出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

日々業務に励むスタッフによる最新ブログ

耳より情報

2020年02月12日

【国内版】”本日”催行決定した講座型の山旅11コースを紹介します!

 


■催行決定一覧■

▼内炭孝夫ガイド  ▼山本道夫ガイド  ▼杉井胤水ガイド  ▼笹原芳樹氏


 

内炭孝夫ガイド同行ツアー

【近畿圏 /阪急芦屋川駅前発】
出発日:2020年3月20日(金)  目的地:兵庫
内炭孝夫ガイドの槍ヶ岳塾ステップ1(その1)
体力診断トレッキング 六甲山から有馬(レベル3~4) 日帰り

槍ヶ岳登頂のための体力は?
槍を目指さない方も今夏アルプスを目指すならぜひチャレンジ!

第1回は体力診断トレッキングとして六甲山を縦断します。芦屋川から魚屋道を通って六甲最高峰、そして有馬温泉へ。
憧れの槍ヶ岳に登頂するには、そもそも登山体力はどれ位必要か確認、そして冬の間に少々なまった身体を再起動させる機会です。合わせて、疲れにくい歩き方、岩場などでの足運び、高度順応の方法など、 槍登頂のために必要となる体力・知識・技術についても解説いたします

内炭孝夫ガイド
1959年京都生。
(公社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(関西山岳ガイド協会所属)
ガイドブックの執筆や数々のTV番組に出演する関西を代表するプロガイドのひとり。気さくで親しみやすいガイドスタイルが人気です。

 


【近畿圏 /比叡山坂本駅前発】
出発日:2020年4月11日(土)  目的地:兵庫
内炭孝夫ガイドの槍ヶ岳塾ステップ1(その2)
体力診断 比叡山千日回峰行の道(レベル3~4)日帰り

槍ヶ岳に登るための体力は?第1回ではまず現状の体力診断です

第1回その2は、京都方面の方もアクセスしやすい「比叡山千日回峰行の道」で体力診断。3月に六甲から有馬コースを歩かれた方もトレーニングとしてぜひご参加ください。疲れにくい歩き方や足運び、高度順応の方法など、 槍登頂のために必要となる体力・知識・技術についても解説いたします。槍ヶ岳を目指す目指さないに関わらず今年の「山歩き始め」としてもご活用いただけます。

内炭孝夫ガイド
1959年京都生。
(公社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(関西山岳ガイド協会所属)
ガイドブックの執筆や数々のTV番組に出演する関西を代表するプロガイドのひとり。気さくで親しみやすいガイドスタイルが人気です。

 


【近畿圏/新大阪駅・京都近鉄竹田駅発】
出発日:2020年5月16日(土)  目的地:滋賀
内炭孝夫ガイドの槍ヶ岳塾ステップ2
大摺鉢から比良最高峰・武奈ヶ岳【レベル4】 日帰り

講師:内炭孝夫氏 テーマ:ロングルートを歩く

比良山系最高峰・武奈ヶ岳に西麓のガリバー旅行村から登ります。少々歩き応えのあるロングルートで脚力チェックです。

内炭孝夫ガイド
1959年京都生。(公社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(関西山岳ガイド協会所属)
ガイドブックの執筆や数々のTV番組に出演する関西を代表するプロガイドのひとり。気さくで親しみやすいガイドスタイルが人気です。

 


【近畿圏 /阪急宝塚駅発】
出発日:2020年5月24日(日)  目的地:兵庫
内炭孝夫ガイドのスキルアップ講座
岩場・鎖場など難所の通過技術を学ぶ 蓬莱峡(レベル3) 日帰り

アルプスを目指せばいずれ必ず出会う、岩場・鎖場。苦手意識を克服し、安全に余裕をもって岩場を歩けるよう、足運び・手運びを学びます。オフシーズンにこそおすすめしたいスキルアップ講習です。
※クライミングではありません。普段の登山の装備・服装でご参加ください。ヘルメット・カラビナ・スリング等をご準備ください。

内炭孝夫ガイド
1959年京都生。
(公社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(関西山岳ガイド協会所属)
ガイドブックの執筆や数々のTV番組に出演する関西を代表するプロガイドのひとり。気さくで親しみやすいガイドスタイルが人気です。

 


【近畿圏 /新大阪駅・京都近鉄竹田駅発】
出発日:2020年6月21日(日)  目的地:福井
内炭孝夫ガイドの槍ヶ岳塾ステップ4
敦賀三山 岩籠山【レベル4】 日帰り

テーマ:変化に富む道・足運びの実践

徒渉を経て、雄大な展望が広がる山頂、そしてインディアン平原へ。野坂岳、西方ヶ岳と並ぶ、敦賀三山のひとつです。変化に富むルートで足運びを学びます。

内炭孝夫ガイド
1959年京都生。
(公社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(関西山岳ガイド協会所属)
ガイドブックの執筆や数々のTV番組に出演する関西を代表するプロガイドのひとり。気さくで親しみやすいガイドスタイルが人気です。

 


 

山本道夫ガイド同行ツアー

【近畿圏 /新大阪駅発】
出発日:2020年4月18日(土)  目的地:奈良
桜の屏風岩公苑から住塚山・国見山(レベル3) 日帰り

山本道夫ガイドの「黒部五郎&南アルプス塾」4月

幅2km、高さ200mの断崖絶壁・屏風岩を見上げて国見山から住塚山まで縦走です。室生火山群の見事な展望が広がります。山すそ一面にヤマザクラが咲き始めます。

山本道夫ガイド
日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド。関西山岳ガイド協会所属。
六甲山から始まり、フリークライミング、テレマーク、沢、冬季アルプスでのクライミングと分け隔てなく実践。登山技術は関西でも指折りながら、親しみやすく丁寧でやさしいガイディングが魅力のガイド。

 


【近畿圏 /新大阪駅・神戸発】
出発日:2020年5月9日(土)  目的地:兵庫
クリンソウ咲く多紀アルプス
関西百名山・三岳から小金ヶ岳【レベル4】 日帰り

山本道夫ガイドの「黒部五郎&南アルプス塾」5月

篠山市の北部、東西20キロ連なる山脈「多紀アルプス」。その主峰が三岳。クリンソウ群生地を訪ね、迫力ある岩場を抱く小金ヶ岳を経る縦走路です。

山本道夫ガイド
日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド。関西山岳ガイド協会所属。
六甲山から始まり、フリークライミング、テレマーク、沢、冬季アルプスでのクライミングと分け隔てなく実践。登山技術は関西でも指折りながら、親しみやすく丁寧でやさしいガイディングが魅力のガイド。

 


 

杉井胤水ガイド同行ツアー

【近畿圏 /新大阪駅・京都近鉄竹田駅発】
出発日:2020年4月28日(火)  目的地:滋賀
〈女性限定〉登山教室PLUS 4月
高島トレイル・乗鞍岳から猿ヶ馬場【レベル4】 日帰り

<4月>テーマ:救助要請の方法

2020年夏の「白馬三山縦走」を目指して、体力を維持し、ステップアップする月例の「女性限定登山教室PLUS」。女性限定登山教室の受講を1年終えられた方におすすめの中級者向けシリーズです。

今回は、中央分水嶺・高島トレイル起点、国境・愛発越(あらちごえ)から歩き始めます。福井の山々や琵琶湖を望む快適な尾根歩き。足元に愛らしいカタクリが顔を見せる頃。芽吹きのブナ巨木群のある猿ヶ馬場を経て黒河峠へ。

杉井胤水ガイド
(公社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(関西山岳ガイド協会所属)。NZミルフォードトラック現地スタッフの経験を持つ。帰国後、登山ツアーリーダーとして日本全国の山々を案内。冬はスキーパトロール。2018年北米最高峰Mt.デナリ(6190m)登頂。好きな国内の山域は南アルプス。

 


【近畿圏 /新大阪駅発】
出発日:2020年5月19日(火)  目的地:兵庫
〈女性限定〉登山教室PLUS 5月 兵庫・氷ノ山【レベル4】 日帰り

<5月>テーマ:脚力チェック 足がつらないためにできること

2020年夏の「白馬三山縦走」を目指して、体力を維持し、ステップアップする月例の「女性限定登山教室PLUS」。女性限定登山教室の受講を1年終えられた方におすすめの中級者向けシリーズです。

今回は、兵庫県最高峰、氷ノ山に登ります。山頂から東尾根へ雄大な展望を楽しみ周遊します。

杉井胤水ガイド
(公社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(関西山岳ガイド協会所属)。NZミルフォードトラック現地スタッフの経験を持つ。帰国後、登山ツアーリーダーとして日本全国の山々を案内。冬はスキーパトロール。2018年北米最高峰Mt.デナリ(6190m)登頂。好きな国内の山域は南アルプス。

 


【近畿圏 /新大阪駅・京都近鉄竹田駅発】
出発日:2020年6月20日(土)  目的地:滋賀
〈女性限定〉登山教室PLUS 6月 滋賀・百里ヶ岳【レベル4】 日帰り

<6月>テーマ:脚力チェックと夏山装備

若狭と近江の国境で高島トレイルの一角、ブナの森に包まれる百里ヶ岳。夏山シーズンを前にロングルートで脚力チェックです。

杉井胤水ガイド
(公社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(関西山岳ガイド協会所属)。NZミルフォードトラック現地スタッフの経験を持つ。帰国後、登山ツアーリーダーとして日本全国の山々を案内。冬はスキーパトロール。2018年北米最高峰Mt.デナリ(6190m)登頂。好きな国内の山域は南アルプス。

 


 

笹原芳樹氏同行ツアー

【首都圏/新宿駅西口発 】
出発日:2020年6月23日(火)  目的地:長野
長野県 国の天然記念物
見事なレンゲツツジ咲く湯ノ丸山(レベル2) 日帰り

「楽しい山歩き」講師:笹原芳樹氏(登山家)

ツツジ平のレンゲツツジ群落は国の天然記念物にも指定。山肌一面を染め上げる絶景を求めて、2000m峰・湯ノ丸山へ。

講師:笹原芳樹氏(登山家)
登山用品の専門店カモシカスポーツ本店元店長として登山用具に精通し、道具や山に関する著書や記事も多い。現在、日本山岳・スポーツクライミング協会国際常任委員、東京都山岳連盟海外委員、日本ヒマラヤ協会会員。著書に『中高年登山学Q&A』(NHK出版)、『体験的山道具考』(山と渓谷社)など。

 

 

ページトップへ戻る

投稿:WEB管理担当