出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2016年05月19日

“音楽の旅”2016年年末年始のラインナップ

〔本稿は会員誌『旅なかま』2016年5・6月号に掲載されたものです〕
ご新規のお客様には見本誌を無料でお送り致しますので、こちらのフォームからお申込みください。その際、「旅なかま5・6月号希望」とご記入下さい。なお、部数に限りがございますので、お早めにお申込みください。

「音楽の旅」2016年年末年始のラインナップ ベルリン・フィル プレ・ニューイヤーコンサート2015から (c)Holger Kettner

年末年始には、世界中で、一年を締めくくり新しい年を迎える節目としてお祝いされます。各地の劇場でも、この時期の特別な演目を用意して華を添えます。

サンツアーズの”音楽の旅”では、こうした格別な音楽会を鑑賞する年末年始のツアーを今年は4本ご用意します。
まずお勧めしたいのが、毎年恒例の《ドイツ・感動のジルベスター・コンサート》です。ベルリンとドレスデンで、年末恒例のオーケストラ・コンサートを2つと楽しいオペレッタを1つ、そして新年を寿ぐ、教会コンサートを1つお楽しみいただくコースです。
オーケストラ・コンサートは、世界最高峰のオーケストラ《ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団》年末恒例の『プレ・ニューイヤーコンサート』を首席指揮者サー・サイモン・ラトルの指揮で、古都の伝統と格式を誇るゼンパーオペラで、《シュターツカペレ・ドレスデン》『ジルベスター・コンサート』を首席指揮者クリスティアン・ティーレマンの指揮による演奏会を鑑賞します。この2つのコンサートは、毎年、ヨーロッパ中にテレビ中継されています。
大晦日の夜には、ゼンパーオペラで年末恒例のオペレッタ『こうもり』を鑑賞します。華やかで楽しい雰囲気を楽しんでいただいたあと、劇場内で、評判のレストランのケータリングによる”ガラ・ディナー”を召し上がっていただきます。
“ガラ・ディナー”の後、食後のカクテルを手にゼンパーオペラのテラスから眺めるエルベ川にあがる年越の花火と、新年一月一日に聖母教会で鑑賞いただくヘンデル『メサイヤ』もこのコースの大きなハイライトです。

クリスティアン・ティーレマン指揮 シュターツカペレ ドレスデン (c)Matthias_Creutziger
ヴェネツィアの運河に上がる年越花火 (c)Redentore_TheGrittiPalace

次に、今年の新コース《音楽の旅・ミラノとヴェネツィアで過ごす年末年始》です。このコースでは3つのハイライトをお楽しみいただきます。1つめは音楽です。オペラの国イタリアの代表的な歌劇場、”イタリアのプライド”ミラノ・スカラ座と、水の都ヴェネツィアの”不死鳥”フェニーチェ歌劇場で催される、年末年始恒例のバレエ公演とオーケストラコンサートを鑑賞します。煌びやかな内装で、ヨーロッパの古い社交場のスタイルの趣を色濃く残す歌劇場で鑑賞する公演は、また格別です。

ヴェネツィア フェニーチェ歌劇場(内観) (c)Michele Crosera

2つ目はお食事です。美食の国でもあるイタリアを訪れますから、現地と直接相談しながらレストランとメニューを吟味して、ほぼ全食をツアーに組み込みました。音楽とあわせて、お楽しみいただきたいと思います。
そして3つ目が”花火”です。ヴェネツィアの運河を華やかに彩る年越の花火は、年に一回だけのチャンスです。ヴェネツィアの街中に、この花火を観ようと世界中から人々があつまり、カウントダウンして新年を迎えます。音楽と美味しい食事、そして花火でミラノとヴェネツィアの年末年始をお楽しみください。

グランドホテル入口 (c)GRAND HOTEL VIENNA

もう一本、今年は新しいツアーを企画しています。普通の時期と同じくらいの料金で楽しめるコースを、というご要望にお応えする《音楽の旅・ベルリンとウィーンで過ごす年末年始》のコースです。ベルリン・フィルのプレ・ニューイヤーコンサートやウィーン・フィルのニューイヤーコンサートでなくても、オペラやコンサート、バレエなど様々な上質の音楽会が催されています。そうした音楽会を気軽に楽しんでいただくツアーです。
もちろん、毎年ご好評をいただいておりますコース《ウィーンで迎える2017年》を今年も企画いたします。滞在は、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートの会場である楽友協会から徒歩約3分の直近に位置する5つ星ホテル、ウィーン・グランドホテルです。全日空ホテルだったころの名残もあり、日本人の方々から、ウィーンで最も使いやすい5つ星ホテルとして知られるホテルに6連泊いただきます。
毎年催行しているコースですが、今年は日中の観光とお食事を、例年に比べて大きく見直しました。
世界で最も入手が難しいといわれるウィーン・フィルのニューイヤーコンサートのチケットは、別手配として承ります。この御席は確実に確保して、お申し込み順にお用意させていただきます。

(水谷 史)

【首都圏発】年末年始 音楽の旅のパンフレットが完成しました。
ご希望の方はこちらからご請求ください。

ツアー詳細はこちらからもご覧頂けます。

投稿:朝日インタラクティブ