2015年6月24日発 中欧芸術紀行ブダペスト・ウィーン・プラハ 10日間  60代女性

とても良いコースだったと思いますが、スラブ叙事詩の絵(※)を見ることができなかったのは残念です。添乗員には親切にしていただき、おかげさまで楽しい旅になりました。満足した理由としてはコンサートのチケットの手配など事前の案内、準備をしていただいたこと、ホテル連泊や街をゆったり回るコースになっていたことがあげられます。

※プラハのヴェレトゥルジニ宮殿でミュシャの大作『スラヴ叙事詩』が展示されていますが、ギャラリー部分の壁が崩れたことにより、5/11から8月末まで修復工事が行われていることから現在クローズとなっています。作品自体には損傷が一切ありませんが、展示と来館者の安全を考慮しての措置です。