出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2018年01月31日

第3弾 ☆三陸海岸・満喫の旅☆

ファンタジー・パワースポット・美食に絶景! 魅力いっぱいの岩手旅行記、最終回の第3弾! 北三陸をご案内します!

【みやこ浄土ヶ浜遊覧船】
img_0466 img_0420
国の名勝・浄土ヶ浜を出発して宮古湾を40分で周遊します。
国天然記念物・巨岩「ローソク岩」や「潮吹穴」、絶滅危惧種のクロコシジロウミツバメの繁殖地「日出島」などを間近にしながら、船内では素敵なマリンガイドさんの解説とともに絶景クルーズを楽しむことができます。

img_0440 img_0452
そして出航と同時にたくさんのウミネコが付いてきます!!
「ウミネコパン(船内で販売)」で餌付けチャレンジ!
投げ方が下手でもちゃんとパンをキャッチして食べてくれるウミネコたち、一生懸命付いてくるウミネコがとってもかわいい♪
この臨場感をぜひ体感してください!!

【北山崎】
img_0508 img_0529
高さ200mもの断崖絶壁が連なる大迫力の北山崎は「海のアルプス」とも呼ばれています。
駐車場から1番近いのが第1展望台。バリアフリーで歩きやすく、奇岩の数々を上から見下ろすことができます。

img_0498

img_0518 img_0565
第2展望台へは階段を降りていくことができますが、階段がけっこうきつい、そして海まで降りるとかなりきついです。帰りは登りになるので…約700段…!今回は体験しませんでしたが、サッパ船クルーズで北山崎大絶壁を下から仰ぎ見るのも楽しそうです!!

【朝の浄土ヶ浜散歩♪】
img_0610
宿泊は「浄土ヶ浜パークホテル」にお世話になりました。
浄土ヶ浜を望む高台に建ち、陽光に包まれる開放的なロビーからは宮古湾のパノラマが広がります。ソファに座っているだけで癒される~♪

img_0604
ホテルの過ごし方でおすすめは「朝の浄土ヶ浜散歩」です!ホテルから徒歩10分で浄土ヶ浜に降り立つことができます。
6時頃に行きましたが、人が少なく、というより、私たちしかいない!静かな浄土ヶ浜を堪能しました。
三陸海岸を代表する景勝地であり、国の名勝に指定された「浄土ヶ浜」。
江戸時代、ここを訪れた僧が「さながら極楽浄土のごとし」と感銘し名付けられたと言われています。

【三陸満喫】
<三陸鉄道>
img_0479 img_0487
トリコロールカラーがトレードマークの「三陸鉄道」!コロンとしたフォルムがとってもかわいいです♪
岩手県の三陸海岸を縦貫し、海岸線を駆け抜ける人気のローカル線!
2011年の震災を乗り越え、2014年に全線再開を果たしました。
そして2019年には「北リアス線」と「南リアス線」に分かれていたのが、1つに繋がります!

<さんままつり>
img_0470 img_0472
旬の秋刀魚が楽しめる宮古の秋の名物イベントです。
ラッキーなことに、宮古を訪れた日が開催日でした。
獲れたてのさんまは、今まで食べたさんまの中で1番美味しかったです!!

旅行中、三陸ではたくさんの方にお世話になりました。本当にありがとうございました!!

 

バックナンバーはこちら♪
第1弾はこちらをクリック☆夢のSL銀河に乗車☆
第2弾はこちらをクリック☆遠野で河童に出会う&釜石でおいしい夜☆

岩手県・三陸おすすめツアーはこちら♪
≪首都圏発≫北東北のプライドフィッシュ 北限のとらふぐと宮古・花見かき
≪関西発≫ 北東北のプライドフィッシュ 北限のとらふぐと宮古・花見かき

≪首都圏発≫ゴールデンウィークに行く 八甲田ホテルから陸中海岸・迫力の北山崎へ
≪関西発≫ ゴールデンウィークに行く 八甲田ホテルから陸中海岸・迫力の北山崎へ

 

他にもゴールデンウィークおすすめツアーがございます♪
≪首都圏発はこちら≫  ≪関西発はこちら≫

投稿:首都圏発国内旅行担当