少しだけ相倉合掌造りが急なのは60度では雪が落ちなくて積もってしまうから。見た目には違いが分かりませんが5度の差は大きいのですね!

【国宝を持つ瑞龍寺(ずいりゅうじ)と彫刻の町・井波に佇む瑞泉寺(ずいせんじ)】
img_1440  img_1459
瑞龍寺
img_1452img_1456
瑞泉寺
瑞龍寺(ずいりゅうじ)は江戸初期の禅宗寺院建築の典型的な建造物を現代に伝える、前田利長の菩提寺。国宝に指定されている山門・仏殿・法堂、重要文化財の総門・禅堂・高廊下・回廊などが見どころです。中でも仏殿は全国でも稀な鉛板葺きの屋根に注目!また、法堂ではトイレの神様の愛称を持つ「烏芻沙摩明王(うすさまみょうおう)」様を拝むことができます。ご住職が丁寧にご案内くださり、前田家の歴史等々、興味深く、とても面白くお話しくださいました!!

瑞泉寺(ずいせんじ)は北陸における浄土真宗の拠点として中世に創建され、本堂と太子堂は北陸最大級の木造建造物です。江戸中期に焼失し、再建のために京都の御用彫刻師が派遣され、井波の大工に技を伝えたことから「井波彫刻」が始まりました。今も200人を超す彫刻師が活動し、通りに響くノミの音は「日本の音100選」にも認定。瑞泉寺に向かう途中の八日町通りではノミの音にも耳を傾けてみてください。

【おすすめ!観光スポット3】

①雨晴海岸
img_1492
富山湾越しの立山連峰を望むことができます。あいにくの天気でしたが、うっすらと稜線が出ているのが分かりますか…!?青空の雨晴海岸を見れた方は幸運です!

②新湊大橋の歩行者通路・あいの風プロムナード
img_1488img_1480
晴れた日には、橋から日本海や立山連峰、能登半島が一望できます。斜張橋としては日本海側最大級!上は車道、下は歩行者通路の2層構造になっており、ツアーでは歩行者通路・あいの風プロムナードを歩きました!吹き抜ける風が冷たいのですが、上からの眺めは良かったですね。

③新湊きっときと市場
img_1491
鮮度抜群の鮮魚が揃っており、その場で浜焼きなども楽しめます。白エビせんべい等のお土産も購入できます!

【水道水にも注目!】
富山市の水道水「とやまの水」は2012年度から6年連続でモンドセレクション金賞を受賞★北アルプスの雪解け水で冷たく、立山山麓の自然林のダムで清浄で豊富な水を蓄え、適度なミネラル分がおいしさの秘訣。

朝日旅行では四季を通して「富山湾の味覚を楽しむ」ツアーをご用意しております。

~春編~は、ただいま受付中となっております!!ぜひ、ツアーに参加して富山の魅力を体感してみてください!

【首都圏発】~春編~ 富山湾の旬の味覚を楽しむ(4月出発)はこちら♪

【関西発】 ~春編~ 富山湾の旬の味覚を楽しむ(4月出発)はこちら♪

 

 

 

この記事の投稿者 長坂 萌葉