出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2015年05月15日

3/16発 光輝くオーロラを観測!火の国アイスランド 8日間

春が過ぎ、一気に夏になってしまったかのような気候になりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

暑い時は、涼しげなツアーのご紹介を!ということで、
先日同行致しましたアイスランドのツアーをご紹介させていただきます。

アイスランドというと、名前の通り、氷に閉ざされた極寒の地のような印象をお持ちの方が多いかと思いますが、「暖かくて、温かい、美味しくて、美しい」。これが、アイスランドを表す言葉です。

緯度の高さの割に気候は温暖で、冬場でも日中の気温は10℃前後、朝晩の気温はマイナス5℃前後と日本の冬と同じくらいか、少し寒いくらいという過ごしやすいところです。そして地熱発電と湧き出る温泉、島国ならではの魚介類をはじめとする美味しいお食事、何より地域によっても、季節によっても様々な表情を見せてくれる自然は、ここにしかない魅力です。

景色

冬季でも道路がほとんど凍結しないため、観光が可能な南部の地域は、美しい自然や史跡が多く、広大な砂浜、滝、氷河、農地、活火山、死火山などバラエティに富んだ地形が特徴的です。黒い砂浜のビーチを歩くと、自然が造り出した奇岩が顔を出します。巨大な穴を持つ海に突き出た断崖・ディルホラエイやロウソク岩を眺望し、柱状節理のすぐそばまで歩くことも。自然の神秘を満喫しました!お天気は、雪・雨・曇り・晴れ。全ての天気が詰まった気候もアイスランドならではでないでしょうか。

ゲイシール

アイスランドツアーの観光ハイライトは、夏も冬も同じです!!
「ゲイシール(ストロックル)の間欠泉地区」、「グトルフォス滝」、「シンクエヴェットリル国立公園」の3つで、ゴールデンサークルと呼ばれています。

グトルフォス

グトルフォス滝
雪が残る一面の銀世界の中、ダイナミックに流れ落ちるグトルフォスの滝は、圧巻のスケールでした。夏にはここが一面の緑に変わります!
冬も美しいですが、滝とのコントラストが更に美しさを増す、夏は絶対にオススメです。

シンクエ

世界遺産・シンクエヴェットリル国立公園
世界初の民主議会(アルシング)が行われた場所として歴史的な背景を持つシンクエヴェットリル国立公園は、世界で2か所しかないユーラシアプレートと北米プレートの境目です。地球の裂け目を歩く経験はなかなかできません。

街並

世界最北の首都・レイキャビック
ランドマークのハトルグリムスキルキャ教会やコンサートホール、国会議事堂をはじめとする北欧らしいスタイリッシュな建物と、カラフルで可愛らしい家々には、ウットリ癒されるばかりでした。

ラグーン

世界最大の温泉・ブルーラグーン
旅の後半には、世界最大の温泉、ブルーラグーンに立ち寄りました。
シリカ(泥パック)を体中に塗ったり、スチームミストに入ったり、ブルーラグーンカクテルを飲んだり、泳いだり(笑)、疲れを取っていただくというより、皆さんはしゃぎ疲れていました。

オーロラ

アイスランドからのプレゼント・オーロラを観測!
なんと2日目からオーロラが出現!レベル9のオーロラで、ホテルからも緑のカーテンが綺麗に観測できました。さらに場所を移して、オーロラハンティングへ。色は見えませんでしたが、白いカーテンが空を覆う景色は、本当に感動的でした!
アイスランドでは、20:00~24:00がオーロラのベストタイムで、ホテルの近くからでも観測ができます。さらに気温もマイナス5度前後と楽してオーロラが見れるので、オーロラを見たい!!という方にアイスランドはとってもオススメなディスティネーションです。

 

★催行決定!3/7発 光り輝くオーロラを観測!火の国アイスランド 8日間  ツアー詳細はこちらから★

この記事の投稿者