出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2016年07月27日

添乗員おすすめ「世界の絶景」~叶谷真起子~

〔本稿は会員誌『旅なかま』2016年7・8月号に掲載されたものです〕
ご新規のお客様には見本誌を無料でお送り致しますので、こちらのフォームからお申込みください。その際、「旅なかま7・8月号希望」とご記入下さい。なお、部数に限りがございますので、お早めにお申込みください。
叶谷真起子と行く
アムステルダム・コンセルトヘボウとルツェルン・ピアノフェスティバル

叶谷真起子

音楽の旅に携わってから、いつも皆様の音楽に対する情熱を感じながら楽しく仕事をさせていただいております。これからもよろしくお願い致します。

ルツェルンの音楽シーンといえば、亡きクラウディオ・アバドが長年芸術監督を務めた夏の音楽祭が有名ですが、晩秋の11月にはピアノを中心とした音楽祭が開催されます。今年は11月19日から27日までの9日間に、期待の新星からベテランピアニストまでが集います。
皆様には、日本とも縁が深くNHKでピアノレッスンの講師を務めたこともあるポルトガル出身のマリア・ジョアン・ピレシュと、古典から20世紀の音楽までレパートリーの広さでも知られるオーストリア出身のルドルフ・ブッフビンダーの演奏会をお楽しみいただきます。また、オプショナルツアーでは、マレイ・ペライヤの演奏会(ベートーヴェン)もご用意しております。
そして、アムステルダム・コンセルトヘボウでは内田光子氏がマーラーチェンバロオーケストラ共演、モーツァルト協奏曲17番と25番を弾き振り。こちらも見逃せません。
日中の美術館巡りなども加えた、美と音楽の旅ピアノ編。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

(叶谷 真起子)

ピアノフェスティバルの会場KKL(外観)

ピアノフェスティバルの会場KKL(外観) 写真提供:Egle Kenneweg

内田光子

内田光子 写真提供:Roger Mastroianni

ツアーコード No.7611

東京発着

8日間
叶谷真起子と行く 深秋のアムステルダムとルツェルン
アムステルダム・コンセルトヘボウとルツェルン・ピアノフェスティバル
  • ルツェルンに4連泊し、湖畔のコンサートホールで連夜開催される世界レベルのリサイタルを鑑賞します。
  • 世界的に高い評価を受けている、内田光子さんがマーラーチェンバーオーケストラと共演、アムステルダム・コンセルトヘボウでモーツァルトの協奏曲を弾き振りするコンサートも鑑賞します。

東京発着出発日・旅行代金

11/21(月) 498,000円

  • (燃):目安額 4,400円(6/29現在)
  • (S) :90,000円(ダブル)
アムステルダム(2連泊)~ルツェルン(4連泊)

●ツアーの詳細はこちらから

投稿:首都圏発海外旅行担当