出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2017年10月16日

9/14発 日本のてっぺん 北アルプス乗鞍畳平・中央アルプス木曽駒千畳敷カール 添乗員:長坂萌葉

外へ出かけると、金木犀の香りに包まれる季節となりましたが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

季節は遡ってまだ残暑の9月に「日本のてっぺん 北アルプス乗鞍畳平・中央アルプス木曽駒・千畳敷」へ
行ってきました。

このツアーのポイントは、標高2,500m超えの2つの宿に宿泊することです! 星空にもっとも近い宿ともいえるでしょう。

1泊目は乗鞍・畳平の、標高2,702mにある銀嶺荘。
2泊目は標高2,612mにあるホテル千畳敷。
そしてそれぞれの宿から望むご来光も楽しみに、さっそくツアーへ出発です♪

はじめに向かうのは「上高地」。
大正池→田代池→ウェストン碑→穂高連峰の眺め→河童橋と、
ゆっくり散策を楽しみました!

img_9969 img_9976

 

img_0008

【河童橋】 空の青と山の緑が見事な絶景!!

上高地からスカイライン経由でバスを1時間ほど走らせるといよいよ銀嶺荘に到着。
バスで行ける、日本の最高所、2,702m!! 夕食の飛騨牛おいしかったな…♪

img_0059 img_0672
星をいつもより近くに感じながら、明日のご来光に向けておやすみなさい。

2日目。時刻は朝4時半、気温3℃、外は真っ暗。ご来光が望める大黒岳へ出発!
銀嶺荘から大黒岳の展望台まではゆっくり登って30分です。
段差の大きい砂利道を上がっていきます。手すりもないので大変でしたね。
これから挑戦する方は、防寒具・トレッキングシューズ・ライトがあると良いです。
あと熊よけの鈴もあると安心します(笑)

しかし寒さと戦いながら登った先には、本当に感動する景色が待っていました!
それがこちら!!!

img_0057

(ちなみに大黒岳の展望台は、風よけがあるだけで、お手洗い等一切ないのでご注意を)

宿出発までは、魔王岳の散策も楽しみました。
階段状に整備されていて、登りやすいです!

ホテル千畳敷へは、駒ヶ根バスセンターから山岳バスとロープウェーを乗り継いで。
深い霧を抜けて到着、標高2,612mのホテル千畳敷!

明日の天気があやしいので、千畳敷カールを前倒しで散策!
ツアーご参加の皆さま、ご提案くださってありがとうございました! 大正解でした♪

千畳敷カールを歩き始めると、さっきまであった霧がどんどん晴れていきました!
ミラクル!! 草花に目を向けたり、景色の写真を撮ったりして過ごしました。

img_0117  img_0109

 

img_0126 お楽しみの夕食!
私はいつもひと口食べてから写真を撮り忘れたことに気が付いて、
写真を撮り始めるので全部の食事写真が食べかけになってしまうんです。
そんな話をお客様にしましたら、皆さま、私が食べる前に写真を撮ったか聞いてくださって、たくさんご協力くださいました!
この写真があるのはお客様のおかげなのです(^^)

いよいよ最終日、朝5時半より、ホテルからご来光を望みます。
img_0131 残念ながら雲に隠れてしまいました。

しんしんと雨が降る中、ロープウェーを降りて、こまくさの湯へ。
早太郎温泉で温まって、旅の疲れを癒して頂けたかと思います。

img_0147  img_0151

旅の締めくくりはソースかつ丼で!

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!!

朝日旅行で秋のご旅行はお決まりですか?

★紅葉も始まり、旅のベストシーズン!まだお決まりでない方は下記をチェック★

首都圏発はこちらからどうぞ♪  関西発はこちらからどうぞ♪

 

★気軽な日帰り旅行もございます★

首都圏発はこちらからどうぞ♪  関西発はこちらからどうぞ♪

この記事の投稿者 長坂 萌葉