出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2018年05月30日

5/2発 小岩井農場の一本桜 清流に沿う隠れ家「四季彩の宿 ふる里」の寛ぎ 3日間 添乗員:長坂萌葉

少し前になりますが、ゴールデンウィークに、小岩井農場の一本桜を非公開エリアよりご覧頂く特別ツアーの添乗に行って参りました。
旅は岩手県・北上より始まり、同県・雫石にあります小岩井農場を経由しながら、秋田県・男鹿半島まで横断します。
残念ながら桜が散ってしまった小岩井農場でしたが、普段は立ち入ることのできないエリアから見る重要文化財の数々は見応え十分!これより3日間のツアー模様をお伝えします!

【1日目:岩手県・西和賀町のカタクリ群生地と湯川温泉・四季彩の宿「ふる里」】

img_2618img_2627

雪深い郷に春の訪れを告げるカタクリの花…。
雪解けの季節には西和賀町内のいたる所で見ることができます。
中でも有名なのは「安ヶ沢」。群生地の真ん中にあるベニヤマザクラが満開を迎えており、カタクリとの見事な競演でした。

img_2630img_2634 img_2632img_2639 img_2643

宿泊は湯川温泉・四季彩の宿「ふる里」へ。
宿自慢の温泉は、源泉100%掛け流し。ナトリウム泉の肌になめらかな温泉がとても気持ち良かったです。露天風呂付客室の温泉も、しっかり源泉100%掛け流しです!
清流に沿うこの一軒宿での夜は、温もりある空間に、1品1品 繊細に調理された和会席料理、丁寧なスタッフの対応と、心安らぐひとときでした。

⇒心のふるさと、日本の温泉巡りツアーはこちらから♪ 首都圏発関西発

【2日目:小岩井農場の一本桜・非公開エリア特別ウォーク 】

img_2649img_2657

img_2652img_2654
あいにくの雨の中、バスは小岩井農場に向けて出発。ウォークの中止も危ぶまれましたが、お客様からの「歩きたい!」という元気なお声とお気持ちが伝わり、小岩井農場に着く頃には雨も小雨に…!
非公開エリア特別ウォークを実行することができました。
一本桜までは国の重要文化財に指定されている上丸牛舎の建築物を見ながら歩きました。現役で使用されている文化財の牛舎やレンガサイロ、乳牛が暮らしている様子や子牛も間近で見ることができ、また、ガイドの佐々木さんのお話を皆さま熱心に聞いたり質問している様子が印象的でした。

img_2665img_2667
そして辿り着いた「一本桜」!葉桜でした…。この一本桜ですが、広告等で良く目にするのは岩手山がバックにある写真ですよね。でも今回は秘密のスポットにご案内頂きました。なんとバックが秋田駒展望なんです!!…曇っていて本当にごめんなさい。山が何も映りませんでした…。来年リベンジしましょう。ぜひツアーは朝日旅行でお願いします♪
小岩井農場のランチとショッピングを楽しんだ後はいよいよ秋田県に向けて出発。

⇒小岩井農場ガイド付きツアーはこちらから♪ ※ツアーによってルートが異なります 首都圏発関西

img_2673
雫石川園地の桜並木。桜が満開の頃は150本のソメイヨシノと150匹の鯉のぼりが見事な競演。
おすすめスポットです!

img_2675
田沢湖・思い出の潟分校。木の机やロッカーなど、青春時代にタイムスリップ。

【3日目:男鹿半島、日本海の絶景スポットへ】

img_2680 img_2690

車窓より、大潟村の菜の花ロードを楽しみながら、男鹿半島の寒風山にある展望台へ。1周約13分の回転展望台になっており、360度の大パノラマからは世界遺産の白神山地や日本海、八郎潟残存湖を一望できます。

img_2696

続いて向かったのは入道崎。昨日の曇天が嘘のよう、爽快な青空と日本海ブルーの絶景が広がっていました。

⇒絶景の男鹿半島を巡るツアーはこちらから♪ 首都圏発関西発

以上、添乗レポートでした!ツアーにご参加くださいましたお客様、また最期までレポートをご覧くださいました皆さま、ありがとうございました!!

 

リンク先まとめ♪
⇒心のふるさと、日本の温泉巡りツアーはこちらから♪ 首都圏発関西発

⇒小岩井農場ガイド付きツアーはこちらから♪ 首都圏発関西発
※ツアーによってルートが異なります

⇒絶景の男鹿半島を巡るツアーはこちらから♪ 首都圏発関西発

⇒バス移動もストレスフリー!2シート確約ツアーはこちらから♪ 首都圏発関西発

 

この記事の投稿者 長坂 萌葉