出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

添乗員による最新の添乗報告

添乗員ブログ

2018年10月19日

10/7発 紅葉の渓谷を歩く チェコ・ボヘミアハイキング 添乗員:池田 拓也

最近はすっかり秋めいてきた天気で日中も過ごしやすい気候となってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

10/7より8日間、チェコハイキングへの旅の添乗をさせていただきました。今年の新企画のツアーでしたが、たくさんのお客様にお集まりいただき、大阪と東京から同日催行とさせていただきました。

関西国際空港と成田空港より空路でそれぞれ欧州区間を乗り継ぎ、プラハ空港へ。初日は、そのままホテルへチェックインさせていただきました。

ご宿泊は、プラハの旧市街地区に位置する5つ星ホテルグランディオールホテルプラハ6連泊です。

          

 

翌日はプラハ市内観光へとご案内いたしました。まず、聖ノルベルトが1120年に創立したフラドッチャニ区にあるストラホフ修道院の展望台から、赤色の屋根が美しい世界遺産の街並みをご覧いただきました。

次に、プラハ城内に位置する司教座聖堂で、チェコのゴシック建築の代表でもある聖ヴィート大聖堂でミュシャの手がけた美しいステンドグラスなどご覧いただきました。

          

 

フランツ・カフカが1年間執筆していた家もある黄金の小道を抜けて、カレル橋へと向かいます。全長約520mある橋の上には全部で30体の聖人像が並んでいて、聖ヤン・ネポムツキー像の銅板に触れると幸運が訪れると言われています。

ご昼食は、ビアレストランにてお召し上がりいただき、午後はプラハ旧市街散策をいたしました。
世界的にも名高いアールヌーヴォー様式の市民会館や、修復や増築を繰り返し、600年以上も経った今もなお時間を刻んでいるプラハの天文時計などへとご案内いたしました。

        

 

ご夕食は、市民会館1階にあるFRANCOUZSKA RESTAURACEへご案内いたしました。ピアノの生演奏をお聴き頂きながら、チェコビールと鴨肉のローストをお楽しみいただきました。

翌日はプラハより北に約130kmほどの距離にあるフジェンスコのチェスケーシュヴィーツァルスコ国立公園にてハイキングです。今回パンフレットの写真にも掲載しているプラヴチツカ門は砂岩で出来ているヨーロッパ最大の天然の石橋で、自然のモニュメントになっています。約14.6kmの長距離のハイキングで、所々色付いている紅葉をご覧いただけました。

   

 

また、途中舟下りへ2回乗船し、美しい渓谷に流れる川を眺めながら、様々な自然をお楽しみいただきました。

    

 

4日目は、プラハより西に約130kmにある温泉保養地カルロヴィ・ヴァリへ。世界的に有名な温泉地で、ネオルネッサンス様式のコロナダ(飲泉所)がいくつか設置されています。 長い回廊と美しい格天井が魅力的な飲泉所は各々温度や湯量が異なり、現地では名産の陶器で温泉がお飲みいただけます。

    

 

映画グランドブダペストホテルのモデルとも言われている豪華なグランドホテルパップでランチをお召し上がりいただきました。

   

 

自由散策のお時間では、名物の温泉せんべいや薬草のリキュールなどお買い物もお楽しみいただきました。その後プラハへ戻り、ペトシーンの丘の上にあるレストランネボジーゼクにて、プラハの美しい夜景を眺めながら、ご夕食をご満喫いただきました。

    

 

5日目は、プラハより北西へ約160kmほどの距離にあるスニェシュカ山で2回目のハイキングです。チェコ最高峰のスニェシュカ山は、クルコノシェ山脈の中に形成された三角錐状の山で、山頂はポーランドとの国境にまたがっています。 今回は強風のため途中の中間駅から山頂へ目指すことはできませんでしたが、素晴らしい天気に恵まれ、秋の山々を遠くまで見渡せました。

   

 

6日目は、ご夕食まで自由行動でしたが、今回オプションプランとして、ミュシャと贅沢なランチを楽しむコースをご希望の方へご案内いたしました。 チェコの国民的画家アルフォンス・ミュシャのミュシャ(ムハ)美術館へご案内させていただき、小泉純一郎元総理も訪れたことのあるウ・モドレー・カフニチュキ1にてランチをお召し上がりいただきました。午後は、市民会館にてスラブ叙事詩の見学です。ミュシャが1910年から18年間手掛けた壁画サイズの一連の作品はとても見応えのあるものでした。

   

 

最後のご夕食は、皆様でヴルタヴァ川にてディナークルーズへとご案内いたしました。アコーディオンの生演奏を聴きながら、優雅なお時間をお楽しみいただきました。

   

 

プラハではちょうど紅葉の色づき始めで、天候も良く、ボヘミアの秋とチェコ料理をご満喫いただけるコースでした。

今回のツアーは来年の春と秋にも設定を予定しております!10月末ごろに来年度のハイキングパンフレットが完成いたしますので、是非ご希望の方はお問い合わせください!

【成田・羽田・関空・伊丹発】アジア・北中南米・オセアニア ~観光・ハイキング&自然観察~

この記事の投稿者 非公開: 池田拓也