出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2015年06月12日

6/4発 隠れ宿と初夏を味わうグルメ旅 ホテル風早とオーベルジュ ア・マ・ファソン 添乗員:小田 有希子

皆様いかがお過ごしでしょうか。本格的に梅雨を迎えましたね!お洗濯などに困っておられる方も多いのでは?!こんな時期だからこそ旅に出てみてはいかがでしょうか。

 

私は6/4~6/6の3日間で筑紫亭「ハモ料理」小国「おそば」アマファソン「フレンチ料理」、そして的山荘「城下カレイ」を巡る大分県グルメ旅に同行させていただきました。

 

1日目は、筑紫亭にてハモ料理を召し上がっていただきました。骨切りされたハモをしゃぶしゃぶでいただきます。また、タレが絶品です!

 

その後、中津の羅漢寺へ。日本国内の羅漢寺の総本山へはリフトに乗ります。リフトから見える景色が何とも言えないくらい綺麗です!傾斜が高く、ジェットコースターに乗った気分になります。高所が苦手な方でも景色がきれいなので楽しめると思います!

rakanji

こちらは羅漢寺の写真です。

rakanji2

有料ですが2階へ上がることも可能です。2階に上がると耶馬渓谷が一面に広がっています。

 

その後、小京都「日田」へ。

hita

日田・豆田町は天領として、また金融の街として栄えました。今でも残る市街地は国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。

 

2日目は某お茶のCMで有名になった鍋ヶ滝から観光スタートです!

nabegataki

天気が良ければ滝の裏側へ行くことができます。

 

そして小国のそば街道へ。暖かいものからスイーツまでそばを使った料理が提供されています。そば街道の名にふさわしく何件ものそば屋さんが軒を連ねています。

 

2日目の宿泊先は「アマファソン・オーベルジュ」です。

写真はホテル内の様子です。落ち着いた雰囲気がとても良いと人気のホテルです!

(ロビー)

amafulason

 

(レストラン)

resutoran

こちらはお部屋の写真です。

room

 

 

room2

またこのホテルの周りは阿蘇・くじゅうの自然が広がっています。

 

3日目、杵築の城下町へ。

kitsuki

写真のように坂と坂に挟まれた城下街ゆえ、サンドウィッチ型城下街と呼ばれています。杵築城を中心に据え、それぞれの坂の上、南北の高台に屋敷を構える武士たちは、その谷あいで商いをする商人たちの町を挟むように暮らしていたそうです。

 

その後、的山荘へ。

tekizansou

歴史的に重要な建物の中で食べる城下カレイは絶品です!また、御庭には皇族記念植樹が8本ござます。

 

ぜひ、グルメを巡るツアーへ足を運んでみてはいかがでしょうか。お問い合わせをお待ちしております!

 

★ただ今募集中のグルメツアーはこちら★
長崎ペーロン・みなとまつり花火大会と大人の高原リゾート雲仙から天草グルメ旅 3日間  7/26
夏本番!グリーン車で行くグルメ旅 関門海峡磯料理と料理自慢・壱岐海里村上 3日間 7/26
グリーン車で行くグルメ紀行 萩・関門海峡から熊本と観光列車おれんじ食堂 3日間 8/12
函館~横浜・飛鳥Ⅱクルーズと函館湯の川温泉・割烹旅館若松でいただく旬の味覚 3日間 9/29

この記事の投稿者 小田有希子