出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2018年06月01日

5/3発 「グリーン車で行く ゴールデンウィーク海峡浪漫 関門レトロ旅」3日間 添乗員:日野林優太

春の陽気が気持ち良いゴールデンウィークに、関門海峡へ添乗で行ってまいりました。

 

東京より新幹線で小倉へ、約4時間と長旅でしたが、今回はグリーン車でしたのでゆったりでした!

小倉から普通列車で門司港へ向かい、船で下関の唐戸港へ向かいました。当日は風が強く、白波を立てて進む船はアトラクションのようでした(笑)。

唐戸港の目の前は、宿泊する下関グランドホテルでしたので、市場や水族館、そして関門大橋を望む唐戸港を気軽に散策することができました。

DSC_0031

唐戸港と関門海峡

2日目は、下関・門司港の観光へ。

まず訪れたのが日清講和記念館赤間神宮です。

国の登録有形文化財に登録されている日清講和記念館には、浜離宮から下賜されたといわれる椅子や、講和会議で使用された調度品などが展示されており、歴史の一幕を垣間見ることができました。

隣の赤間神宮には、白壁に朱塗の水天門や小泉八雲の怪談で有名な耳なし芳一の芳一堂を見ることができました。

DSC_0036

赤間神宮の水天門

 

続いて訪れたのが、みもすそ川公園関門人道トンネルです。

みもすそ川公園では関門海峡と海峡にかかる関門大橋を目前に見ることができます。

その後エレベーターで地下60mにある関門人道トンネルへ。山口県と福岡県の県境には印があり、県境を体感することができます!

DSC_0037

関門大橋と源義経・平知盛像

DSC_0039

歩いて関門海峡をわたる関門人道トンネル

福岡県にわたり訪れたのが九州鉄道博物館門司港レトロです。

九州鉄道博物館にはSL機関車から現代の列車まで九州を中心とした列車の実物とその歴史を知ることができます。

門司港レトロでは現地ガイドさんと共に、旧三井倶楽部や旧大阪商船ビルなど歴史を感じる洋館の数々を見ることができました。

DSC_0043

九州鉄道館にあるSL

DSC_0046

門司港レトロにある旧大阪商船

3日目は火の山公園と長府にある功山寺へ向かいました。

火の山公園からは多くの船が往来する関門海峡や佐々木小次郎と宮本武蔵が決闘を行ったとされる巌流島も眺めることができました。

下関から少し離れた長府にある功山寺は、日本最古の禅寺と言われており、唐様建築の仏殿と新緑のコントラストが美しかったです。

また昼食は、古江桂月蕎麦懐石を頂きました。あがりたてのお蕎麦をはじめとする料理の品々を堪能することができました

DSC_0047

火の山公園より望む関門海峡

DSC_0048

新緑美しい功山寺

こ

古江桂月の蕎麦懐石(画像提供:古江桂月)

 

さて、夏の関門海峡は「関門海峡花火大会」です!!

往復グリーン車ですのでゆったり!夜空を焦がす花火を観覧席からじっくり鑑賞できます。他にも門司港や宗像大社に、伊万里の大川内山風鈴祭りなど関門海峡から福岡、佐賀の観光スポット・お祭りを巡ります!

◆8/13発 グリーン車で行く夏の夜空を焦がす関門海峡花火大会はこちら◆

その他夏の花火大会やお祭りコースが盛りだくさん!絶賛販売中ですのでぜひご検討ください!!

◆お祭り・花火大会コースはこちらからどうぞ!◆

首都圏発 / 関西発

 

 

この記事の投稿者 日野林 優太