出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

日々業務に励むスタッフによる最新ブログ

耳より情報

2013年06月24日

2013年6月24日 星に導かれて訪れた北スペイン

北スペイン・バスクから聖なるサンティアゴ10日間のツアーに行ってまいりました。
この辺り、巡礼道にあたる一帯には美食の里が多く点在しています。
だいぶ前から食材豊かなスペインのお料理、特にタパス(小皿)やピンチョス(串で刺したもの)料理が注目されていますが、あらためて、新しい食材を使って、斬新な
盛り付けをするタパス(小皿)料理が脚光をあびています。

タパス料理レストランは、通常のツアー食事に取り込みづらいので自由食事の時に
ご案内させて頂くことが多いのですが、個人でも一度経験すると割合、お手軽に入れる
便利なレストランです。
例えるならば、日本のお寿司屋さんみたい。ガラス張りケース内にお料理が並んでいます。それを見て、次々に指差しながら注文していくだけ。お店の人が、伝票をつけているので、最後のお会計となります。なかなか楽しく、言葉の問題もなくいただけます!ただ、ついつい多くさん注文し過ぎてしまう点だけご注意。
お財布にはやさしくても、胃袋にキビシイことになってしまいます!

旅の楽しみには美味しい食事。また、このタパス料理を食べに北スペインへ
行きたくなりました!
最後に、このブログを読んで予約してくださった方に、今回行って美味し
かったお店名を記載しておきます♪
【レオンの街】 
LA TABERNA・・・ボディネス館前広場に面した横丁を入っていった
ローマ時代の遺構が残る家族経営のレストラン(サーブの時間はかかります)
【サンチャゴ・デ・コンポステーラの街】
  LA TABERNA DO BISPO・・このブログに載せた写真は全て
  このタパス・レストランのメニュー。カウンター席に座れば、指さしだけで注文が
出来ます。美味しいドゥエロのワインもお忘れなく!

“バスクから聖なるサンテチャゴ“コースは9月、10月共に募集中。
素敵なパラドールの宿泊設定されているツアーなので、迷っている方急がないと
お席がなくなってしまいますよ~

関連ツアー 
バスクから聖なるサンチャゴへ 10日間

上田 久美子

投稿:朝日インタラクティブ