夏のヨーロッパ音楽シーンの風物詩 湖上オペラ ♫オーストリア・ブレゲンツの湖上オペラ♫">
出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

日々業務に励むスタッフによる最新ブログ

耳より情報

2013年09月02日

2013年9月 2日 夏のヨーロッパ音楽シーンの風物詩 湖上オペラ ♫オーストリア・ブレゲンツの湖上オペラ♫

夏のヨーロッパ音楽シーンのひとつのハイライトは、野外オペラでしょう。
夕暮れの茜色の空に、夜の帳が下りはじめ、宵闇前の七色の輝きに彩られる時間に開演を迎える、天空と舞台が一体となって、客席をわたる宵の涼風をも効果に取り込む、ダイナミックな展開は、常掛の劇場では味わえないものです。
代表格は、古代ローマの競技場の遺跡をそのままオペラ劇場に設え、今年開催100年を迎えたイタリア・ヴェローナのアレーナでの野外オペラ、イタリアオペラの代表的作曲家プッチーニを顕彰したイタリア・トッレ・デル・ラーゴ・プッチーニ・フェスティバル、オーストリア・ウィーン郊外のノイジードル湖で行われるオペレッタの祭典メリビッシュ・フェスティバルなどが有名です。
今日は、有名な映画作品、007シリーズの最近の作品重要なシーンに組み込まれるなど、ここ数年、その視覚に訴える大胆な舞台装置と演出で注目と人気を集めている、オーストリア最西部の街、ブレゲンツで7月から8月に催されている湖上オペラをご紹介しましょう。
スイス、ドイツ、そしてオーストリアの国境を接するボーデン湖の東の端にブレゲンツの街はあります。


(写真左:・ブレゲンツの街の丘から臨むボーデン湖   写真中:ブレゲンツの街角で   写真右:湖上オペラの会場入口)

ローマ時代から交通、軍事の要衝として栄えてきた町は、今では、豊穣で滋味豊かな“ブレゲンツの森”を控えたヨーロッパ有数の保養の町として知られています。
今年の出し物はモーツァルトの代表的なオペラ作品『魔笛』でした。


(写真左:湖上オペラ、開演前の舞台   写真中:湖上オペラ上演風景   写真右:湖上オペラ、終演後のカーテンコール)

この音楽祭の為に設えられた特設会場には7000人が入れますが、今年も各回、満員の盛況でした。演奏は世界一流のオーケストラ、ウィーン交響楽団が務め、歌手は若手が中心ですが、ヨーロッパ各地の劇場で売り出し中の注目株が出演します。
百聞は一見にしかず。ぜひ来年、お越しください。朝日サンツアーズ“音楽の旅”でも、また取り上げます。

音楽の旅はこちらから!

東京海外旅行部
水谷 史

投稿:朝日インタラクティブ