出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2018年04月20日

<後編>旅のサイドストーリー ~旅人の心に添う 秘湯は人なり~

秘湯となった私たち≫

%e3%81%82%e3%81%99%e3%81%aa%e3%82%8d%e8%8d%98%e3%80%80%e9%9c%b2%e5%a4%a9 %e5%a4%a7%e4%b8%b8

初対面の日、朝日旅行の岩木一二三さんに衝撃的な言葉で迎えられてから、私たち山里の一軒家の宿主たちは、まるで岩木学校の生徒にでもなったかのように、彼の旅と宿の哲学に惹かれていきました。

「人は迷い、不安を抱えながら旅に出る。情けで応え、元気に日常に戻す宿であれ」
「訪れる一人一人に向き合えるように、部屋はむやみに増やさない」
「宿や温泉は地域の文化財。地域の自然を守り、日本の原風景を残す使命がある」

商業ベースの大量送客、大型旅行といった時流へのアンチテーゼもあったのでしょうが、そこにあるのは、「人」を思う気持ちと、当時の社会が忘れかけていた旅や宿の本質でした。そんな思いに応えられるのは、まさに私たちなのではないかという熱い気持ちにさせてくれたものです。そんな私たちに、岩木さんは、「秘湯」という造語を生み、この時、与えてくれたのです。

私たちは、5万分の1の縮尺地図を見ながら、全国津々浦々の人里離れた1200か所の小さな温泉宿を秘湯の宿候補として選び、加盟のお願いに回りました。ところが、「不便で小さな宿だと思われるので、秘湯とは呼ばれたくない」と、固辞する宿主も少なくありませんでした。
%e3%81%8b%e3%81%8e%e3%82%84-%e7%87%a7%e3%83%b6%e5%b2%b3%e3%81%a8%e6%b0%b4%e8%8a%ad%e8%95%89%e5%b0%8f
そんな中、1975年4月、「日本秘湯を守る会」が創立。わずか33軒の加盟宿での船出でした。
2年後、個々の宿では作成できなかったパンフレット代わりに、紀行文を集めた冊子『日本の秘湯』を刊行。その後、加盟数は徐々に増えましたが、宿はそれぞれに個性的で、規模も一様ではなく、一筋縄ではまとまりません。定期的に勉強会や会合を開き、苦労話を聞き合い、励まし合い、笑い、酒を酌み交わしながら交流を深めました。単なる宿泊施設ではなく、地域の文化財としての誇りや、人間性を回復させる活動、という思いを共有できからこそ、厳しい環境や経営状況を共に乗り切ることができたのだと思います。
070809_%e3%81%82%e3%81%99%e3%81%aa%e3%82%8d%e8%8d%98_%e7%a4%be%e9%95%b7_103
今や「秘湯ブーム」の真っ盛り。逆に「交通の便が良過ぎる」「人が多すぎる」などの声も耳にするほどです。時代とともに人々の嗜好や流行は移ろいます。そのことを私たちは身をもって体験してきました。だからこそ、今、岩木さんの残した言葉や会の理念を思い起こし、その本質を次世代にしっかりとつなげていきたいと思うのです。
「旅人の心に添う 秘湯は人なり」。
pgtitle01

日本秘湯を守る会の会員宿に宿泊するツアーをご紹介します。

◇首都圏発はこちら / ◆関西発はこちら

 

来る5月11日(金)に、講演会「日本の秘湯と里山の自然」座談会「女性が行きたい秘湯とは?」の2部構成でのイベントを、東京・有楽町の有楽町朝日スクエアにて開催します!
人気の「秘湯の宿」館主たちと、秘湯に精通した旅行作家・野添ちかこさんが登壇します。

※参加は無料ですが、会場の都合で、事前予約が必要です。
■満席になり次第受付を終了します。イベントの詳細、参加お申込みはこちら>>> 

 

 

投稿:首都圏発国内旅行担当