出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

日々業務に励むスタッフによる最新ブログ

耳より情報

2020年02月14日

【海外版】2/7~2/14までに催行決定したツアー8コースを紹介します!

 


▼催行決定一覧▼


首都圏・関西発


―5年に一度、今年で18回を迎える歴史あるコンクール―

第18回 ショパン国際ピアノコンクール・ファイナル観戦 9日間


出発日:2020年10月16日(金)   目的地:ポーランド


■《エリザベート王妃国際音楽コンクール》、《チャイコフスキー国際コンクール》とあわせて、世界3大ピアノコンクールと呼ばれ、“ピアノの詩人”ショパンの作品演奏に特化したコンクールとしても有名な「ショパン国際ピアノコンクール」

【ツアーポイント】
①予備、1次、2次、3次と、1か月にわたって厳しい審査を勝ち抜いた、ファイナリスとがピアノ協奏曲を課題曲として最終審査に臨むファイナル観戦コース。
②長い厳しい戦いを勝ち抜いた入賞者に与えられる栄誉のひとつ入賞者記念ガラコンサートも鑑賞!

 


首都圏・関西発


―5年に一度、今年で18回を迎える歴史あるコンクール―

第18回 ショパン国際ピアノコンクール・3次予選観戦 8日間


出発日:2020年10月12日(月)   目的地:ポーランド


■《エリザベート王妃国際音楽コンクール》、《チャイコフスキー国際コンクール》とあわせて、世界3大ピアノコンクールと呼ばれ、“ピアノの詩人”ショパンの作品演奏に特化したコンクールとしても有名な「ショパン国際ピアノコンクール」

【ツアーポイント】
第3次審査では、その課題曲として、ショパンが50曲以上作曲したポーランドの有名な民俗舞踏、舞曲“マズルカ”の作品群と、ソナタ、前奏曲の指定曲のほか、出演者の自由選択によるショパンの作品を一曲、演奏することになっています。マズルカは、第2次審査の課題となったポロネーズとは対照的な、繊細でいて変幻な自在な表現に、弾く人のショパンへの深い理解と確かな技量が求められるといわれます。また、自由曲に何を選択するかは、出演者の想いを映すものともいわれます。

 


首都圏・関西発


出発日:2020年8月23日(日)   目的地:オーストリア


【ツアーポイント】
夏に一番の盛り上がりを見せるザルツブル ク音楽祭と壮大な舞台のヴェローナ、二つ の音楽祭を巡りましょう。ザルツブルクで は今最も熱い注目を浴びているテオドー ル・クルレンティスが率いるムジカエテル ナ演奏による新制作の『ドン・ジョバンニ』 とこちらも新ステージングの『魔笛』を鑑 賞、ヴェローナでは『ナブッコ』『アイーダ』 と見ごたえある4つのオペラを鑑賞する決定版!

 


首都圏・関西発


―国立歌劇場にてモーツァルトオペラ3演目―

珠玉のモーツァルト 7日間


出発日:2020年5月26日(火)   目的地:オーストリア


【ツアーポイント】
モーツァルトのオペラの中でもダ・ポンテ3 部作として名高い『コジ・ファン・トゥッテ』 『ドン・ジョヴァンニ』『 フィガロの結婚』を ウィーン国立歌劇場で鑑賞します。宿泊は5ツ星ホテル「ブリストル」に5連泊。
モーツァルトはバロックからフランス革命に至 る時期をウィーンで過ごし、それは彼の生 涯で最も実りの多い、充実した歳月となり ました。ウィーンのそこかしこに残る、モー ツァルトの足跡を辿る旅へ!

 


首都圏・関西発


―ウィーン・フィルによるベートーベン生誕250周年記念演奏会―

楽聖ベートーヴェンの道 8日間


出発日:2020年5月22日(金)   目的地:オーストリア


【ツアーポイント】
楽聖ベートーヴェンととて も縁の深いウィーン。生誕 250年を祈念する特別プロ グラムが、世界最高峰のコン サートホール“楽友協会大 ホール《 黄金の間 》”を舞台 として組まれました。5月か ら6月にかけて、これも世界 最高峰のオーケストラ、ウィーン・フィルハー モニー管弦楽団がネルソンスと組んで交響曲 全曲演奏会を、また同じ時期に、巨匠バレンボ イムがピアニストとして、ベートーヴェンのソ ナタ・プログラムでリサイタルを催します。 春のウィーンでベートーヴェン縁の地を巡り ベートーヴェン一色に染まるツアーです!

 


首都圏・関西発


―世界遺産 高句麗を深く知る旅―

田中俊明氏同行 集安・桓仁の高句麗遺跡 8日間


出発日:2020年5月12日(火)   目的地:中国


【旅のお誘い】
高句麗の前期・中期の王都の地を訪ねます。途中に 清朝発祥の地永陵とヌルハチの居城老城に寄ります。桓仁は高句麗発祥の地で、最初の都が五女山城の下にありました。頂上まで登り、建物址・城壁を確認し、前期の都の全体を見ます。集安は中期の都で、高句麗遺跡の宝庫です。広開土王碑(好太王碑)・太王陵・将軍塚や、王宮があったとみられる国内城、背後の丸都山城など多く世界文化遺産にも登録され、よく整備された遺跡群です。それら以外も、時間の許す限りまわりたいと思います。

 


首都圏・関西発


―マルケの美しい自然と町々、そして芸術を訪ねる―

【美の旅】マルケからウンブリアへ 10日間


出発日:2020年5月8日(金)   目的地:イタリア


【ツアーポイント】
■マルケへ
自然豊かなマルケ地方に点在する歴史深い町々を訪ねます。さらに、ラファエロの故郷ウルビーノにて、国立マルケ美術館、ラファエロの生家などを見学!
ウンブリアで美術を愉しむ
のどかなウンブリアの風景と、丘の上に広がる歴史深い街並みを満喫します。ジョットの連作壁画で飾られたアッシジの聖フランチェスコ聖堂や、「イタリアの最も美しい村」に指定されているモンテファルコなどを訪れます。

 


首都圏・関西発


―【美の旅】美しいフランスの田園地帯をめぐる―

ロマネスクの里へ ブルゴーニュ編 ヴェズレーからリヨンへ 9日間


出発日:2020年4月2日(木)   目的地:フランス


【ツアーポイント】
■ブルゴーニュのロマネスク
 ・プレロマネスクの壁画が残るオーセール
 ・サンティアゴ巡礼路の起点で見事な彫刻が残るヴェズレー
 ・静逸なシトー派修道院フォントネー・「イヴの誘惑」に出会えるオータン
 ・鮮やかなロマネスク壁画の世界ベルゼ・ラ・ヴィル

■ディジョン
クラウス・スリューテルの傑作「モーゼの井戸」があるシャンモル修道院、サン・ベニーニュ大聖堂地下に残るロマネスクのクリプトを見学し、大公宮殿内のディジョン美術館を見学します。

リヨン
旧市街を歩き、リヨン美術館を見学します。

 


 

投稿:WEB管理担当