出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2016年05月10日

5/3発 「2つの世界遺産を体感 『東医宝鑑』の隠れ郷・山清と伝統家屋の山里・安東を訪ねて」添乗員:野村光瑠

今年は最大10連休のゴールデンウィーク。皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
私は韓国に行ってまいりました~!

韓国といえば、ソウル!プサン!もしくは慶州など?
日本にとっても身近な国で、たくさんの見所がありますが、今回ご案内したのはまた一味違う韓国です!

皆様は、「韓方」という言葉をお聞きになったことがありますでしょうか。
中国・明からの医学を取り入れつつ韓国の環境や生活習慣などに合わせて発展してきた、朝鮮時代から続く韓国の伝統医療です。

人間は一人ひとり体のつくりが異なります。ですから、症状が同じだとしても治療法はその人の体質に合ったものでなくてはならないというのが「韓方」の基本的な考えです。
IMG_3685

このような「韓方」を学ぶため、旅の前半は「東医宝鑑村」へご案内しました。
韓国ドラマ好きな方ならご存知でしょうか?
「東医宝鑑」とは明からの医学が多く取り入れられていく中で、朝鮮半島の環境や病理に即した形での朝鮮医学、ひいては東アジアの医学を体系的に整理するため16年の歳月をかけてホ・ジュンによって作られました。当時使われていた様々な書籍から引用されているため韓医学の百科事典とも言われ、すべてに引用文献を記し、編集しながら再解釈したという点でもその文化的価値が認められ、2009年に初版本が医学書籍としては初めてのユネスコ世界記録遺産に認定されました。

IMG_3729

関西空港からわずか1時間ほどでプサンへ。そこから更に2時間ほど高速道路を走ると、山清(サンチョン)という街に着きます。済州島のハルラ山に次ぐ国内第二位の霊峰・智異山の麓に位置し、千種類を超すとも言われる薬草が自生する緑深い山々と清流に抱かれた静かな山里は韓方発祥の地とも言われ、2013年に「世界伝統医療博覧会」が開催されました。博覧会が終わった現在も「東医宝鑑村」として韓方を広く紹介する施設となっています。

tonihoganvl

 

まずは、村内にある宿泊施設にチェックインし、薬膳料理を召し上がっていただきました。
食事で体内から体を健康に保つ、いわば食事も薬という考えのもと様々な薬草を使った料理を振舞っていただきました。
IMG_3688IMG_3687

toniyakuzen

夕食後は、ホテルの会議室を使って韓方のお医者さん(韓医)から韓国の伝統医療についてお話を伺いました。

日本では「漢方」や「漢方薬」は身近な存在ですが、韓半島で発展した韓方とはどういうものなのか?皆様熱心に先生のお話を聞いていらっしゃいました。

IMG_3689

翌日は「東医宝鑑村」の村内を見学しました。
村の一番奥にあるパワースポット、気体験場
「病は気から」という言葉がある様に、韓方でも予防医学に重点をおいています。
朝の澄んだ空気の中、思いっきり伸びをしてたくさんのパワーを感じました!!
IMG_3709IMG_3707
世界遺産となった「東医宝鑑」を中心に展示されている「韓医学博物館」には当時の調剤風景などがジオラマ展示されています。

tonihogan

 

tonimuseum

 

昼食は、高麗人参のビビンバ。料理自体は日本でも有名ですが、こんなに人参がたっぷり入ったビビンバは初めて!体に優しい味でした。

ninjinbibinba

 

その後は、実際に韓方の薬を調剤している施設「湯剤院」を見学。大きな釜で1人1人の処方に合わせた調剤が行われています。また院長先生の実際の診察風景をご覧いただきました。

toniyuzaiin IMG_3733

旅の後半にご案内するのは、安東での韓屋体験です。
世界遺産に登録されている安東・河回村(ハフェマウル)
洛東江という川が村をS字で囲むように流れていることから、その名がつけられました。
村には朝鮮時代の貴族である両班(ヤンバン)が住んでいた瓦葺きや藁葺きの韓屋が、朝鮮時代にタイムスリップしたかのようにきれいな状態で保存されています。

今回皆様にお泊りいただいたのは、北村宅という両班のお屋敷。
IMG_3751

IMG_3750

本当に両班になったかのような気持ちにさせてくれますよ。オンドルも調整出来ますのでとっても気持ちよく眠ることが出来ました。

朝食は、本家のお嫁さんに代々伝わるという家庭料理
本当に優しいお味で、旅の疲れを癒してくれるようなそんなあたたかいお料理でした。

IMG_3752
毎日でも食べたい・・・・。

その後は、河回村の散策をお楽しみいただきました。

IMG_3758 IMG_3768

また、河回村の伝統芸能である仮面を紹介する仮面博物館にもご案内しました。

IMG_3781IMG_3784
ちょっと怪しい・・・?でも仮面一つひとつの由来を聞けば思わず「へぇ~」とうなずいちゃいますよ!

 

日本では経験することの出来ない韓国の「伝統医学」と「伝統文化」を知る旅は、私たちの心と体を癒してくれました。
皆さんもぜひ新しい韓国に出会いに行きませんか?

7月以降の「2つの世界遺産を体感 『東医宝鑑』の隠れ郷・山清と伝統家屋の山里・安東を訪ねて」コースにご興味のある方は、こちらからどうぞ♪

皆様のご参加お待ちしております!!!

この記事の投稿者