出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

日々業務に励むスタッフによる最新ブログ

耳より情報

2014年05月28日

2014年5月28日 【夏の美の旅】話題の美術館シリーズ!第二弾!

昨日から美の旅担当者がお送りしている!夏の限定企画!
話題の美術館を巡る【夏の美の旅】!

第二弾は!!
【オランダ・ベルギー美術紀行 9日間】

デン・ハーグ マウリッツハイス王立美術館
2年間の修復を終え、この6月27日に再オープンします。
フェルメールの「真珠の首飾りの少女」は、この2年間に世界中をまわり、日本でも大きな話題となりました。久しぶりに本拠地に戻った“少女”をはじめ、同じくフェルメールの「ダイアナとニンフたち」「デルフトの眺め」、レンブラント「テュルプ博士の解剖学講義」「自画像」、ヤン・ステーン「大人が歌えば子供が笛吹く」「牡蠣を食べる娘」、カレル・ファブリティウス「ごしきひわ」などの傑作をご鑑賞いただけます。


アムステルダム国立美術館
昨年4月に、10年に及ぶ修復を終えてグランドオープンしました!
19世紀末に完成した当時の美しい天井やステンドグラスなどが蘇っています。この美術館では、レンブレントやフェルメールを始め、フランス・ハルス、ロイスダール、ヤン・ステーンといったオランダ黄金世紀と言われる17世紀の絵画をご覧いただけます。
オランダと言えばゴッホです!ゴッホの作品は、アムステルダム市内のゴッホ美術館、そしてクレラーミュラー美術館でご覧いただけます。


クレラーミュラー美術館
クレラーミュラー美術館はオッテルロー郊外の自然保護区デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内にあり、ゴッホ以外にも、スーラ、シニャック、ルドンなどの絵画を見ることができます。美術館周辺は彫刻公園となっていて、ロダン、マイヨール、デュビュッフェらの彫刻作品が置かれています。爽やかな風を感じながらの美術鑑賞をご体験ください。

明日は・・・
【アルザス・ロレーヌ美術紀行 9日間】
【北欧芸術紀行 8日間】
【フィラデルフィアとニューヨークの美術館めぐり 8日間】
を一気にご紹介いたします!

他にもテーマのある美の旅・音楽の旅ツアーはこちら♪

投稿:朝日インタラクティブ