出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2018年11月20日

10/17発 「紅葉の蓼科白樺高原と上高地帝国ホテルと和のリゾート 扉温泉・明神館」添乗員:小田 有希子

急に寒くなりましたが、体調など崩されてませんか。

少し前になりますが、紅葉を迎えた信州の上高地と蓼科高原に同行しましたので、ご紹介します!

 

この旅は、紅葉はもちろんですが、宿泊場所にもこだわったツアーです。1泊目は憧れの上高地帝国ホテルに宿泊しました。今回は約23時間の滞在。滞在中はゆったりと各自で上高地を満喫いただきました。上高地帝国ホテル周辺は、自然に囲まれ、この時期は紅葉真っ盛り。

上高地帝国ホテル

あいにくの曇り空でしたが、穂高連峰や焼岳が紅葉を迎え、散策路も黄金色に彩られていました。

穂高連峰

焼岳

田代池

上高地帝国ホテルは、日本で初めての山岳リゾートホテルとして1933年に誕生し、今年で開業85年を迎えます。

上高地はスイス・グリンデルワルトと姉妹都市を結んでおり、ホテル内のロビーは「グリンデルワルト」といいます。中央にそびえるマントルピースは夕方5時にスタッフによる上高地帝国ホテルの歴史話とともに、火が灯されます。ロビーに火のぬくもりが入ると、豪華なディナーが始まります。本日の夕食は帝国ホテル伝統の味を堪能できるフランス料理をお楽しみいただきました。

ロビー「グリンデルワルト マントルピース」

開業当時の様子

上高地帝国ホテル フレンチディナー(イメージ)

上高地帝国ホテル 朝食

翌日もお昼までは自由行動!とことん上高地を満喫いただきました。往復約2時間かかる明神池まで歩かれた方もいらっしゃいました。上高地は紅葉を終えると一旦お休みとなり、春の訪れとともに開業します。

 

午後からは安曇野にある、安曇野ちひろ美術館を見学しました。子供をテーマに生涯描き続けた、いわさきちひろさんの代表作や絵本の原画などが展示されています。

安曇野ちひろ美術館

 

美術館を後に、一路は細い山道を進むと現れる隠れ宿、扉温泉・明神館に宿泊します。手のこった和食会席と種類豊富な温泉を満喫いただきました。夜の立ち湯は、目の前の自然がライトアップされ、自然美と温泉が楽しめます。

扉温泉 明神館 外観

明神館 ロビー

明神館 和食会席(イメージ)

立ち湯

 

3日目は紅葉の名所・蓼科へ。御泉水自然公園で紅葉散策をしました。散策の最後に少し雨が降ってきましたが、山頂駅からは女神湖と紅葉美が楽しめました!

御泉水自然公園 ビジターセンター

紅葉に彩られた御泉水自然公園内

御泉水自然公園 展望テラスからの眺め

昼食は女神湖を望む、ホテルアンビエント蓼科で洋食をいただきました。景色の良い中での食事は格別です♪

ホテルアンビエント蓼科から眺め

ホテルアンビエント蓼科 ランチ

帰りは、塩尻駅より東京班と大阪班と別れての帰宅となりました。大阪班は新幹線が延着となり、お疲れになったことと思います。3日間、ありがとうございました。

 

紅葉が終わると、平成最後のお正月です。今年のお正月はお決まりですか?
お正月の旅はこちらより♪ 首都圏発 / 関西発

和のリゾート 扉温泉・明神館 宿泊ツアーはこちら♪
首都圏発・関西発 上質の一人旅 別所温泉・花屋と扉温泉・明神館

席が満席間近のコースもございます。ご予約はお早めに!
ご予約お待ちしております。

この記事の投稿者 小田有希子