出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2016年07月28日

添乗員おすすめ「世界の絶景」~湯本 真弓~

〔本稿は会員誌『旅なかま』2016年7・8月号に掲載されたものです〕
ご新規のお客様には見本誌を無料でお送り致しますので、こちらのフォームからお申込みください。その際、「旅なかま7・8月号希望」とご記入下さい。なお、部数に限りがございますので、お早めにお申込みください。

湯本真弓と行く
心あたたまるポルトガルの旅

湯本真弓

私の好きな言葉「豪華絢爛」
今年は旅=豪華絢爛で決まり!世界各地で豪華絢爛探します。

かつて、ナポレオンは「ピレネーを越えたらアフリカ」と言っています。

ポルトガルはピレネー山脈を越え、ヨーロッパ大陸最西端に位置しています。まさにヨーロッパのアフリカ、しかも片隅っこの国。そんな片隅っこの国「ポルトガル」に豪華絢爛な王国が歴史を刻みました。

今回は、この豪華絢爛なポルトガル王国にタイムスリップしてみませんか?13世紀、ディニス王は結婚に際し、「オビドス村」を結婚の贈り物として王妃に贈りました。以来、「Wedding Present Town」と呼ばれ、19世紀までポルトガル歴代王妃の直轄となりました。城壁で囲まれた村、村の一番高い位置にオビドス城(現 ボサーダ)があります。女領主の気分を味わいながら城内で1泊し、城壁を歩いてみましょうか?イスラムとの戦いの中から、イスラムの伝統文化を吸収したポルトガル人。キリスト教会でありながらイスラム様式の装飾、食生活にもアラブ料理が入っています。2つの伝統文化の融合が豪華絢爛をさらに奥深いものにしています。さぁ、目で見て、舌で味わい、体で感じ、片隅っこの国「ポルトガル」で豪華絢爛を堪能しましょう!

「谷間の真珠」と称されるオビドス

「谷間の真珠」と称されるオビドス

(湯本 真弓)

ツアーコード No.4937

東京発着

8日間
歴史ある城館ホテル&ポサーダに宿泊
湯本真弓と行く 心あたたまる・ポルトガルの旅
  • 人も気候も温かなポルトガルを5つ星ホテルや城を利用したホテル「ポサーダ」などに宿泊しながら、じっくり巡ります。
  • ポルトガル発祥の地ギマランイスや古都ポルト、歴代ポルトガル王家の美しい夏の離宮が建つ地シントラなど、7つの世界遺産を訪ねます。

東京発着出発日・旅行代金

11/1(火) 398,000円

  • (燃):目安額 7,600円(6/29現在)
  • (S) :69,000円(ダブル)
ポルト(2連泊)~ブサコ(泊)~オビドス(泊)~リスボン(2連泊)

●ツアーの詳細はこちらから

湯本真弓と行く
優雅に行きたい極上のドバイ

どこまでもどこまでも、砂漠が続き、オアシスには砂漠の民の姿…その先に蜃気楼かと錯覚するような景色―高層ビル群の姿―あるんですよ、そんな景色がドバイには。砂漠の民の憧れは「水と緑」それらをすべて手に入れたのがドバイの民。
海岸沿いに住み、砂漠の中に通称「マジックガーデン」と呼ばれる花咲き乱れる庭園や巨大な人工島「パーム・アイランド」、世界最大級のショッピングモール「ドバイモール」の中には水族館顔負けの巨大な水槽があります。さらに、世界最大の噴水「ドバイファウンテン」と21世紀の英知を集め造られた「豪華絢爛」。どこまでも続く砂漠を4WDで走りぬけ、満天の星空を独り占めーそんな自然の豪華絢爛もドバイにはあります。アラブ人さながらの衣装に身を包んで夜になればなるほど賑わうスーク(市場)へ繰り出すのもドバイならではのアラビアンナイト。ギャンブル禁止・公衆の面前で飲酒禁止など治安面も世界最上級―ご心配なく。
砂漠の地平線に沈む太陽、摩天楼の夜景、コーランの声と共に陽が昇る…
そんな不思議な時空の中で自分だけの豪華絢爛を探しましょう。

砂漠の摩天楼ドバイ(イメージ)

砂漠の摩天楼ドバイ(イメージ)

(湯本 真弓)

ツアーコード No.5916

東京発着

6日間
新オープンのアブダビ「バブ・アル・カスール」とドバイの名門「セントレジス」に宿泊
湯本真弓と行く 優雅に行きたい・極上のドバイ
  • 5つ星ホテルに宿泊しながら、エキゾチックと最先端が同居するドバイの魅力に触れる旅です。
  • 世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」の展望台や美しい花々が彩る世界最大級の庭園「マジックガーデン」、砂漠でのバーベキューディナーなど見どころも盛りだくさんです。

東京発着出発日・旅行代金

1/26(木) 298,000円

  • (燃):かかりません(6/29現在)
  • (S) :98,000円(ダブル)
機内泊~アブダビ(泊)~ドバイ(2連泊)

●ツアーの詳細はこちらから

 

投稿:首都圏発海外旅行担当