出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2011年12月26日

[海外・首都圏/関西発]2012年に行きたい!!おすすめの旅 幸せに包まれた国 ブータン

〔本稿は会員誌『旅なかま』2012年1月号に掲載されたものです〕

etcetera_2012_01_bhutan_title.jpg

etcetera_2012_01_bhutan_ph01.jpg

ブータン国王夫妻の来日は心温まるニュースでした。

 ヒマラヤ山脈の東端に位置するチベット系の密教の流れを汲む仏教国。日本から遙か遠いブータンですが、民族衣装(男性はゴ、女性はキラ)は、日本の着物にも似ていて、より一層親近感を感じます。

 普段着のゴやキラはインドから入る布が主流になってしまったようですが、ブータンには伝統的な染めや織物があり、祭りごとには手縫いの味わい深く、美しいキラを纏う女性が多いです。

 大国に隣接しているブータンは、九州位の面積の国なので、つねに周りを意識せざるをえない立場に立たされ続けているのかもしれません。

etcetera_2012_01_bhutan_ph02.jpg

 それでも伝統を守り続け、傍から見ると自然環境の厳しい山国に見えますが、ブータン人の心の充実感を指標化した国民総幸福量は抜群に高いのです。きっとそこには、毎日の暮らしに贅沢なものを必要としない心の持ち主が、豊かな国を支えていることでしょう。

 自然豊かなブータンだけに、ハイキングにもおすすめです。国花ブルーポピーや珍しい高山植物も観察できます。薬草を使ったブータン料理も体に優しいです。

 ここ近年、ブータンへの渡航者が増えてきております。その数に合わせ、首都ティンプーや古都パロにも随分ホテルが増えました。それも外観ばかりではなく、観光客向けに立派なホテルが建立されております。しかし、一歩奥に入りますと、まだまだ快適とは言いにくい宿が多いです。しかしながら、こういった宿を営んでいる家族の心温まるおもてなしに触れると、シャワーのお湯が多少ぬるくても、心がとても温まるのです。

 ふところ深く慈悲深いブータンから学ぶことは多いです。   (東京・海外旅行部 大島 明未)
★★★★★関連ツアー
[関西発] No.BK10754 幸せの王国ブータン パロとタロのツェチュ(大祭)を楽しむ 9日間
[関西発] No.BK7411 「幸せの王国」花のブータンウォーキング 7日間
[関西発] No.BK74910 花咲くブータンを歩く 9日間
[関西発] No.BK74912 秘境ブムタンを歩く!中央ブータン探訪 11日間
以下、近日掲載予定
[首都圏発] 幸せの国ブータン 8日間

投稿:朝日インタラクティブ