出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

日々業務に励むスタッフによる最新ブログ

耳より情報

2015年05月29日

一度は行きたい憧れのマチュピチュ遺跡へ

猛暑が続く日本の夏、南米ペルーは南半球にあるため季節は日本と逆で過ごしやすい時期です。

しかし逆といっても南米と聞くと暑いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実は標高が高いため涼しいぐらいで平均気温は約17度!

しかもマチュピチュ遺跡やクスコ、ウルバンバ渓谷など人気のみどころが集まっているアンデス山岳地帯は乾期のため、ほとんど雨も降りません。

晴天率が高く、旅の楽しみ方がぐっと広がる時期です。誰もが一度は行ってみたいマチュピチュ遺跡観光のベストシーズンなんですよ!
今回紹介させていただくツアーは、はじめて南米、ペルーに行かれる方にピッタリのツアーです。

やはり標高が高いと高山病の心配があって体力的に無理かなと悩んでいる方、高度順応を考慮した日程ですので安心してご参加いただけます。

青空の下、空中都市マチュピチュはもちろん、数々のインカの遺跡巡りや、古都の街歩きなど、ゆっくりじっくり楽しみましょう!

世界遺産マチュピチュ遺跡

世界遺産マチュピチュ遺跡

<関連ツアー>

ツアーコードNo.5010  はじめてのペルー マチュピチュと聖なるインカの谷 10日間

ツアー詳細は↑ツアータイトル↑をクリックしてご覧ください。

投稿:朝日インタラクティブ