出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

日々業務に励むスタッフによる最新ブログ

耳より情報

2011年06月17日

2011年6月17日 ♪クラシック音楽講座を開催しました♪♪♪

先週の火曜日に、大阪にあります大丸心斎橋劇場におきまして、「やさしいクラシック音楽講座」を開催いたしました。
当日は、関西フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者の藤岡幸夫氏を迎え、「クラシック音楽で巡る世界の旅シリーズ【北欧・ロシア編】」と題してお話と、その後に関西フィルハーモニーによるヴァイオリンやヴィオラ、チェロ、コントラバスの弦楽合奏ミニコンサートも行い、来場された方々はそのトークと音色に酔いしれておられました。

P1000640.JPG     P1000647.JPG  P1000645.JPG     P1000646.JPG

今回のお話の中で、特にノルウェー出身のエドヴァルド・ハーゲルップ・グリーグと、フィンランド出身のジャン・シベリウスについて熱弁されておられましたが、二人の共通点は共に祖国の自然をこよなく愛し、その豊かな自然そのものをイメージさせるメロディーにしたところというのを、改めて曲を聴いてみるとしみじみそう思う次第でした。
グリークは、専門用語は忘れましたが弦楽器の奏法の中で、冬から春にかけての雪解けを音で表したりもしているとのこと。

我々もお客様と北欧ツアーにご一緒した際、よくこの二人の曲をバスの中で流したりしておりました。グリークの曲はペールギュントでもお馴染みですが、そういえばあの壮大なフィヨルドの絶景にピッタリの曲が多いのもそのはず。ノルウェーの大地に根ざした叙情味溢れる作品が数多く残されているとのことでした。

%96k%89%A2.jpg  %83v%83%8C%81%5B%83P%83X%83g%81%5B%83%8C%83%93.jpg %83t%83B%83%88%83%8B%83h.jpg  %95X%89%CD.jpg
【写真左上:ガイランゲルフィヨルド 右上:リーセフィヨルド 左下:ソグネフィヨルド 右下:ニーガス氷河(いずれも昨年夏に撮影)】                                     

クラシック音楽にご興味のない方は是非一度北欧フィヨルドの旅へお出かけなさってみてはいかがでしょうか!?・・・きっとクラシック音楽が好きになって帰って来られると思いますよ。
まあそれはともかくとして、これらの名曲をバスの車内にしろ本物の大自然を目の当たりにして聴くのは、同じ曲でも自宅で耳にするのとはまた違って感じるはず。
ちょっと物価は高いかもしれませんが、その分の絶景が広がっていることは間違いなし!
ただし、アルコールをたくさん召し上がる方は要注意です。いつの間にか財布が空っぽ・・・になるかもしれませんので悪しからず。

それにしても弦楽合奏だけでも感動するものですね~
正直なところコンサートというと大勢の演奏を想像しておりました。今回は第1ヴァイオリンが3名、第2ヴァイオリンが2名、ヴィオラ2名、チェロ1名、コントラバス1名の計9名でのミニ演奏会でしたが、重厚感たっぷりで久々に感動を覚えた次第です。関西フィルの定期演奏会がわたくしの家の近くでも開催されるという話を耳にしましたので、これからは足を運んでみようかなと思っております・・・。

さて、北欧の旅に少しばかりご興味を持たれた方はこちらをご参照ください。クラシック音楽に目覚めた方はこちらまでお気軽にお問合せください。

最近遠距離の通勤にようやく慣れつつある大阪支店の渡辺でした。

投稿:朝日インタラクティブ