出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2012年08月01日

2012年8月 1日 旅なかま8月号 アジアの風 ベトナムの小さな桃源郷

〔本稿は会員誌『旅なかま』2012年8月号に掲載されたものです〕
ご新規のお客様には見本誌を無料でお送り致しますので、こちらのフォームからお申込みください。その際、「旅なかま8月号希望」とご記入下さい。なお、部数に限りがございますので、お早めにお申込みください。

pickup_2012_08_vnm_title.jpg pickup_2012_08_vnm_title2.jpg

 ベトナムと聞くと、陶淵明の有名な詩『桃花源記』を思い浮かべる。陶淵明は言うまでもなく六朝の詩人であり、ベトナムとは直接関係ないが、私の中ではこのふたつは分かちがたく結びついてしまっている。ハノイ近郊で『桃花源記』そっくりの光景に出会ったせいだ。
 武陵の漁師が、川を遡るうちに桃の花咲く林に紛れ込んだ。さらに遡ると、川の源に洞窟があり、これをくぐると美しい村に出た。そこは遠い昔に世間から忘れられた人々が、平和に暮らす村であった。
 桃源郷という言葉の語源にもなったこの物語には、今もわれわれの心をとらえて放さない魅力がある。
 ニンビン省のとある村で、私は小舟に乗ったのだった。

pickup_2012_08_vnm_ph01.jpg

 ハノイ西部のホータイ省から南のニンビン省周辺は、石灰岩でできた奇峰の連なる山水画的な風景が続いている。ベトナムには世界遺産のハロン湾があって、海中に奇岩が林立する大景観を目にすることができるが、同じような地形は、実はベトナム北部の各地で見ることができる。

pickup_2012_08_vnm_ph02.jpg

 田園風景の中をのんびり揺られていくと、やがて前方に屏風のように立ち塞がる巨大な岩峰群が現れた。岩峰の基部には狭い鍾乳洞があって、小舟はその闇の中へ溶けるように入り込んでいく。そして暗闇を抜けた瞬間、私は陶然となった。
 そこには、ふしぎな世界が広がっていた。
 絶壁によって周囲から隔絶され、巨大な井戸の底のようにも感じられる空間。その底いっぱいに、青々とした水田が広がり、稲の間を細い水路が流れている。鍾乳洞を通ることなしには、決してたどり着くことができない世界。鍾乳洞は川に沿って三度も現れ、くぐりぬけるたびに異空間へと誘われた。

pickup_2012_08_vnm_ph04.jpg

pickup_2012_08_vnm_ph03.jpg

 このときの衝撃はいまだ忘れられない。タムコック(三つの洞窟)と呼ばれるこの場所は、種を明かせば、実はちょっとした観光地なのだが、そこはまさに私のイメージする『桃花源記』の世界そのものだった。
 私がベトナムと聞いて桃源郷を連想するのは、この風景を見たせいである。
 だが、それだけではない。ベトナムには、誰でも手に入れることのできる小さな桃源郷がある。
 それは、ホンノンボと呼ばれる独特の盆栽だ。
 この国では盆栽が大人気である。盆栽はもともと中国が発祥で、韓国や日本に普及したが、同じように東南アジアにも広がった。ベトナムには、われわれのよく知るタイプの盆栽のほかに、岩を主体として風景を作るふしぎな盆栽ホンノンボが普及している。
 ホンノンボとは、直訳すれば、”山の姿を表したもの”。大き目の鉢に水をはり、そこに岩を置いて、陶製のミニチュアをのせる。これにより海に浮かぶ孤島、もしくは山の姿が表現される。

pickup_2012_08_vnm_ph05.jpg

 のせるミニチュアは、山門や塔や東屋、民家などの建物のほか、さまざまな動物、漁師、樵、碁を打つ老人、水牛に乗る童子など、並べてみればまさに山水画の立体版という趣。さらには観音様や三蔵法師、孫悟空などもポピュラーである。盆栽というより見た目は箱庭に近いだろうか。本来主体であるはずの植物は、生えるに任せて、ラフな味わいになっており、おかげで、日本や中国のものと比べて、どこかユーモラスな雰囲気が漂うのが特徴だ。
 愉快なのは、全体を眺めているうちに、自分が小さくなってこの風景のなかを探検してみたいという子供じみた衝動が起きてくることだ。芸術性云々は抜きにして、誰でも見ればすっとその世界に入っていけるのが、ホンノンボ特有の親しみやすさである。
 ちなみにこのホンノンボ、ベトナム全土で見ることができるが、探してみると案外見つけにくい。ほとんどの場合、日本の盆栽同様、愛好家が自宅で育てているからだ。個人のものは、さすがに旅行者が手軽に見るのは難しい。
 それでも見たい場合は、公共施設の玄関前などに大きなものが置かれている場合があるし、最近ではカフェなどの装飾としても人気がある。
 狙い目は、道教寺院の庭。ホーチミンならばチョロンあたりが見つけやすい。
 ミニチュアだけなら、ハノイ近郊のバチャンでたくさん売られている。小さいものはひとつ3、40円ぐらいから手に入るので、ちょっとしたおみやげにいいかもしれない。
 さらにどっぷりこの世界にハマりたくなったら、ニンビンに行くといい。ニンビンはホンノンボに使う石灰岩の産地であり、道路沿いに多くのホンノンボ・ショップがある。私が小舟に乗って桃源郷に紛れ込んだのも、このニンビン近郊であった。

特に表記のない写真の提供は宮田珠己さんです。

pickup_2012_08_vnm_prof.jpg

関連ツアー
◆[首都圏発] 魅惑の越南(ベトナム)古都と世界遺産 11日間◆近日掲載予定◆
◆[首都圏発] 美しきダラットとメコンデルタの街々 9日間◆近日掲載予定◆

投稿:朝日インタラクティブ