出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

日々業務に励むスタッフによる最新ブログ

耳より情報

2012年03月16日

2012年3月16日 ベネルクス三国

今週はぽかぽかと過ごしやすい日が続いていますね。
ふっくらしてきた梅のつぼみを見るにつけ、心躍る季節の訪れに気分も高まります。
みなさま、もうすぐですよ!!
お出かけも楽しい季節です。

先日セミナーで、フェルメールセンター銀座の「フェルメール 光の王国展」へ行ってまいりました。
ここではフェルメール全37点のリ・クリエイト作品が一堂に展示されています。
描いた当時の色使いが再現されているとのことで、350年前にタイムスリップした気分を味わえました。
展示自体も描かれた時代順に配置されていたり、フェルメール作品に登場するアトリエが再現されていたり…7月22日までの開催ということなので、ご興味のある方は足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

そして銀座の後は、ちょっと足をのばしてぜひ浜松町まで(の名所もございます)。
フェルメールセンター銀座は、「実物を現地で見てみたい!」という気分にしてくれます。
世界中に散らばるフェルメール作品と出会いに、弊社のツアーで出かけませんか。
フェルメールの故郷デルフトを訪ねるベネルクス3国のコースもございます。

ベネルクスといえばベルギー・オランダ・ルクセンブルクの3国をさしますが、
どの国も小さいためツアーでは一度に周遊することが多いですね。
そのためどうしてもかけ足になってしまったり通過されてしまったりが多く、
あまりその良さを知られていない地域があります。
その代表が、ベルギー南部のワロン地方
首都ブリュッセルや運河の古都ブルージュなど北部を訪ねる旅は多いのに、
南部までじっくり訪ねる旅はなかなかありません。
しかし南部のワロン地方には、渓谷に佇む“世界一小さな町”デュルビュイや
ⓒOPT-JPRemy
断崖が印象的なムーズ川沿いの町ディナン、
ⓒOPT-JPRemy
アルデンヌの森に点在するロマンチックな古城など、
ⓒOPT-JPRemy
豊かな自然の中に見どころが満載!!
少人数&滞在型で楽しむ夏の人気シリーズ【ヨーロッパで過ごす夏の休日】でも、
今年はこのワロン地方を含めたツアーを企画中です。
パンフレットは4月上旬完成予定!!ぜひお問い合わせください。
(東京海外旅行部 原川 瑞穂)

投稿:朝日インタラクティブ