出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2017年08月07日

7/20発 「グリーン車で行くグルメ旅 関門海峡豪華磯料理と料理自慢の壱岐海里村上」添乗員:中嶋 秀章

 

皆様始めまして。大阪支店の中嶋と申します。

今回は7月20日から3日間で同行しました「グルメ旅 関門海峡豪華磯料理と料理自慢の壱岐海里村上」をご紹介いたします。

 

ツアーは往復ともにグリーン車利用で楽々♪
まずは、本州の下関市(山口県)と九州の北九州市(福岡県)を隔てる海峡『関門海峡』へ。

【門司港レトロ】
s_%e9%96%80%e5%8f%b8%e6%b8%af

関門海峡エリアの中でも人気の観光地『門司港レトロ』。古き良き時代と現代が融合した街。大正、昭和のモダンな建物が今でも残っており、当時の雰囲気が今でも感じられます。明治・大正期には中国大陸との貿易も盛んで、ヨーロッパの船も寄港していました。それ故いろいろな文化からの影響が見られ、門司港レトロの見所の一つとなっています。
写真は門司港レトロ展望室からの眺望です。高さ103mから関門海峡や眼下の門司港レトロの街並みが見渡せる絶景のポイントです。

 

【枕潮閣(チンチョウカク)】
s_%e6%b2%88%e6%bd%ae%e9%96%a3

創業明治33年創業、和布刈神社境内にある老舗『潮閣』。関門橋のほぼ真下に位置し、目の前に広がる関門海峡の絶景とともに、伊勢えびやアワビ、車エビやサザエ料理など豪快な海の幸の食事に舌鼓。こちらは、映画の撮影などにも使われたところです。

 

2日目は壱岐島へ。博多港からジェットフォイールで壱岐・芦辺港へ。

【壱岐島(イキシマ)】
玄界灘に浮かぶ歴史ロマンの島、壱岐島。島の歴史は古く、弥生時代の3世紀頃の日本を記した中国の歴史書三国志の魏志倭人伝に一支国と書かれているのは、この壱岐のことです。奈良時代には日本の国の中で、最も小さいながら一つの国として認められ、当時、国ごとに一つだけ設置される国分寺や安国寺がありました。遣隋使・遣唐使などは、この島を寄港地として往来し、大陸文化は対馬と壱岐を経由して伝わり、古来から大陸との架け橋となった島です。鎌倉時代には元寇(文永・弘安の役)で蒙古軍により二度わたり壊滅的な打撃をうけ、島にはその時の戦跡が数多く残っています。

 

【猿岩】
s_%e7%8c%bf%e5%b2%a9

黒崎半島のさらに先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩です。そっぽを向いた猿にそっくりで、気紛れな自然の造形に驚かされます。壱岐島誕生の神話によると、「壱岐の国は生き島である。神様が海の中でこの島をお産みになったとき、流されてしまわないようにと八本の柱を立てて繋ぎました。その柱は折れ残り、今も岩となって折柱(おればしら)といわれている」とあり、その八本の柱のひとつが猿岩です。

 

【海里村上(カイリムラカミ)】

壱岐では高級温泉宿『海里村上』に宿泊しました。

s_%e6%b5%b7%e9%87%8c%e6%9d%91%e4%b8%8a1 s_%e6%b5%b7%e9%87%8c%e6%9d%91%e4%b8%8a3

ロビーの目の前に広がる海は絶景です。

s_%e6%b5%b7%e9%87%8c%e6%9d%91%e4%b8%8a2

夕食は、目の前には海のすばらしい眺めを楽しみいただけるカウンター席でお楽しみいただきました。お部屋も広く、早めの到着で、ゆったりとお過ごしいただけました。

 

壱岐をゆったり楽しんだ翌日は、本島へ戻ります。船に乗り、佐賀の唐津へ。

 

【水野旅館】

s_%e6%b0%b4%e9%87%8e%e6%97%85%e9%a4%a82

唐津湾を望む2階で景色を楽しみながら、海の幸をお召し上がりいただきました。

s_%e6%b0%b4%e9%87%8e%e6%97%85%e9%a4%a8

 

帰りもグリーン車でゆったりとお寛ぎいただきながら新大阪へ。車内では旅の思い出話に華が咲いていました。
皆様、お疲れ様でした。暑い中の旅でしたが、いかがでしたでしょうか。御参加いただいたお客様にとって楽しい旅になっていれば、幸いです。また、御一緒できることを楽しみにしております。

 

ブログを読んで興味を持っていただいた方へ。
秋に訪ねる壱岐ツアーをご用意しております。

【首都圏発・関西発】10月15日、10月29日発 歴史ロマンの国境の島 壱岐・対馬で楽しむ古墳めぐり
10月15日発は催行間近です。

 

また、グルメ旅も多数ご用意しております!

【羽田発・伊丹発】10月22日、10月30日発 こもれび倶楽部 8組限定!温泉・食・癒し・紅葉 こだわり道南5日間
10月15日発は催行間近です。

【首都圏発】9月21日、10月3日、10月31日、11月21日発 富山湾の旬の味覚を楽しむ
9月21日、10月3日発は出発確定!

【関西発】9月26日、10月12日、10月26日、10月26日、11月8日、11月29日発 富山湾の旬の味覚を楽しむ
9月26日、10月12日、10月26日、10月26日、11月8日発は出発確定!

「富山湾の旬の味覚を楽しむ」コースは人気のため、ご予約集中しております。予約はお早めに!

 

ご予約お待ちしております。

この記事の投稿者 中嶋秀章