出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2015年07月13日

6/24発 中欧芸術紀行 ブダペスト・ウィーン・プラハ 10日間

みなさん、ヨーロッパの心臓ってどこだか知っていますか?

ヨーロッパを例える際に、頭部がスペインで東に横たわる女神として表されますが、その女神の心臓がちょうどプラハの位置なんです。
つまり、プラハはヨーロッパの中心であり、全ての流れがプラハを基点にしているということ。だから何度も行きたくなるんですかね、気付いたらまたプラハに戻っているなんてことも、あるとかないとか?

そんな、あるとかないとか?な話は置いておいて、

今回はザ・ヨーロッパというような中世の街並みが美しい中欧の3都市をめぐる旅です。

ドナウ川の真珠と称される「ブダペスト」、音楽の都として伝統と文化が息づく「ウィーン」、中世の建築が残る世界で最も美しい街の一つとして知られるヨーロッパの心臓「プラハ」。
絵画、音楽、建築・・ヨーロッパの洗練された芸術を思う存分堪能しました。

行程もゆったりしていて、ブダペストに2連泊、ウィーンに2連泊、チェスキークルムロフに1泊、プラハに3連泊。しっかりと各都市を歩いてみたい方にはオススメのコースです。

マーチャーシュ教会:外観 マーチャーシュ教会

ブダペスト、王宮の丘にあるマーチャーシュ教会。ハンガリーを代表する窯元ジョルナイが制作した瓦屋根が綺麗です。内装も素晴らしい!

グンデル グンデル

写真左:グヤーシュ               写真右:ガチョウのロースト

政界・経済界の大物、芸術家、俳優、作家、ジャーナリストなど多くの著名人が訪れるブダペスト最高級レストラン「グンデル」でランチ。上品で、とても美味しい料理に感動。

ブダペストの夜景

ブダペストの夜景

くさり橋

くさり橋

今回宿泊したホテルはくさり橋のたもとにある最高級5ツ星ホテル「ソフィテル」。ホテルを出るとすぐにこのような綺麗な夜景がご覧いただけます。

美術史美術館 美術史美術館

ウィーンでは美術史美術館で名画を鑑賞したり、王宮礼拝堂にてウィーン少年合唱団の天使の歌声を聴いて感動したり…やっぱりウィーンは何度でも行きたくなる場所ですね。

チェスキークルムロフ チェスキークルムロフ

そして国境を越えて、眠れる森の美女と言われるチェスキークルムロフに宿泊。

百塔の街 プラハ カレル橋とプラハ城

 

カレル橋 旧市街広場

最後は百塔の街プラハに3連泊です。プラハは中世ヨーロッパの雰囲気が現在も残っています。街の大きさに対し見所が多く、ただ歩いているだけでも飽きることがありません。

サラダ ケーキ

宿は旧市街広場まで歩いてスグのヴァーツラフ広場に建つ5ツ星ホテル「アンバサダー」に3連泊!レストランのディナーもお洒落でした。左の写真はサラダです。キュウリが巻いてありましたよ!私も真似して家でキュウリを巻いてみます。

カレル橋

カレル橋

プラハ夜景

プラハ夜景

街には音楽も溢れているし、景色も素晴らしいので、美味しいチェコビールを飲みながらゆっくり過ごしたい街ですね。
皆さんも一度プラハに訪れると、プラハの魅力にガッチリとハート(心臓)を掴まれますよ!!
もちろんブダペストとウィーンもプラハに負けない魅力に溢れています♪

≪首都圏発≫
中欧芸術紀行 ブダペスト・ウィーン・プラハ 10日間のツアー詳細はこちらから

≪関西発≫ 
中欧芸術紀行 ブダペスト・ウィーン・プラハ 10日間のツアー詳細はこちらから

この記事の投稿者 非公開: 小平宰