出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

日々業務に励むスタッフによる最新ブログ

耳より情報

2014年05月12日

2011年5月12日 パティシエ?原 の内緒話

朝からケーキを食べ続けたのが評価されたのか、
フランスの国立製菓学校の修了証書を2枚も持っているパティシエ?原です。

お菓子作りは材料の計量が命。
目分量で良いのは「愛のエッセンス」だけです。
誰に食べてもらうかによっての「さじ加減」が大切です!

今回は「マカロン」のお話です。
マカロンは基本的には卵白・砂糖・アーモンドパウダーで作る焼菓子です。
フランス・ヴァロア朝時代の王 アンリ2世に嫁いだカトリーヌ・メディシスが
イタリアからレシピを持ち込んだとも言われています。
今ではフランスを代表するお菓子の一つとなっています。

昨今、日本でもパリ・スタイルのマカロン(2枚の生地の間にクリームやジャムを挟んだもの)を
よく見かけるようになりましたが、フランスでは地方特産の多くのマカロンがあります。
フランスへ旅をされる折には、お菓子屋さんを訪ねるのも楽しみのひとつです。

ところで、私は「マカロン」より、子供時代にポリポリ食べていた
半円球のピーナッツが入った「マコロン」が大好きです。
東京ではあまりみかけることがありませんが、
名古屋の「本田マコロン」は懐かしい味がして、とても美味しい!! 
是非、お試し下さい。。

原 一美

投稿:朝日インタラクティブ