出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

日々業務に励むスタッフによる最新ブログ

耳より情報

2012年10月30日

2012年10月30日 2013年こそアムステルダムへ!

先日、ロンリープラネットが発表した“2013年訪れるべき街”
みなさまはご覧になりましたでしょうか?
私の大好きな街アムステルダムは、堂々の第2位
その嬉しさで第1位の街はどこだったのか忘れてしまったほどです。
(気になった方、申し訳ございません…。)

運河沿いに肩を並べるオモチャのようなレンガ造りの家々
その運河に幾重にも架かる橋が織り成す風景
ピカピカに磨いた窓から垣間見える人々の日常…
(オランダ人は基本カーテンを閉めませんので、あえて覗かなくても見えちゃうのです!)
 
【写真左:寄り添うように並ぶ可愛らしい家々/写真右:橋が織り成すリズミカルな美しさ©オランダ政府観光局】
美術好きな方なら、数ある美術館でのオランダ絵画鑑賞も外せませんね。
そうでない方も、ゴッホレンブラントなどオランダが誇る画家の作品を
現地で鑑賞したら、きっと感動していただけはずです!

美術館といえば、長らく本館の改装工事が続いていたアムステルダム国立博物館
2013年4月に、いよいよ全館グランドオープンすることが決定しました!
工事中はフィリップス棟に集められていたレンブラントやフェルメールなどの名画はもちろん、
修復期間中は見ることのできなかった作品など約8000点が生まれ変わった本館を彩ります。
喜びに沸くグランドオープンの年にこそ、訪ねたいものですね。

【写真:ちょっぴり狭そうに飾られていたレンブラントの大作『夜警』も、これからは本館で堂々と!©wikimedia】
その他にも2013年はアムステルダムを象徴する運河の建設が始まってから400周年
炎の画家ゴッホの生誕160周年&ゴッホ美術館開館40周年
コンセルトヘボウ・オーケストラも設立125周年を迎えます。
これらを記念した様々なイベントや催しも予定され
ますます魅力いっぱい、華やぐアムステルダムを訪ねるコースは現在作成中です。
「まだ」行っていない方も「もう」行った方も、2013年はぜひアムステルダムへ!
(東京海外旅行部・原川 瑞穂)

投稿:朝日インタラクティブ